下劣な非難

カテゴリ:ウスモードさんアーカイブ [2009年02月02日 17時30分]
コンニチ ハ ウスモードです。

大麻容疑で解雇になった力士に養老金が支払われて論議になっています。
前幕僚長の退職金と同じ風潮の非難が吹き荒れ始めています。

前者は除名ならば、後者は懲戒免職ならば支払う必要が無いカネですが、
いずれも実際は支払うべき規程に則って支払われたわけです。

さて、根本的にどこに問題があるかと言えば、
支払うべきか首をかしげたくなる事由にも支払うことになっている
規程に不備があった、ということではないでしょうか?

しかし、不思議にも「出すな」「返してもらえ」という声ばかりで、
「こんな不備な規程を作ったヤツも罰するべきだ」とか
「不備を改正することが再発防止の最速最善の策だ」とか言う
正論はほとんど聞こえません…

戦争責任を否定したり禁止薬物に手を出したり、
どうして厚顔で非礼な組織人が次々にあらわれるのでしょうか?
それは、社会制度の不備を棚に上げて、
嫌悪感などという規範とは無縁の圧力で人を正そうという、
くだらない騒ぎばかりが「世論」「民意」という顔をしているからです。

「出すな」「返してもらえ」しか思い及ばない人は、
非難している対象者と同じ厚顔で非礼な組織人である、と
私は断言します。

あぁ、官僚や力士よりも一般市民にこそ「人品」が求められるのに…

ウスモード
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/86-5b1326aa
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin