再びどこへ走る?

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2016年03月14日 05時30分]
2016年3月13日、「名古屋ウィメンズマラソン2016 兼 第31回オリンピック競技大会代表選手選考競技会 兼 第100回日本陸上競技選手権大会女子マラソン」の号砲が鳴り、序盤で早くも野口みずきが遅れはじめたのを、怪しく汚染されたセシウム東海テレビの中継番組で見ながら身支度。昨年に続いて今年も大会を直に観にいこう…
 
 どこへ走る2 (1) どこへ走る2 (2) どこへ走る2 (3)
自宅から走って庄内川と矢田川を越え、古出来町の交差点からコースに沿って内山町交差点まで、約10km1時間6分。ますますカラフルになっている女性走者の群れに声援を送り、今池から桜山まで地下鉄でワープ。名古屋市博物館の道向かい辺りで庭ガールさんを探すも走者が多過ぎてみつからない。「吉岡コーヒー」に寄ってネパールコーヒーをいただきながらコーヒー談議、私は何をしに来た?(笑)。桜山から久屋大通まで地下鉄でワープして、「スターバックスコーヒー桜通り大津店」でさくらブロッサム&ストロベリーフラペチーノを買って36.7km地点で応援休憩、私は何をしに来た?(笑)。
 
 どこへ走る2 (4) どこへ走る2 (5) どこへ走る2 (6)
気温は摂氏12度を超えているが、前年大会(最高気温摂氏17.9度)よりは走りやすいだろう。…ん? 来た! 「庭ガールさ~ん!」。今日もリズム良い速歩き、前回よりも15分余も早いペースだ。小走りと速歩きを交互に懸命に進む庭ガールさんを応援しつつ、沿道を走って先導、歩道橋に駆け上がって手を振り励ます。
 
 どこへ走る2 (7) どこへ走る2 (8) どこへ走る2 (9)
私と遇ってからペースアップしているのはケッコウだが、「無理しないで」と声を掛ければ「無理する!」って気合い充分の庭ガールさん。何? 余ったジェルをくれるって? ありがとう(応援する方がプレゼントされてどうする:笑)。残り1km爆走先行、ナゴヤドームの人混みをかきわけ…
 
 どこへ走る2 (10) どこへ走る2 (11) どこへ走る2 (12)
ゲートを潜った直後に深々とお辞儀する律儀な庭ガールさんのフィニッシュを見届ける。昨2015年大会よりもちょうど19分(ネットで約16分半)速く、2012年大会よりも4分強(ネットで約11分)速い、大会ベストで完走おめでとう! ナゴヤドームを出てイオン店内を抜けて煙草休憩してから走る。矢田川を越えて勝川橋で夕陽に照らされた庄内川を眺め、「名古屋ウィメンズマラソン2016」観戦を想い返しながら走り帰った、約8km1時間6分。
 
 《マラソンブームです。でも人はなぜ走るのでしょう。苦しいはずなのに、で
  す。今やマラソンは、楽しみながら走るスポーツへと変貌しているようで
  す。 きょう開催の名古屋ウィメンズマラソンは過去最高の二万一千四百
  六十五人がエントリーしています。この大会だけでなく、二〇〇七年の
  第一回東京マラソンを起点に始まった市民マラソンブームは女性にも
  すっかり浸透し、ランナー人口は拡大を続けています。 (略)その背景は、
  ダイエットや健康志向が高まったこと以外にもいろいろ考えられます。ま
  ず、時間的なハードルが低くなったこと。(略)沿道からの声援も、うれし
  く感じます。(略)そして、何よりもランナーにとって走ることとは、自分の
  心を動かすことなのです。そのために挑戦を続ける人は数多くいます。
  (略)走るのをやめようとした時でも、心を動かして足を進めた経験。そ
  れは途中棄権することができない人生において、何にも替え難い自信
  や達成感をもたらすのではないでしょうか。(略)「時」は止めたり戻した
  りすることはできないが、その時間をどのように使うかは自分次第です。
  そして新たな課題を見つけ、次の目標に向けてまた駆け出せばいいの
  です。マラソンも人生も、もちろん「きょう」が最終ゴールではない。明日
  に向かって、楽しみながら走っていこうではありませんか。》 (「人はな
  ぜ走るのか」/『中日新聞』・『東京新聞』社説 2016年3月13日)
 どこへ走る2 (13)
マラソンブーム? 「名古屋ウィメンズマラソン」の開催日に合わせて「人はなぜ走るのか」などと新聞の社説がなぜ論ずるのか?…そのことが腹立たしくも不気味な変貌である。ランニングの原点は「一人で挑んで一人で戦える」ことだと考える私にとって、また、「マラソンは走って死ぬ故事を起源とする競技」という事実に照らして、当に《その時間をどのように使うかは自分次第》であり、新聞の社説ごときに《明日に向かって、楽しみながら走っていこうではありませんか》などと囲い込まれるように呼びかけられる謂れはない。こんなバカバカしい茶番狂言まで引き起こす「名古屋ウィメンズマラソン」はどこへ走っていくのだろう?…「人はなぜ走るのか」などと問う前に、「人はどこへ走るのか」を考えるべきではないのか。
 
コメント (2) /  トラックバック (0)

コメント

ども
庭ガール URL [2016年03月14日 21時02分] [編集]

応援ありがとうございました。感謝。
今年もぱっと現れパット消えていきましたね~。キロ表示41キロのところで
「はい!ここから無理して」と言われ
鬼と思いマシタ!笑
笑顔でへらへら笑いながらGえきました。

to:庭ガールさん
帰山人 URL [2016年03月14日 22時06分]

オツカレサマ&完走オメデトウ。ハハハ、無理するなって言ったり無理してって言ったり酷いよナ…でも大会ベストになったでしょ(笑)

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/895-eeee4044
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin