至福は2度ある

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2009 [2009年03月10日 01時00分]
2009年3月第1週は、なじみの自家焙煎珈琲2店を訪ねた。
「大坊珈琲店」と「苑」、私の目下(もっか)のベスト2である。

「大坊珈琲店」
入っていくと大坊マスターが、まず目で次に言葉で尋ねてくる。
「何かありました?」
私がコーヒー関係の学会やセミナー・展示会などのイベントに出席するため、
東京に来る都度、店に立ち寄ることを前提にしたお尋ねである。
残念ながら今回は別用で上京したこと、
腕比べ(?)用の焙煎豆も持参してないこと、を詫びて珈琲談議スタート。
火力の調整、焙煎深度の読み取り、焙煎釜のメンテナンス、
生豆の流通状況、珈琲関係の出版物・・・話題は尽きない。
特に、この店で焙煎に使用している手廻し釜については、
製作者も根本的な構造も同じものを私も使用しているので、
お互いにすり合わせした時に解りやすくて私は嬉しい。
近年の東京都内で「足を運び、憩い、嗜好に合う珈琲を安心して味わえる」
という条件なら「大坊だな」という見解で、
辻調の山内氏とも意見が一致している。

「苑」
毎年末の営業最終日あたりに顔を出していたが、
昨年末は日程が合わず、訪ねていないので、久しぶりの訪店となった。
中山マスター「掛川は出るの?」、私「今年は出ません」、
マスター「ここ(藤枝)でも明日大会があるんだよ」、私「それに出るから来たんです」、
というマラソン大会話から毎度の珈琲談義に・・・
それにしてもこの店の「ハイブレンド」だけは、ここでしか味わえない。
特に香味というか風味というか、苑のハイブレンドには、
私が20年以上にわたってまねても出せない素晴らしいアロマがある。
もっとも近年は再現の挑戦すらしないで、
飲みたければ「苑」に来ればよい、と割り切っているが。

さて、この2店とも随分と以前はいくら不遜な私でも
「訪ねてご教示を請う」という感覚で、緊張と遠慮の中で会話していたのだが、
昨今は「あ、マスターこんなイベントがありましてね・・・」と
情報提供屋を気取って、ややもすれば無遠慮なもの言い。
ここで無遠慮を重ねれば、私の「珈琲狂」に寛容なのは、
マスターたちも「狂狷」の気があるからと、甘えさせてもらっている。
コメント (1) /  トラックバック (0)

コメント

お招き頂き・・・
Gonzo URL [2009年03月10日 23時31分] [編集]

ありがとうございますw
ご時世の影響かこちらの心持ちの変化か、久しぶりに訪れた東京のお店も何だか雰囲気が変わったように感じました。時を経るのはみな一緒なのでしょう。
それでも、「払うべき敬意がそこにある」ということに一抹の安堵感を覚えたりします。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/95-be645a6f
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin