蕎麦に居るね 24

ジャンル:グルメ / テーマ:蕎麦 / カテゴリ:食の記 [2016年05月05日 23時30分]
蕎麦を食した春の遊歴、その憶え。
 
啓蟄の末候に。
2016年3月15日、「つけ蕎麦 BONSAI」にて、「ごまだれ鶏つけ蕎麦」を食す。
 蕎麦に居るね24 (1) 蕎麦に居るね24 (2)
ラーメンから派生した「つけ麺」とかいうもの、これをリスペクトしたのか、これにインスパイアされたのか、要はパクった蕎麦版「つけ蕎麦」とやらが近来に勃興している。そもそも蕎麦切りは汁につけて食べるものだったのであり、今さら「つけ蕎麦」などと名付けられても、まるで「サードウェイブコーヒー」のように本末転倒にして軽佻浮薄の感は拭えない。 ともあれ、他用で三多摩へ出掛けたので、立川駅南口近くの「BONSAI」(ボンサイ)を初訪、「ごまだれ鶏つけ蕎麦」(並/冷/780円)を昼食に摂る。《たっぷりの白ごまと豆乳を使ったクリーミーなつゆにすりたての生姜を加えてすっきり仕上げています。クルミの食感が良いアクセントで、美容健康にとても良いです》という謳い。…ズルズル。《すっきり》というよりも「スパイシーでしょっぱくて強烈な味」のつけ汁に、思わずのけ反る。ええい、《ブラックペッパー、山椒、コリアンダー、パプリカなど9種類》を混ぜた特製スパイスをぶっこむ…「蕎麦の香料諸島や~」(意味不明:笑)。ソバ臭さが効いている硬めの麺は太打ち、いや‘中太ストレート麺’といった方がイイ? 「BONSAI」のつけ蕎麦、面白い味で意外と好かった…邪道のゲテモノとしてだが。
 
清明の末候に。
2016年4月19日、「駅そば 千成」にて、「若竹そば」を食す。
 蕎麦に居るね24 (3) 蕎麦に居るね24 (4)
名古屋駅のタワーズ通りにある立ち食い系の蕎麦屋は、「みたて」から「晨光庵」へ、そして2010年2月より「千成」へ二転三転、いや七転八起、もとい七転八倒している。 どの店の時も何度か食べているが、いずれもやりたいことが滑っているというか、材質を活かした仕立てが通じていない感じは拭えなかった。 ともあれ、他用で名古屋駅を通りかかったので、久しぶりに「千成」を訪ねて、「若竹そば」(冷/600円)を昼食に摂る。《シャキシャキとした食感の筍とワカメが出会った春を感じるおそばをどうぞ》という謳い。…ズルズル。筍もワカメも美味しくないなぁ。ええい、わさびを汁に溶いて…ありゃ、ますます粉っぽくなっちゃった。相変わらず惜しいなぁ。‘駅そば’や‘立ち食い蕎麦’としては、麺も汁もまずまずの水準にあるのだが、季節ものとかイロモノで滑る体質(?)は変わっていない。忘れた頃に気が向いたならば、また寄ってみよう…か、どうしようか迷うだろうなぁ(笑)。
 
穀雨の末候に。
2016年4月29日、「東京庵」(豊橋 本店)にて、「手打水車ざる」を食す。
 蕎麦に居るね24 (5) 蕎麦に居るね24 (6)
東三河の豊橋界隈で麺類といえば「うどん」であり、それも「にかけうどん」である。この‘にかけ’うどんの由来は、「(お)にかけ蕎麦」の由来とも異なるようだが、どちらも謎のまま。また、2010年4月以後の豊橋では、新ご当地グルメ(?)の「豊橋カレーうどん」が幅を利かせている。豊橋界隈の麺類店3大勢力(勢川/東京庵/信洲庵)の多くの店でも「豊橋カレーうどん」を売っている。だが、ここに《当店では豊橋カレーうどんは取り扱っておりません。なお、当店自慢のカレーうどんはご用意しております》と正しき反抗を敢然と掲げる店がある…豊橋唯一の蕎麦処(?)「東京庵」の本店である。 ともあれ、他用で豊橋へ出掛けたので、1884年創業の老舗「東京庵」本店を初訪、「手打水車ざる」(1000円)を昼食に摂る。…何じゃコリャ! うずらの卵がデフォルト(標準装備)であることは了解、だが、薬味が葱と練り山葵と生山葵と大根おろしともみじおろしと生大根で、かき揚げ天ぷらも添えられている。二段分が皿盛りの麺はいわゆる田舎蕎麦、かなり黒い。…ズルズル。麺は、香りが薄いのに味が濃い。これが、かなり甘い笊汁に合う。薬味を駆使して、蕎麦の味わい七変化、いや千変万化? 食事の蕎麦としてスバラシイ!
 
立夏の前日に。
2016年5月4日、自宅にて、「節分五色つけ蕎麦」と蕎麦菓子を食す。
 蕎麦に居るね24 (7) 蕎麦に居るね24 (8)
 《せつぶんそば 【節分蕎麦】 節分は季節の移り変わりの境目で立春、立夏、
  立秋、立冬の前日すべてが節分だが、一般的には立春の前日を指している。
  この日、清めのそばを食べて晴々しく立春を迎える。本来はこの節分そばを
  「年越しそば」といい、「大晦日そば」と区別される。》
  (新島繁 『蕎麦の事典』 柴田書店)
立夏前日に節分蕎麦を食べることは《一般的》ではない。それでも食べるとすれば特殊な蕎麦にしよう。作るしかないな。扁桃と白胡麻と仙台味噌と砂糖と味醂と白だしを擂り混ぜて、豆乳でのばしたクリーミーなつけ汁を作る。上巳の節句とは季が違うが、翌日は新暦で端午の節句でもあるので、節句つながりで「雛蕎麦」を真似て田靡製麺の乾麺「五色そば」を茹でる。油揚げとエノキ茸と茄子とパプリカを焼いて、サニーレタスと共に具とする。つまり、「扁桃胡麻味噌豆乳汁の節分五色つけ蕎麦」だ。…ズルズル。ウマい。食後のデザートは、湖北えぇもんづくり本舗の「蕎麦餅」(小豆/栗)と「蕎麦最中」だ。ウマい。春の蕎麦の遊歴を祝って締める。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

東西10分対決

ジャンル:グルメ / テーマ:うどん・そば / カテゴリ:食の記 [2015年12月20日 01時30分]
槙田雄司氏(芸名:マキタスポーツ)が提唱して話題となっている「10分どん兵衛」について、2015年12月に日清食品は公式Webサイトで「おわび」と慢じ称して広告宣伝に使い始めた。「日清はなぜ10分どん兵衛を作らなかったのか」という対談の中で、《日本人って、すごく真面目じゃないですか。3分だったら3分、5分だったら5分っていう決めごとを守りすぎていて、ちょっとでもオーバーすると、ものすごく失敗したみたいになる》と槙田氏は言っている。私には、耳が痛い指摘である。‘即席めん’を作る場合の湯戻し時間(待ち時間)を、「湯を注ぎ始めた時からか?注ぎ終わった時からか?」やら「待ち時間いっぱいで蓋を開けるのか?食べ始めるべきか?」やらで悩み続けて、その不断の重圧によって私はガキの頃から‘即席めん’を避ける傾向にあった。
 東西10分対決 (1) 東西10分対決 (2)
「鳥目散帰山人は10分どん兵衛のことを知りませんでした。世の中の多様性を見抜けていなかったことを深く反省しております。」…そこで、以前に関ヶ原駅前観光交流館で買い求めた「日清のどん兵衛 関ヶ原 東vs西 食べ比べ!」セットを使って、「10分どん兵衛」のきつねうどん食べ比べ東西対決をやってみよう!どんばれ!
 
 東西10分対決 (3) 東西10分対決 (4) 東西10分対決 (5)
「東」のどん兵衛(鰹だし)と「西」のどん兵衛(昆布だし)、各々に410gの熱湯を(カップを計量器に乗せて計測して)注ぎ入れて蓋を戻し、(規定の湯戻し時間である)途中の5分時点に麺の様子を素早く観察してから再び蓋を戻し、計10分を経過した時点で蓋を開けて観察。つゆの色の濃さが東西で違うことは当然であるが、つゆから引き上げた麺の色の濃さに関して、規定の5分時点よりも「10分どん兵衛」の方が明瞭に差がある。但し、「東」の麺には色ムラが残っているのに対して、「西」の麺は色ムラが無くてプックリと膨れた輝きがスゴイ。麺の見た目では「西」の圧勝。立ち上る香りに関しては東西で差があるのは当然だが、各々の5分時点と「10分どん兵衛」で大きな差は無い。では、実食。「東」の方が「西」よりも、つゆが麺に染み込んだ味わいがシッカリと感じられる。また、「どん兵衛」の東西での味付けの違いは、「鰹だしvs.昆布だし」というよりも「醤油味vs.昆布味」とでも言った方が適切ではないか、という従来からの私の判断が、より際立った感がある。味付けでは、(慣れた味としての私の好みもあって)「東」に軍配を上げよう。麺を啜り込んで噛んでみると、そもそも‘即席めん’らしい限界はあるものの、ツルツルシコシコよりもフワフワモチモチに近い食感については、何故か「西」の方が口当たりが良い。但し、油の味が舌に強く残るのは「西」の方で、こうしたところも「10分どん兵衛」にした場合に、良くも悪くも明確化するのだろう。これはつゆを飲んだ時だけではなくて、麺やかやくの油揚げを引き出して味わっても感じられた。この辺りは、食べる側の好みによるところかもしれない。総じて言えば、「東」よりも「西」の方が「10分どん兵衛」としての価値が勝っている、と私は感じた。どんばれ!
 
 東西10分対決 (6) 東西10分対決 (7)
遅い昼食に「10分どん兵衛」のきつねうどんを2食も摂ったので、《世の中の多様性を見抜けていなかったことを深く反省して》、いや腹ごなしに(?)、尾張旭市のスカイワードあさひの「第2回 夜景茶会」へ。9階の展望室から夜景を眺めながら、TEAS Liyn-an(ティーズ リンアン)の堀田信幸氏がふるまう紅茶(ティーバッグのディンブラ)を味わう。このティーバッグの規定の抽出時間は3分程度だろうが、紙コップの中で浸ったまま「10分ディンブラ」(?)にして、そのまま飲みきってイケる。この紅茶も、この催事も、地味だがなかなか好い味わいがある。どんばれ?
 東西10分対決 (8) 東西10分対決 (9) 東西10分対決 (10)
 
どん兵衛の「東西10分対決」は、面白かった。私の在住地は「東」の領域なので、「西」のどん兵衛を入手し難いが、機会があれば「東西10時間対決」や「東西10日間対決」にも挑戦してみよう。どんばれ!
 
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

蕎麦に居るね 23

ジャンル:グルメ / テーマ:蕎麦 / カテゴリ:食の記 [2015年11月19日 23時30分]
コーヒー集会に参加した翌日の2015年11月15日、黄葉の色づきがイマイチの雨降る上野恩賜公園へ。国立科学博物館の特別展・企画展を観た後、昼飯は館内食堂ムーセイオンで「ワイン展」記念メニューでも食べようかと思ったが、50組待ちの混雑に諦める。館外へ出ると、雨が上がって空が青い。さて何を食べようかと思案しながら、福島県の会津地方に生まれ育った野口英世の銅像を横目に通れば…ん? 竹の台広場で南会津(下郷町・南会津町・只見町・檜枝岐村)を宣伝する催事「まるごと南会津観光PRフェア」に出くわした。よし、コレだ! 蕎麦食だ!
 蕎麦に居るね23 (1)
 
「会津田島御蔵入そばの会」(南会津町)の「かけそば(きのこトッピング)」(700円)を食す。
 蕎麦に居るね23 (2) 蕎麦に居るね23 (3) 蕎麦に居るね23 (4)
行列に並んで、十割蕎麦の水回しとくくりを見ながら待つ。出てきた発泡ポリスチレン容器のかけそばをトレイごと運んで、噴水前でズルズル。おぉ、田島の地粉で打った蕎麦は、甘汁を吸った麺からでも薄らと青臭く甘い新ソバの香りがする、美味いな。トッピングを小さなカップから丼に移せば、一面きのこづくし、美味いな。南会津の一円が南山御蔵入領(幕領)で田島に陣屋があったとはいえ、‘御蔵入そば’の由来はサッパリわからないが、田舎の気軽い食事蕎麦としては充分の味わい。一揆を起こすのは止めておこう(笑)。「いたづらに花さくきのこ散らしけり 揺れてものうき秋の世すがら」(帰山人)
 
「山魅」(檜枝岐村)の「きのこけんちんそばっ切り雑炊」(500円)を食す。
 蕎麦に居るね23 (5) 蕎麦に居るね23 (6) 蕎麦に居るね23 (7)
行列に並んで、《きのこけんちん 干し葉 寒ざらし大根 隠し味に『山人漬け』を入れ…》という説明を見ながら待つ。あ、私の後ろで品切れだ。出てきた発泡ポリスチレン容器の蕎麦雑炊を運んで、噴水前でズルズル。きのこと干し葉の酸味が好いのは、尾瀬・檜枝岐村特産品販売の‘山魅’(さんみ)だから(違う?)。タップリな具に負けない蕎麦の味は濃くて好いが、隠し味の‘山人(やも~ど)漬け’の味は隠れてよくわからない(笑)。ドロッとした雑炊に温まって汗じんわり、「蕎麦食ったら腹あぶれ」じゃなくて、「蕎麦雑炊食って腹あぶれた」。この雑炊の蕎麦は、《古くから伝わる円形型のそば》という正真の‘裁ちそば’であるのか?
 
 《たち蕎麦 福島県南会津郡の地方では、古くからの因習で、たち蕎麦というのを
  作る。たち蕎麦は普通の蕎麦切のように、定木を当てて切らず、薄く伸したもの
  を、いきなり包丁で、目分量で細く糸のように切るのが、有名なものとなっている。
  この地方では、他から珍客を迎えると、必ずこのたち蕎麦を作って、良家の子女
  が給仕に出て待遇する風習が、今でもなお行われている。これは昔からこの土
  地が、冬になると一丈あまりの積雪が珍しくないので、冬は食物に事欠くのを常
  としているため、蕎麦を常食にしていた関係から礼儀として尊ばれているのだと
  伝えられている。》
  (村瀬忠太郎 『蕎麦通』/四六書院:刊 1930年)
 
 《たちそば【裁ちそば】 福島県南会津郡檜枝岐村は、徳島県の祖谷と並んで平
  家の落人集落の秘境として、またソバどころとしても知られている。その檜枝岐
  に伝わる、独特の手法で打つ郷土そば。そば粉を熱湯でよくもんで両手に入る
  くらいの玉を四~五個作る。これを一つずつ長さ八〇cm、直径八cmほどの太
  く短いめん棒でのばす。両手で静かにのばして直径約六〇cmの円形にする。
  のばしたもの全部を重ね、こま板を使わずに包丁切りを行なう。ちょうど布を裁
  断するように、包丁を手前に引いて切るので、裁ちそばの名がつけられた。》
  (新島繁 『蕎麦の事典』/柴田書店:刊 1999年)
 
「ヤマサ商店」(只見町)の「そばやきもち」(200円)と「山魅」(檜枝岐村)?の「そばクレープ」(300円)を食す。
 蕎麦に居るね23 (8) 蕎麦に居るね23 (9) 蕎麦に居るね23 (10)
行列に並んで、ヤマサ商店のかあちゃん(佐藤順子氏)が売るそばやきもちの…え?つぶあん品切れ?じゃ、野沢菜ので。行列に並んで、「このカリカリしたソバの実の食感に病みつき、今日も3個目」という熱烈(?)な客とそばクレープ作りを見ながら待つ。左手にそばやきもち、右手にそばクレープを持って、噴水前でモグモグ。左手が醤油味でしょっぱいおやつ、右手がホイップクリームであまいスイーツ、どちらの味も蕎麦が効いていて悪くない。この都会で田舎な贅沢(?)であるシチュエイションが何よりも好い(笑)。
 
 蕎麦に居るね23 (11)
東京の空の下で南会津の蕎麦の買い食いフルコース(?)、満腹満足。「まるごと南会津観光PRフェア」は、2012年12月と2013年11月に福島県地域づくり総合支援事業とサマージャンボ宝くじ補助事業として、2015年3月に電源地域振興・原子力事故影響回復市町村等支援事業として、私が出くわした今般2015年11月に福島特定原子力施設地域振興交付金(2014年度までの旧名称は福島原子力事故影響対策特別交付金)事業として催された。その催事の背景を思えば、ソバの殻のように硬く苦いものを感じ得るが、フェアで声を張る南会津の人々の気勢を思えば、私の僅かな「蕎麦に居るね」でも「そばにいるね」と言いたくなった。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

蕎麦に居るね 22

ジャンル:グルメ / テーマ:うどん・そば / カテゴリ:食の記 [2015年10月06日 23時30分]
斑尾高原でのトレラン大会に参加、その前後に蕎麦を食すること、今秋は四演。
 
2015年10月3日
 
「そば処 うえだ」で蕎麦を食す。
  蕎麦に居るね22 (1) 蕎麦に居るね22 (2) 蕎麦に居るね22 (3)
「ざるそば」(850円)
2014年8月以来の訪店。店内の席へ案内されるもテラス席を望んで、晴れた秋空の下で黒姫山・妙高山・斑尾山を眺めながら、注文した蕎麦を待つ。お、きたきた。美しく細打ちされた麺には、爽やかな甘みと舌残りしない粘りを感じること、変わりなく旨い。辛汁には、僅かに‘かえし’と‘出汁’の間に距離を感じて角張った硬さを感じるが、麺との相性は悪くない。「うえだ」の蕎麦は、‘野趣’に溢れるというよりも‘洗練’へ研いだ趣であり、それは黒姫高原の店から見渡した山や湖の景色そのもののようだ。「秋新には少し早かったかな」などとも思うが、夏とは違う和らいだ四囲の緑も眼福、清涼な秋風に吹かれつつ飲む濃い目の蕎麦湯は、これまた旨かった。車で高原を下る途中、「まつき」でブルーベリーソフトクリームを食すは‘お約束’、さらにも旨かった。
  蕎麦に居るね22 (4)
 
「きたざわ」で蕎麦を食す。
  蕎麦に居るね22 (5) 蕎麦に居るね22 (6) 蕎麦に居るね22 (7)
「ざるそば」(650円)と「天ぷら」(350円)
涌井地区の蕎麦屋をトレラン大会の帰途に覘くも終了していたことが過去2年続いたので、今般は大会前日に「きたざわ」へ。2012年10月以来の訪店。今般は入って右にある小上がりで、店のオバちゃんたちの地場放談をBGMに、注文した蕎麦と天ぷらを待つ。お、きたきた。まず「天ぷら」登場、相変わらず瑞々しい野菜が旨いなぁ。追って「ざるそば」登場、2009年8月に初訪した時のように、平に打たれた麺は柔らかくて、汁も少し甘い方向へ戻っている…この味ブレにも腹立たずに笑ってしまう、「ブレたっていいじゃないか、田舎だもの」(?)。この「きたざわ」のような蕎麦があるからこそ、「うえだ」ようなの蕎麦が対照で活きるのであり、その逆もまた然り。さらに次に来た時は、どういう蕎麦になっているのか?
 
2015年10月4日
 
「上信越自動車道 小布施パーキングエリア 上り線 スナックコーナー」で蕎麦を食す。
  蕎麦に居るね22 (8) 蕎麦に居るね22 (9)
「たぬき山菜そば」(490円)
トレラン大会後の帰途に「道の駅 ふるさと豊田」を覘くも、自販機の蕎麦メニューが全滅(うどんはあったので、蕎麦が売り切れたのだろう)。豊田飯山ICから上信越道に乗って最初のPAのスナックコーナー(ネクスコ東日本リテイルが運営)に寄って…ん? 信州産の‘二八’を謳っているゾ。食券で注文した温かい「たぬき山菜そば」を受け取って…どれどれズルズル。おぉ、スバラシイ! 過去3年に大会の帰途で食べたSA・PA(姨捨松代駒ヶ岳)の蕎麦を圧倒的に上回る味。やや硬めに仕上がった細麺の上品な味わい、汁や具も臭みが無くて並以上、これはもう、駄蕎麦というのも失礼と言えるナ。
 
「長野自動車道 みどり湖パーキングエリア 上り線 白樺亭」で蕎麦を食す。
  蕎麦に居るね22 (10) 蕎麦に居るね22 (11)
「みどり湖そば」(500円)
高速道路をさらに進むうちに日暮れたので(?)、長野道で最後のPAのスナックコーナー「白樺亭」(蔦井:運営)に寄って…ん? 「みどり湖そば」って何? 写真も掲げてない正体不明のメニューだから(?)コレにしよう。食券で注文した温かい「みどり湖そば」を受け取って…あぁ、ワカメと山菜と茸が乗っている。平打ちの麺には良い意味で駄蕎麦の臭みがあって、コレはコレで好い。汁は甘めだが、コレも悪くない。「それにしても、さっきの小布施といい、このみどり湖といい、ワンコインでここまでのものを出せるのに、他のSA・PAは何やってんの?」とブツブツ言いながらズルズルと食す。
 
走前の「うえだ」と「きたざわ」、走後の「小布施」と「みどり湖」、各々で好対照な蕎麦を食して、前後でも好対照な蕎麦屋を巡って…「世の中に めでたきものよ 蕎麦っ食い」
 
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

蕎麦に居るね 21

ジャンル:グルメ / テーマ:うどん・そば / カテゴリ:食の記 [2015年07月23日 23時30分]
長野県木曽方面のトレラン大会へ出向いて、その前後に蕎麦を食すること、今夏は四演。
 
2015年7月18日
 
「時香忘」で蕎麦を食す。
 蕎麦に居るね21 (1) 蕎麦に居るね21 (2) 蕎麦に居るね21 (3)
「極粗挽き寒ざらし熟成 もり蕎麦」(おお盛り)(1620円)
真夏にばかり訪店すること、今般で7年連続。フム《本日の粗挽き蕎麦の熟成度は3》か、雨に濡れる回廊を歩いて店内へ。数分後にカウンター席へ案内されて、もり蕎麦を注文、もはや定点観測だな(笑)。山葵をすりおろして蕎麦を待つ…山葵の香りが弱いな、残念。《ふるいは9メッシュと20メッシュ以外は使いません。国内でも一番粗いと言われるほどの蕎麦粉に仕上げます》という噛み応えのある麵は相変わらずだが、今般は、熟成によるものか表面のヌメリ感が強く、渋みや酸味が減って一段と甘い。異端孤高の衝撃が薄れて、躊躇なく蕎麦を頬張って食べられる、ウマイウマイ。それは、毎年に食べ慣れたからばかりではあるまい。「時香忘」自体が、調和の円熟を増してきているのかもしれない…ソバの味は濃いまま臭みが減じている糊状の蕎麦湯を飲みながら想う。フ~ッ、ウマイ!
 
2015年7月19日
 
「さくら」で蕎麦を食す。
 蕎麦に居るね21 (4) 蕎麦に居るね21 (5)
「たぬきおろしそば」(大盛)(1100円)
真夏にばかり訪店すること、今般で3年連続。迷ったあげくに、たぬきおろし蕎麦を選んでしまうことも、今般で3年連続、ココでも定点観測だな(笑)。お、来た来た…ん? 何故だろう、ココでも山葵の香りが弱いが、大根おろしの辛味は前回よりも強いので、混ぜ食べれば結果として‘調和のぶっかけ’健在。食べている間にも客は増えていくものの、大会をリタイアして早々に蕎麦を昼飯にしている走者は「そば処 さくら」で私一人のよう。フム、蕎麦湯割りの焼酎を蕎麦前にしてからでもヨカッタかなぁ、などと思いながら完食。
 
2015年7月20日
 
「おぎのや」で蕎麦を食す。
 蕎麦に居るね21 (6) 蕎麦に居るね21 (7) 蕎麦に居るね21 (8)
「トマトそば」(1000円)
「こだまの森」と「奥木曽湖」で遊んだ後、藪原宿の本陣跡の至近にある「おぎのや」初訪。ちょうど暖簾を出したところ、先待ちの3人客と一緒に店内へ。《生家の築130年以上の古民家をできるだけ手をいれずに、店舗とし、趣のある店内としてあります》…まぁ、確かに。《季節限定夏季のみ》のトマトそばを注文。お、来た来た…ん? トマトが味濃く美味いが強すぎないか? いや、麵と揚げ玉と大葉と汁を混ぜてズルズルと啜り食べると…正解! 最少の素材で複雑な味わいを狙った仕立てだろう。細目に打たれた麵の喉ごしが好い、さすが翁達磨グループの店、といったところか? 《神の手を持つ蕎麦打ち名人高橋邦弘氏(高橋親父様)に教えをいただきました》と謳う店主の神村治男氏のウデを《神の手》と呼ぶべきかどうかは判じないが…。そういう、どっちの誰に向いて敬意を払っているのかわからない商売のグループは好きではないが、まぁ、蕎麦自体がウマけりゃ良しとしよう。
 
「巴」(「道の駅 日義木曽駒高原 ささりんどう館」)で蕎麦を食す。
 蕎麦に居るね21 (9) 蕎麦に居るね21 (10)
「権兵衛大力そば」(1000円)
「おぎのや」から約10km南下し、続いて「道の駅 日義木曽駒高原 ささりんどう館」内の「お食事処 巴」で昼食の第2弾。《権兵衛街道の開祖、古畑権兵衛は、力自慢で天下に知られ、(略)そのエネルギーの源は、日義近郊で収穫されたそばで、権兵衛はそばの大食いが大変自慢であったと伝えられております》と謳っているので、権兵衛大力そばの券売機ボタンを押す。お、呼んだ呼んだ…ん? この五平餅たれが乗った焼き餅付きセットだから‘大力’なのか?つまり、力持ちだから力餅で「力うどん」と呼ぶのと同じ類? ならば《地元で収穫された玄そばを石臼で挽いた地粉を使用》という蕎麦としての価値は、どこへ行っちゃうの?…麵も汁もフツーにズルズルと食べられる、食事水準の蕎麦。
 
 蕎麦に居るね21 (11)
開田高原アイスクリームの蕎麦味のアイスに入った蕎麦の実をカリカリと味わいながら想う…トレラン大会と登山は果たしきれなくても、蕎麦を走り巡って食べた満足は大きい。
 
コメント (2) /  トラックバック (0)
編集

蕎麦に居るね 20

ジャンル:グルメ / テーマ:うどん・そば / カテゴリ:食の記 [2014年11月17日 01時30分]
2014年11月6日、岐阜県恵北地域へ出掛けた途に、昼食を「道の駅 きりら坂下」で摂る。
 蕎麦居る20 (1) 蕎麦居る20 (2)
十割そば/野菜かき揚げ
「道の駅 きりら坂下」に寄って、「椛の湖自然公園産新そば」の看板が誘う食堂へ。この食堂で蕎麦を食べるのは初めて。13時過ぎ、客は3組、ガランとしている。1日に限定20食の十割そば(900円)がまだあったので注文、野菜かき揚げ(150円)を加える。十割そばは、甘みがあって噛み応えもあるが、‘新そば’特有の香りは弱い。もっとも、最近は何処の蕎麦屋で‘新そば’を食べても、産地や品種を問わずに年々と香りが弱くなっていく傾向にあるので、ココで文句を言っても始まらないか?…その分、変なクセ味や雑味も少ない。それ以外では蕎麦の汁も蕎麦湯もかき揚げも天つゆも、食堂モノとしてはまあ良い方か?
 
 「きりら坂下」最後の新そば 中津川
 《…同施設は運営会社の解散に伴い今月末で閉鎖される予定で、「最後の新そ
  ばを味わって」と、来場を呼びかけている。 「きりら坂下」は、合併前の旧坂下
  町時代の1998年、町内の椛(はな)の湖公園のソバ畑で栽培されるソバを活
  用しようと、第3セクター方式で開設。レストランや物販のほか、そば打ちなど
  の体験施設がある。新そばの時期には県内外から客が訪れ、週末には1000
  食出るほどの人気だが、冬季の集客に苦しみ、来場者は2011年の年間約18
  万人をピークに低迷。ここ2年は約16万人と落ち込み、累積赤字も5000万円
  近くになった。 ソバは5ヘクタールの畑で栽培し、今年は先月下旬に4トンを
  収穫。今月初めに製粉し、6日から販売を始めた。 (略)自らそばを打つ駅長
  兼支配人の三尾弘成さん(52)は「香りもよく、今年もいいそばができた。『粉
  のひきたて、麺の打ち立て、ゆでたて』に加え、この時期ならではの『採れたて』
  の4たてを味わって」と呼びかけている。》
  (読売新聞/2014年11月8日)
 
恵北地域には、旧恵那郡の付知・坂下・加子母・川上と旧木曽郡(長野県)の山口とに、計5つの「道の駅」があり、自治体合併によって全て中津川市が設置者として抱えている現状。「道の駅」は日本全国で1040駅、そのうち半数以上が実質の赤字経営である。坂下でも赤字は消えず、消えるのは駅長自らが打っていた地粉の蕎麦のようだ。残念か?必然か?
 
 
2014年11月9日、走大会で岐阜県西濃地域へ出掛けた途に、早い夕食を「喜更」で摂る。
 蕎麦居る20 (3) 蕎麦居る20 (4)
冷したぬきそば
マラソン大会で完走の後に車を走らせているうち、日が暮れて腹が減った…谷汲の「喜更」へ、初訪。17時過ぎ、え?もう終わり?ダメ?え?イイ?では、冷したぬきそばを…暖簾が引き込まれて終い客。ココの冷したぬきそば(770円)は、揚げ玉(天かす)と甘辛く煮た油揚げがのっている、岐阜市の老舗「更科」と同じ系統の態。では、ズルズル…ん?麺も汁も「更科」とは全く違う。「更科」の麺は七三(小麦粉7割・そば粉3割)の大衆向けに蕎麦の臭みだけを強調した黒っぽい駄蕎麦(コレはコレでウマいんだがネ)であるが、ココ「喜更」の麺はもっと上品な味わい。汁も甘辛いが、「更科」ほどには甘みが‘ベトッ’と来ないタイプだ。それでも、いわゆる‘そば臭い’味を打ち出している大衆向けの系統ではある…好い感じだ。
 
 《たぬき【狸】 たぬきそばの略。 ①天ぷらの揚げ玉(天かす)を使うところから
  「揚げ玉そば(うどん)」とも呼ばれる。大正時代に大阪で「ハイカラ」といわれ
  ていた種物。(略)戦時中「バクダンそば」の別名もあった。(略) ②きつねうど
  んをそば台にしたもの。大阪ではキツネがタヌキに化けたとして「お化け」とも
  通す。また京都では甘揚げに葛だしをかける。たぬきほど地方によってまちま
  ちな解釈をされる種物はない。》
  (新島繁『蕎麦の事典』柴田書店)
 
「喜更」のメニューには、そば台・うどん台が選べる‘きつね’もあるので、ココの‘たぬき’は揚げ玉の使用をもって言うのであろうが、それにしても揚げ玉と油揚げの両方がのる蕎麦、マッタク、《たぬきほど地方によってまちまちな解釈をされる種物はない》ので面白いゾ(笑)。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

蕎麦に居るね 19

ジャンル:グルメ / テーマ:うどん・そば / カテゴリ:食の記 [2014年10月09日 23時30分]
斑尾高原でのトレラン大会に参加、その前後で北信上越にて蕎麦食、合わせて五演。
 
 
2014年10月4日
 
「かじか亭」で蕎麦を食す。
 蕎麦居る19 (1) 蕎麦居る19 (2)
「ざるそば」(並/850円)
上信越道の豊田飯山ICより約18km北上して、富倉地区へ。富倉小学校跡地で富倉ふるさとセンター事業組合が1990年に開設した「かじか亭」へ。初訪。昼飯の1食目。
 《とみくらそば【富倉蕎麦】 長野県飯山市富倉のそばは、山ゴボウ(オヤマボク
  チ)の葉をつなぎにして打つ。(略)県下の山村ではそば打ちに同様のつなぎ
  を使う土地が多い。 / ●富倉そば 山ゴボウの葉の繊維を打ち込み、のば
  してからしばらく乾燥させる。生地は紙のように薄い》
  (新島繁『蕎麦の事典』柴田書店)
だだっ広い駐車場から店に入れば、客は私1人。‘富倉そば’は、俗に‘幻の蕎麦’などと言われているが、オヤマボクチつなぎの蕎麦自体を「時香忘」で食べている私に、‘幻’でも何でもない。予想よりも黒みが薄く肌理の細かい灰色の麺。やや釜は早いが空煮えではない私好みの硬い麺は、香り高くはないが、ツルンツルンの口当りが好い。このツルンツルンは、オヤマボクチだから? それとも、打ち粉に片栗粉を使うからか? 汁にも妙なクセが無く、控えめな味わいが好い。総じて素直な仕立て、フツー美味い。
 
「はしば食堂」で蕎麦を食す。
 蕎麦居る19 (3) 蕎麦居る19 (4)
 蕎麦居る19 (5) 蕎麦居る19 (6)
「ざるそば」(並/おかず付/950円)
富倉地区内を約1.7km移動、民家の蕎麦屋「はしば食堂」へ。初訪。昼飯の2食目。靴を脱いで座敷に上がれば、グループ客と入れ替わりで、客は私1人。黙っていても先に出てくる‘おかず’、窓から山の景色を眺めながら、枝豆や煮物や漬物を食べる。予想よりも赤みが強く透明感のある褐色の麺のぼっち盛り。ヌルヌル強烈の口当り。このヌルンヌルンの麺に甘酸っぱいクセがあるのは、つなぎ分が多いから? それとも、蕎麦粉が酸化しているからか? 汁にも茸系の妙に生臭い甘味があって、私の好みでは無い。バアちゃんとの話は好い‘おかず’だが、蕎麦自体は私の口には合わないナ。
 
「加藤」で蕎麦を食す。
 蕎麦居る19 (7) 蕎麦居る19 (8)
「もりそば」(500円)
富倉地区より新井方面へ北上して、国道18号線を南下して計約35km、妙高高原駅前の「加藤」そば屋へ。再訪。昼飯の3食目。店置きの漫画『ザ・シェフ』を読んで、注文した「もりそば」を待つ。1人入ると1人出る入れ替わりで客数人。ドンブリ茶碗に放り込まれた「もりそば」登場。太目の麺が香り薄くて味は濃い、コレは前回と変わらないが、今般はシメが効いていて、ポクッとした噛み応えが心地好い。これならば、出汁甘さと醤油辛さが分離気味の汁にも合っている、イイねぇ。田舎食堂の蕎麦屋の味ブレとしては、許す許さないよりも、それも風情の内と言いたくなる、のんびりした雰囲気。
 
 
2014年10月5日
 
「道の駅 ふるさと豊田」で蕎麦を食す。
 蕎麦居る19 (9) 蕎麦居る19 (10)
「天ざるそば」(950円)
トレラン大会後の帰途、涌井地区の蕎麦屋を覘くがやはり3件共に店は終わっていた。昨年同様に、豊田飯山IC近くの「道の駅 ふるさと豊田」へ。温かい蕎麦を食べるつもりだったが、イーゼル看板の‘天ぷら’推しに屈して、券売機では「天ざるそば」を押す。相変わらずガランと人気の無い食堂、ココの指定管理者である株式会社斑尾の事業評価はずっと‘A’だけど、大丈夫か中野市。だが、「天ざるそば」の麺と汁は、相変わらず食堂の駄蕎麦として充分な水準。天ぷらの味も平凡だがまあ悪かぁない、コレで珍しい茸や山菜でも揚げてくれればなぁ…などと勝手なコトを思いつつ蕎麦湯を飲む。
 
「長野自動車道 姨捨サービスエリア 上り線 田毎庵」で蕎麦を食す。
 蕎麦居る19 (11) 蕎麦居る19 (12)
「肉そば」(800円)
道の駅での蕎麦は遅い昼飯だったので、続き、NEXCO東日本が‘ドラマチックエリア’(?)とかいう意味不明のリニューアルオープン(2014年3月29日)をさせた姨捨SAで、やや早い夕飯とする。狂言本『木賊(とくさ)』に挙がった信濃の名所に、「さらしな(更級)の里、おばすて(姨捨)山、たごと(田毎)の月」とあり、‘姨捨’SAに‘田毎’とくれば、蕎麦は当然か? もっとも、更級に掛けて‘更科蕎麦’という‘芸’はないだろうが。そもそも、運営するアルピコ観光サービスには味でも過度の期待ができないが、果たして…仕立てや味に何らの文句も情緒も無い「肉そば」は、値段だけ‘ドラマチック’?
 
 
トレラン大会はついで、2日間で蕎麦5食が本命?いや、本命とする蕎麦探しは続く…。
 
コメント (6) /  トラックバック (0)
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin