ボケモンナーレ 其の伍

ジャンル:学問・文化・芸術 / テーマ:art・芸術・美術 / カテゴリ:観の記:美面 [2016年09月04日 23時30分]
前回の「あいちトリエンナーレ2013」から岡崎地区が会場に加わった。《岡崎会場では松応寺の木造アーケードや商業施設シビコの屋上など興味深い街の一面に気づかされた。「こんなところがあったんだ」と。ただ会場が分散しており、回るのは大変だった》(『中日新聞』記者座談会 2013年10月29日)と評されていた。岡崎に「あいちトリエンナーレ」は要るのか? 「呆け者なぁれ」(ボケモンナーレ)じゃないのか…よし、呆け者(ボケモン)GOだ!
 
2016年9月3日
「あいちトリエンナーレ2016」 (康生会場/六供会場/東岡崎駅会場)
 
 ボケモンナーレ5 (1) ボケモンナーレ5 (2) ボケモンナーレ5 (3)
車で岡崎へ行き、康生会場の岡崎シビコ6階の展示から観る。〈トランスディメンション-イメージの未来形〉の寄せ集めた感じ、今まで観た8つのコラムプロジェクトでは最もつまらない。ハッサン・ハーンによる音のインスタレーション〈ドン・タク・タク・ドン・タク〉と、野村在の〈Untitled(箱に詰められた直径80mの花火)〉は、作意が強いが悪い気はしない。ビルの地下に車を駐めたまま、街を歩く。
 
 ボケモンナーレ5 (4) ボケモンナーレ5 (5)
松本町界隈は今般の「あいちトリエンナーレ2016」の常設会場から外されたが、その《かつて花街として栄え、狭い路地や木造アーケードから昭和の香りがただよう町並み》(あいちトリエンナーレ2013)を散策。松應寺横丁の木造アーケードから130m歩いて、五万石家具の周年祭で出店している「cafebus non」へ。nonちゃんと談じながら、冷たい塩キャラメルラテを飲む。
 
 ボケモンナーレ5 (6) ボケモンナーレ5 (7) ボケモンナーレ5 (8)
六供会場の石原邸へ。ホールやらパウダーやらの香辛料を棚に並べた関口涼子の作品を‘嗅ぐ’。田島秀彦の作品、名古屋(愛知芸術文化センター展望回廊)では蒸し暑かったが、今般の旧石原家住宅主屋(国登録有形文化財)では庭から畳の上を風が通り抜けて涼しげ、当に〈窓から風景へ〉。
 
 ボケモンナーレ5 (9) ボケモンナーレ5 (10) ボケモンナーレ5 (11)
籠田公園へ。撤収中の道具箱を再び開けてもらって、紐を結び加える。3地区のジョアン・モデの〈NET Project〉全てに参加を達成、スタッフが「おめでとうございます」(笑)。東岡崎駅会場へ。岡ビル百貨店3階、〈人間、下流へと遡る川〉は頂上で転んでいる、〈誰かの重さを踏みしめる〉は地球が消えている、二藤建人は重過ぎる。…シマッタ! 同階の「キッチンこも」は本日の営業を終えていた、閉まった!
 
 ボケモンナーレ5 (12) ボケモンナーレ5 (13) ボケモンナーレ5 (14)
岡崎表屋へ。作者シュレヤス・カルレがリーフレットに曰く、《現代から通じている、さらなるドアは存在しない。それは常に停滞した観念へと希釈されざるをえない》。希釈され過ぎて、どれが作品なのかわからない。その〈帰ってきた、帰ってきた:横のドアから入って〉を観て、岡崎シビコへ帰ってきた、そして車で自宅へ帰ってきた。岡崎地区の会場は分散していたが、《こんなところがあったんだ》と街を歩くのは作品よりも面白かった。
 
 ボケモンナーレ5 (15)
これまで「あいちトリエンナーレ2016」の3地区11会場を巡って、延べ105組のアーティストによる期中常設の作品を観た。大勢の呆け者(ボケモン)が居そうでつかまえられるかもしれないと、開催に反対して謗ったままで観てみた「あいちトリエンナーレ2016」では、私も呆け者だった。一部は‘鳥エンナーレ’で好かったが、全体としては「虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅」と称するよりも、「意地のどぶさらい 想像する呆け者の旅」が相応しかった。会場のあちこちで、《あいちトリエンナーレ2016会場内においては、スマートフォンの位置情報を利用したゲームアプリ(ポケモンGOなど)の使用を禁止します》という掲示を見た。やっぱり、‘全くダークで暗い未来’の「ボケモンナーレ」だった。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/951-b200a388
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin