絶佳の森を走れ

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:大会編 [2016年10月03日 23時30分]
三河高原を走った翌週、斑尾高原を走るために車で向かう。昼食後、宿(サンパティック斑尾)に荷を下ろして、会場入り。 《袴岳山頂エリアのトレイルの路面状況が悪く…袴岳山頂を通過しないコースへの変更をいたします。このコース変更によって、距離は2.8kmほど短縮になり、一般クラスの50kmが47.2kmでの開催となります》…10回目の記念大会、私の参加は連続9回目、初めてコースが変わる。宿で一泊して翌朝に思う、走力低下で完走はあきらめていたが、じゃやってみるか。‘絶佳’の森がある斑尾高原へ…私は帰ってきた!
 絶佳の森を走れ (1) 絶佳の森を走れ (2) 絶佳の森を走れ (3)
 
2016年10月2日
『Madarao Forest Trails 50km 斑尾高原トレイルランニングレース2016』 47K
 
 絶佳の森を走れ (4) 絶佳の森を走れ (5) 絶佳の森を走れ (6)
後尾でスタート直後、「今年は走ります」と言った石川弘樹Pの追い抜きに圧倒される。《それぞれの走りの「戦い」と「旅」楽しんできて!》…励まされる看板も撮ってゆっくり行こう。16kmクラスに参加するY本夫妻の声援に「気分が好いので頑張ってみるよ」と答えて進む。
 
 絶佳の森を走れ (7) 絶佳の森を走れ (8) 絶佳の森を走れ (9)
《焦らないで まだ飛ばせないけど…》、いや、ず~っと飛ばさない(笑)。5km地点を約39分で通過。コースにジバチが出たらしく、殺虫剤をシュウシュウするスタッフの脇を通る。1A(まだらおの湯)に約57分で着き、早くもコーラを飲んで、渋滞したトイレに寄って、再始動。ん? ハチの大群(?)出没で選手の大群が止まっている! 対処に苦慮したか約22分の停止の後に、ハチ回避でコースを少し変えて再始動。《まだ先長い 呼吸を荒げるな!》という看板の脇を荒い呼吸で駆け抜ける(笑)。
 
 絶佳の森を走れ (10) 絶佳の森を走れ (11) 絶佳の森を走れ (12)
昇った陽射しで斑に光る森を進む。10km地点を約1時間38分で通過。約5kmだらだら続く緩い上り坂、毎度の歩いたり走ったり。15km地点を約2時間8分で通過。さぁ野尻湖が…今年は見えた! 美しい眺めだ。2A(菅川)に約2時間40分で着き、コーラを飲む。《さあ、ここから斑尾山を目指すよ!》、いや、まずは手前の釜石山を目指す(笑)。
 
 絶佳の森を走れ (13) 絶佳の森を走れ (14) 絶佳の森を走れ (15)
大量にキノコが生えて栗が落ちた尾根筋、観察しながら登山。20km地点を約3時間17分で通過。さぁ大明神岳からの遠望が…青空の下の霧で見えない! だが雨の気配はない斑尾山頂(1382m)を越えて、《3Aまで下り!…飛ばすのはまだここじゃ無い》、いや、ず~っと飛ばさない(笑)。ゲレンデを駆け、両脇からススキに抱え込まれるように走る、爽快だ。
 
 絶佳の森を走れ (16) 絶佳の森を走れ (17) 絶佳の森を走れ (18)
第1関門(5時間制限/3A:レストランバンフ)に3時間53分59秒で到着。コーラを飲んでトイレに寄って、のんびり喫煙の美味一服。さあ、《ここからがレース本番!》、いや、ここからが森林浴の本番だ(笑)。25km地点を約4時間20分で通過。パシュッというドングリの落ちる音が静かな森に響く。《今日のこのトレイル 楽しめてるかな?》、もちろん大いに楽しんでいるさ、ドングリ拾い放題だし(笑)。
 
 絶佳の森を走れ (19) 絶佳の森を走れ (20) 絶佳の森を走れ (21)
沼の原湿原を眺め、万坂峠をかすめ、袴湿原を抜けて、さぁ変更されたコースに進む。山登りの通常コースと違って森を走り続けてショートカットする、当にエスケープルート(笑)。30km地点を約5時間14分で通過。4A(赤池)に約5時間24分で着き、応援に回ってきた石川Pに「ずっと変更コースがイイ」と無茶を言い、コーラを飲み、マスカットを爆食い、トイレに寄って、のんびり喫煙の美味一服。
 
 絶佳の森を走れ (22) 絶佳の森を走れ (23) 絶佳の森を走れ (24)
《ブナの森 景色を楽しむことも忘れずに!》、いや、むしろ走ることを忘れそう(笑)。パシュッ、ポシュッ、コンッ…あ、ドングリが頭に落ちてきた、イイねぇ。《今までの道のりに比べたらこんな林道は楽に決まってる》、頭で肯定、足は否定(笑)。斑尾山を見ながら、ゼイゼイと走り進む。《ここまで来るとこんな登りキツイかな?》、ハイと答えて歩く(笑)。
 
 絶佳の森を走れ (25) 絶佳の森を走れ (26) 絶佳の森を走れ (27)
《この先は生命の森 トレイルランナーによってつくられた未来の美しい場所だよ》、果たしてそうなるか? 希望湖畔に向かってのんびり走り下って、第2関門(7時間制限/希望湖畔)を6時間19分03秒で通過。《この先は毛無山…斜度のある登り!》、わかってるって(笑)。毛無山頂(1022m)で約6時間46分が経過、野沢から志賀まで美しい眺望を楽しむ。
 
 絶佳の森を走れ (28) 絶佳の森を走れ (29) 絶佳の森を走れ (30)
美しい森の道をゆっくり駆けていると、女性走者が「間に合いますか」と不安気。速歩しながら、この先のアンジュレーションとペースを解説して励ます。ん? 内転筋が攣ってクランプの兆候。《心と身体にエネルギーをチャージせよ! ここからもうひと勝負!》、うむ当にそうだな。5A(希望湖)に約7時間22分で着き、コーラを飲んで、のんびり喫煙の美味一服。制限時間内の完走に向けて進速を考えながら、攣ったままで再始動。
 
 絶佳の森を走れ (31) 絶佳の森を走れ (32) 絶佳の森を走れ (33)
希望湖を眺めながら、40km地点を約7時間34分で通過。《さあ、ゴールは見えてきたぞ!》、いや、私にはまだ見えていない(笑)。《ここを登ればもう斑尾街! よくここまで来ました》、あぁ森林浴はお終いかぁ。沿道からの「急げば間に合うぞ」の声に「ありがとう~」と応えるが走らない。残り1kmでフィニッシュペーサー(パタゴニアの篠健司さん)に追い抜かれる。ヨ~シ、予定の計算通りだ、完走はもらったゼ! 《最後の力を振り絞れ 全てを出し切ろう!》、じゃ行くか。
 
 絶佳の森を走れ (34) 絶佳の森を走れ (35)
《おかえり…今日の自分に勝ちましたね!》、ゲレンデを加速しながら駆け下って、ゲート前で自撮りして、フィニッシュ!
  
タイム 8時間56分42秒
 
 絶佳の森を走れ (36) 絶佳の森を走れ (37) madarao2016fpc.jpg
最終制限(9時間)まで約3分前の完走、ドベ(ビリ)から7番目。最後までフィニッシュゲートを目指す後続の走者への声援を聴きながら、豚汁を食べて、喫煙一服、ウマイ! 今般が通常コースならば完走できなかっただろうが、コース変更で短くなったことを利用してゆっくりと楽しめた。ハチにキノコにドングリに…斑尾高原で‘絶佳’の森を駆けた楽しき時を想い返した。
 
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
山神親父 URL [2016年10月04日 21時25分]

こんばんは、大変ご無沙汰しております。

この間に颯人は東海大に入学し、春先の10000mでいきなり28分台をマークし、7月にポーランドで開催されたU20の世界選手権に出場し、入賞まで後1歩の9位という結果でした。

夏合宿も怪我無く無事に乗り切り、先月の全日本インカレでは何とか5000mで7位入賞を果たし、先週は世田谷記録会に出場し、13分41秒28という、ジュニア歴代6位のタイムをマークし、世代№1、チーム№1に返り咲きました。

この結果を受けて、来週の月曜日の10/10に出雲駅伝に出場することになりました。まだ区間は決定していませんが、主要区間を任されることになると思います。
フジテレビでの中継も13:00~予定されています。
良かったらテレビで応援してやってください。

斑尾は自分は去年サボってからすっかり足が遠のいてしまい、今年も不参加。
気が付けば先週終わってたんですね。
今年は距離短縮とは言え、完走おめでとうございます!

思えば、帰山人さんがこのブログで斑尾初出場4位入賞の小学校6年生の颯人を取り上げてくださってからもう7年が経つんですね。ほんと早いです。(^_^;)
あの時箱根駅伝のことも書かれていましたが、もう年が明けたらその颯人が「箱根を走る」ということが現実味を帯びてきました。
これからも颯人の走りにご注目いただき、周りの方達に「俺が颯人を発掘したんや!」と吹聴しまくってください。(笑)

to:山神親父さん
帰山人 URL [2016年10月05日 01時25分]

ご無沙汰です。斑尾の大会前夜祭でY本さんと「山神親父さんは今年も来ないだろうけれど…ところで颯人が走るべき箱根の区間はだな…」などと噂していました。「YOMIURI ONLINE」の箱根駅伝特集記事でも《今季の新人の中では、頭一つ抜き出た活躍ぶりだ》と書かれていましたから、何だか嬉しくなりました。「3大駅伝全てを走り、主要区間で区間賞が取れる走りをしたい」という颯人のコメント…おぉ、やってもらおう!(笑) もちろん「俺が颯人を発掘したんや!」と周りへ吹聴し続けて応援の輪を拡げていきますよ。

No title
t.matsuura URL [2016年10月05日 19時07分]

当日の楽しさが伝わってきて、
読みながらテンション上がりました。
斑尾いいですね。「そば処 うえだ」も懐かしいです。
僕はほぼロードですが。
久しぶりのトレランは志摩に行く予定です。

to:t.matsuuraさん
帰山人 URL [2016年10月05日 21時14分]

貴君と走った頃に比べると私はさらにダメになったが、「斑尾」は相変わらずイイよ。
そうか「伊勢の森」20Kが今年は「志摩半島」40Kになったんだね。岳道もイイだろうなぁ。年の瀬トレラン、楽しんでらっしゃい!

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/960-eff0e45c
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin