フォースの興醒め

ジャンル:映画 / テーマ:映画感想 / カテゴリ:観の記:映面 [2016年01月08日 01時30分]
‘A long time ago, in a galaxy far, far away....’で始まる映画を、遠い昔、はるかかなた(?)の静岡の映画館で最初に観てから37年余が過ぎた…
  フォースの興醒め (1)
 《ジョージ・ルーカス監督の『惑星大戦争』は、太陽系外の銀河宇宙を舞台とした、
  波瀾万丈の大活劇SFである。別ないい方をするならば、これは昔なつかしき
  スペース・オペラの、今様の復活なのである。》 (石上三登志 「惑星大戦争ほ
  かSF映画がドッと来る」/『ポパイ』1977年5月10日号)
 《そう……『スター・ウォーズ』体験とは、あえていうなら大人の中の子供の心との、
  素晴らしくも楽しい対面なのである。》 (石上三登志 「『スター・ウォーズ』観戦
  記」/『バラエティ』1977年10月号)
  フォースの興醒め (2)
私にとっての「スター・ウォーズ」は、エピソード4(NH)・5(ESB)・6(ROJ)の旧3部作に限られる。あの「おとぎ話」の続きには、《『スター・ウォーズ』体験》の希望がまだ残っているのだろうか?…‘Hope is not lost today, It is found.’(希望は失われていない、生まれたのだ/『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』予告編2)
 
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(STAR WARS: THE FORCE AWAKENS) 観賞後記
 
「何だか嫌な予感がする」と思いながら観たところ、予感は的中、チューイの銃を借りて乱射したくなる。あえていうなら、《大人の中の子供の心》を踏み躙る続編、みすぼらしくも悲しき映画との対面であった。
  フォースの興醒め (3)
ルーカスフィルムを2012年にウォルト・ディズニー社へ売却して暗黒面(ダークサイド)に堕ちていたジョージ・ルーカスは、『フォースの覚醒』について、愛する我が子である「スター・ウォーズ」を「奴隷商人に売ってしまった」と嘆いた(「CBS This Morning」 2015年12月25日)。アナキン・スカイウォーカー(ダース・ヴェイダー)と同様に死に際で悔悛の情を語ったのかと私には思われたが、ルーカスはディズニーを奴隷商人と見抜いた発言を後日に撤回して、再び暗黒面へ堕ちた。…‘Hope is not found today, It is lost.’(希望は見つからない、失われたのだ)
  フォースの興醒め (4)
「おとぎ話」に最後の希望が失われた今、ファースト・オーダーたるディズニー社の下で、カイロ・レンたるJ・J・エイブラムスが作ったエピソード7『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(TFA)は、観るに堪えない作品となった。J・J・エイブラムスよ、《今までお前を見ていたが、おまえの目は遠くを向いておる。はるか未来、地平の彼方を。今ある現実を正しく見つめようとはしておらん。今まで何をしてきた?冒険か?スリルか?ジェダイにはそんなもの必要ない。おまえには思慮が足りん》(ヨーダ/ESB)
  フォースの興醒め (5)
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、女性と黒人を新たな主役の戦士として起用した時点で、自らの差別と偏見を隠して払拭したかのように見せたいディズニー社による偽善の暗黒面へ堕ちた。遠い昔のはるかかなたの「おとぎ話」シリーズが、地球上の生臭い話にされてしまったのである。「スター・ウォーズ/フォースの興醒め」(STAR WARS: THE FORCE CHILLS)と改題するべきであろう。ディズニー社よ、「スター・ウォーズ」の《拘束を解いてドアを開けてここから離れなさい》(レイ/TFA)…このサーガは何処へ行く?
 
コメント (2) /  トラックバック (0)

コメント

No title
t.matsuura URL [2016年02月17日 19時42分]

2月に入ってようやく観てきました。
僕はEpisode1・2・3の観るに堪えない感が
ひどかったので、幾分は・・・という感想でした。

それにしても“ファースト・オーダーたるディズニー社”
という現実の方が物語的ですね。
ディズニーを超える悪の登場に期待...は
できないと思いますけど。

to:t.matsuuraさん
帰山人 URL [2016年02月18日 19時02分]

全部で半世紀もかかるシリーズとなると、懐かしさや期待が世代ごとに随分違ってくるんだろうけどね。ジェームズ・ボンドとウルヴァリンとアイアンマンが喜んでカメオ出演しちゃうような映画だから、どんな悪玉を出してきても敵わないよなぁ…

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/877-6229e99e
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin