トリとめのない走

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2017年01月04日 01時30分]
【鳥の社寺を巡る】
 トリとめのない走 (1) トリとめのない走 (2) トリとめのない走 (3)
昨2016年の12月9日、東京で冬の朝に遊び歩き、‘目黒三社’のうちの‘鳥’絡み2つへ寄る。まず、大鳥神社。《当社の社伝によると「尊の霊が当地に白鳥としてあらわれ給い、鳥明神として祀る」》…国常立尊(くにのとこたちのみこと)を配神に落としてまでヤマトタケルで嘯くとは笑止。大鳥神社の‘鳥’は、白鳥じゃなくてウソ? 次に、目黒不動(泰叡山瀧泉寺)。酉年の守り本尊が不動明王だから? いや、本堂を背にノウマクサマンダバザラダンカンと唱えながら男坂を下り、鶏のレリーフを見る。何故、鷹居(たかすえ)の松跡を塞ぐ場所に置いた? 目黒の不動尊の背後に居るのはグルルなのかもしれない。
 
 
【鶏旦に走る】
 トリとめのない走 (4) トリとめのない走 (5) トリとめのない走 (6)
2017年の鶏旦、正に初日の出の時刻より自宅から走り始める。ん? 前年まで7年連続で走った「みんなで走ろう!元日マラソン」はどうした? 酉年なので‘三歩歩けば忘れる’、いや、三歩走って忘れよう…今年は「一人で走ろう!元旦マラソン」だ(笑)。ケローナ通りで朝焼けの空を背にしたセイルのモニュメントを見る。朝宮公園を抜けて、ふれあい緑道を進む。歩く人や走る人が多く、新年の気合からだろう、皆速い。私は元朝の陽光を浴びながら緩く走ろう。落合公園で朝陽が水面に映り輝く池の周りを2周してから、来た道を走り戻る。約13.5kmを約1時間33分(信号待ちや撮影時間を含む)。寒過ぎず、風も無く、穏やかに晴れた鶏旦の‘走り初め’は、爽快!
 
 
【鶏の山を走る】
2017年1月2日、いわゆる箱根駅伝(第93回 東京箱根間往復大学駅伝競走)で‘花の2区’を走る關颯人(東海大学1年生)を看視、区間11位は不調? テレビ観戦を続けながら自作の雑煮を食べて、昼過ぎに車で岐阜県の大桑(おおが/1955年に高富町へ合併、現在は山県市の一部)へ。
 トリとめのない走 (7) トリとめのない走 (8) トリとめのない走 (9)
《落城の際に土岐氏が城内の井戸に沈めた家宝の金の鶏が、いまも元旦の朝に鳴くという伝説》(山県市教育委員会 「国取り合戦と金鶏伝説」 現地説明板)がある大桑城跡、つまり金鶏山の別名を持つ古城山へ登ろう。岐阜国体馬術会場跡地の北端に駐車して、スタート! 往路は西回りの旧登山道、椿野の登山口から入る。落ち葉で埋まった登山道は秋山成勲の反則状態、「滑る! 滑る!」の桜庭和志の気分(笑)。緩い上りは緩く走るが、ほとんど歩き登り。伝「岩門」・番所跡を通り、尾根筋で伝「馬場」へ寄り、堅堀・石垣・伝「臺所」・伝「天守臺」を見学しながら進む。
 トリとめのない走 (10) トリとめのない走 (11) トリとめのない走 (12)
金鶏山の頂部に到着。(1988年にヘリコプターで運ばれて)南端に置かれたミニ大桑城(棟高3.3m)を見て笑う。稲葉山(金華山)を望んで「国盗り物語」を想い笑う。すぐ北西にある「大桑城山」二等三角点(標高407.46m)を踏んで、スタートから約35分経過。鶏の城山をとったどぉ~。喫煙一服で少憩。
 トリとめのない走 (13) トリとめのない走 (14) トリとめのない走 (15)
復路は東回りで新登山道、はじかみ林道へ。緩い下りは落ち葉で滑るが構わず「ヒャッホ~」と走る。かと思えば、張ってあるロープが頼りの激下りもアリ、面白い。ん? 尾根筋が切れて道迷い…ガサガサと適当に斜面を下る。何とか登山道に戻り、開通碑がある登山口でトイレに寄ってから、はじかみ林道の舗装路を駆け下る。約1時間37分経過でスタート地点に戻り、フィニッシュ! 寒過ぎず、風も無く、穏やかに晴れた日の山走りは、爽快! 大桑の金鶏山、面白い場所だ…そう想いながら帰った。
 
年明ける前に鳥や鶏を絡めて遊び歩き、年明けた早早に鳥や鶏を絡めて遊び走って新年走走。酉年2017年、取り留めのない想いで走り、取り留めのない走りに想う、だからこそ面白い‘トリとめのない走’だ。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/993-93f019a7
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin