かいとび伊吹4 山の日叛逆篇

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2016年08月12日 01時30分]
「山の日」が8月11日であることに納得しない。「山の日」制定の動きは、「‘海の日’があるのに‘山の日’がないのはおかしい」という極めて稚拙な理由で始まった。当初、国民の祝日がない6月の第1日曜日が提案された。制定の主導が政治屋どもに移されると、休日の増加に反対する勢力に屈して8月12日が候補となった。だが、日本航空123便墜落事故(1985年)の日に重なるのは心象が悪いという浅慮に拠って、「山の日」は意味なく8月11日にされた。そして、不快で醜い「山の日」がやってきた。納得できないから無視するか? いや、快くて美しい伊吹山を登ろう!
 
2016年8月11日
伊吹山登山
 
 かいとび伊吹4 (1) かいとび伊吹4 (2) かいとび伊吹4 (3)
今年4度目の伊吹山へ。伊吹薬草の里文化センターの駐車場からスタート! 上る往路は毎度の‘かっとび’コース。…ん? 頭上に「祝リオ五輪出場女子ホッケー西村綾加さん」の横断幕、あぁ上野の出身なんだ。一合目を約39分で通過。トンボに誘導されながら草道を進むと、足下からチョウが舞いバッタが跳ねる。三合目を約1時間15分で通過。
 
 かいとび伊吹4 (4) かいとび伊吹4 (5) かいとび伊吹4 (6)
…ん? 四合目の林道入口に鎖が張られている。これを跨いで進んで、五合目を約1時間35分で通過。…ん? 登山道の両脇にロープが張られている。「むぅ、これみよがしの時季にやっつけの対処は美しくないなぁ」などと呟いていると、暑熱にやられてヘロヘロ。
 
 かいとび伊吹4 (7) かいとび伊吹4 (8) かいとび伊吹4 (9)
ノロノロと登っていると、琵琶湖の上だけに低い雲が見える。七合目の先でもう2時間を経過、ここで5分少憩。それでも足はヨレヨレ、八合目でも5分少憩。尾根に出ても一歩も走れず、山頂に約2時間35分で到着。山頂売店「えびすや」へ「ただいま~」、苺ソフトクリームも食べ、凍りチューペットもいただく。
 
 かいとび伊吹4 (10) かいとび伊吹4 (11) かいとび伊吹4 (12)
山頂から四囲を眺め、三角点を踏み、久しぶりに遊歩道(山頂登山道)を廻って花畑を観る。東側から山頂駐車場へ下りて、トイレに寄って、西側を上る、約46分で周回。
 
〔伊吹山頂界隈の花畑〕
 かいとび伊吹4 (13) かいとび伊吹4 (14) かいとび伊吹4 (15)
 かいとび伊吹4 (16) かいとび伊吹4 (17) かいとび伊吹4 (18)
 かいとび伊吹4 (19) かいとび伊吹4 (20) かいとび伊吹4 (21)
 
 かいとび伊吹4 (22) かいとび伊吹4 (23) かいとび伊吹4 (24)
再び「えびすや」へ「ただいま~」、ビールをゴクゴクプハァ、タバコをプカプカプハァ。下山開始。酔いは薄いハズだが、足のヨレヨレは治らない。下る復路は毎度の‘登山道’コース。今日は走らずに歩いて戻ろう。五合目で大きなカラスに「アホゥ」と言われ、三合目から一合目まではトンボに付き添われて進む。一合目のトイレと0合目の神社で水かぶり。伊吹薬草の里文化センターに約1時間50分で戻った。
 
 かいとび伊吹4 (25) かいとび伊吹4 (26) かいとび伊吹4 (27)
薬草の湯で汗を流して、《祝!「山の日」制定記念イベント》を何故だか謳う芝生広場のビアガーデンを休憩室の窓から眺めながら伊吹牛乳を飲んでクールダウン。帰宅後は、具に茸を山のように積んだスパゲッティを作って食べる。だって、今年から8月11日は「きのこの山の日」でもあるのだから(こちらの制定には納得している)。…ん? そういうことじゃない?(笑) 今般の「かいとび伊吹」は、「山の日」に対する‘叛逆の登山’だった。炎天下ではあったが僅かに秋の気配もした伊吹山の‘快と美’、コレで好い。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/942-2cfca7db
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin