あゝそれなのに

ジャンル:ライフ / テーマ:ひとりごと / カテゴリ:あ・論廻 [2015年09月13日 01時30分]
2000年の沖縄サミット(第26回主要国首脳会議)では、「あんた誰?」(Who are you?)虚偽報道問題が生じたが、2016年に予定されている伊勢志摩サミット(第42回主要国首脳会議)の会場である三重県志摩市の公認キャラクター「碧志摩(あおしま)メグ」に関して、騒動が生じている…あんた誰?
  あゝそれなのに (1)
 
 《志摩市の海女キャラクター「碧志摩メグ」の公認撤回を求め、十三日に市と
  市議会に署名を提出した同市の主婦宇坪伊佐子さん(39)は「キャラク
  ターは女性の体だけをアピールしてあまりにも性的。海女の信仰心を踏
  みにじっている」と批判した。(略) 今春ごろからメグが身に着ける海女の
  磯着について、一部市民が「前裾がはだけ、胸の形が分かる」などと指摘。
  宇坪さんは市に意見書を出したが受け入れられず、現役海女の母親
  (65)と六月下旬から署名活動してきた。 宇坪さんによると、提出したの
  は現役海女九十七人を含めて三百九人の署名。公認撤回のほか、ポス
  ターの撤去、関連イベントの企画の停止を求めた。「時々亡くなる方もい
  る厳しい職業。海女を愚弄している」としている。》 (「志摩市のキャラに反
  対署名 主婦ら「海女を愚弄」」 中谷秀樹/『中日新聞』三重版 2015年
  8月14日)
  あゝそれなのに (2)
 《志摩市公認の海女キャラクター「碧志摩メグ」をめぐって市民有志らが公認
  撤回を求めている問題で、大口秀和市長は二十六日の会見で、「一部の
  皆さまに不快な思いをさせたことを真摯に受け止める。デザイン変更を考
  えたい」と述べ、デザイン変更を検討する考えを示した。 (略)二十五日に
  はインターネット上で募ったとされる約七千人分の署名も提出された。》
  (「碧志摩メグ デザイン変更を検討 撤回運動受け志摩市長」 安永陽祐/
  『中日新聞』 三重版 2015年8月27日)
 
  あゝそれなのに (3)
「碧志摩メグ」騒動は(今のところ)、新国立競技場や五輪エンブレムのように白紙撤回にはなっていないが、例えば、「民意「NO」で政権一転 新国立競技場、振り出しに」(『朝日新聞』 2015年7月18日)や「若者とデモクラシー 学生団体「SEALDs」メンバー 奥田愛基さん かっこよく民意示す」(『中日新聞』 2015年8月22日)などで言われている「民意」、そうした「民意」は「碧志摩メグ」をどうしたいのだろうか?
 
 《「空にゃ今日もアドバルーン」で始まる流行歌『あゝそれなのに』をご存じだろ
  うか。今から八十年近く前の昭和十一(一九三六)年、日中戦争勃発の前
  年末に発売され、翌十二年上半期だけで売り上げが五十万枚に達した大
  ヒット流行歌である。往年の芸者歌手・美ち奴が歌い、現在でもテレビ東
  京系の懐メロ番組でしばしば放送されている。 一方でこの歌は、ラジオ
  放送を禁じられたり、メーカーが当時の内務省(各道府県警察の上位組
  織)から自発的に原盤を破棄するよう申し渡されたりした受難の曲でもあっ
  た。(略) 実は、この歌を問題視し、当局に取り締まりの厳格化を迫ったの
  は、市民からの投書に現れた「民意」であった。いうなればこの歌は、民
  主主義的に取り締まられたのである。一体どういうことか。(略) 大流行し、
  どんな子供にも浸透したがゆえに、一部市民から教育に対する悪影響を
  心配する批判が現れ、監督当局の取り締まりの緩慢さを批判する投書が
  新聞に複数掲載されたのである。 一方で、音楽自体に対しても批判が
  起こった。問題とされたのは、歌詞でも曲でもなく、美ち奴の声だった。彼
  女の声は幾分鼻にかかり、高音は金属的な響きを持っている。当時はこ
  の声が「エロ」とされ、ある週刊誌などは「彼女独特の鼻声が得もいわれ
  ぬエロ味を発散して、大衆の圧倒的人気を獲得した」と書いた。この鼻声
  が時局の精神に反するといった説まであった。(略) 検閲や規制は、誰に
  よってなされているのか。古くて新しい問題である。》 (金子龍司 「流行歌
  検閲した「民意」」/『中日新聞』 夕刊 2015年9月7日)
  あゝそれなのに (4)
 
「碧志摩メグ」が問題とされたのは、志摩市(元は志摩町)の海女(あま)キャラ「しまこさん」とのカブリとかではなく、「碧志摩メグ」の姿態である。その姿態が一部市民から「エロ」とされ、市当局の公認という緩慢さが批判された。この「エロ」がサミット開催という時局の精神に反するという意識もあるのかもしれない。当に、《検閲や規制は、誰によってなされているのか》…あんた誰? 当に、《古くて新しい問題である》…あんた誰? 「碧志摩メグ」の真の問題は、大ヒットどころか「あんた誰?」という程度の存在と効用でしかないことなのだが…あゝそれなのに。
 
「民意」が誰なのか、私にはわからない。権力者も庶民も、ある一部はデモや声明で群れ、また一部は反対のデモや反論の声明で群れ、他の一部はそれらの群れを嘲って群れる。どの群集も、自らを「民意」と驕る‘群れ’である。私は、「民意」に気色悪さをおぼえて吐き気をもよおす。むやみやたらと同調して断定する、その「民意」自体が、感性も悟性も理性も失ってどれほど低落しているかに気がつかない、それを反転させようともしない、「民意」の気色悪さこそ白紙撤回させるべきである…あゝそれなのに。
 
 
【2015年11月6日 追記】
 
  あゝそれなのに (5)
 《今回は、志摩市公認の海女の萌えキャラクター「碧志摩メグ」に対し、現役
  海女を含む市民有志から「女性を蔑視した性的な描写」「海女を侮辱して
  いる」と批判が出ている問題について、そのデザインへの賛否を尋ねた。
  「問題ない」が69・2%で、「問題がある」の30・9%を上回った。(略) 碧
  志摩メグのデザインそのものの賛否とは別に、志摩市がこのキャラを公
  認したことの是非についても尋ねた。「問題ない」が70・1%、「問題があ
  る」が29・9%だった。アンケートは二十三~二十六日に実施。九百二十
  七人から回答を得た。》 (中日ボイスみえ 「志摩市公認キャラ 碧志摩メ
  グ 「問題ない」69.2%」 河郷丈史/『中日新聞』 三重版 2015年10
  月29日)
  あゝそれなのに (6)
 《三重県志摩市が公認した海女キャラクター「碧志摩メグ」をめぐり、市内の
  海女らが公認撤回を求めていた問題で、大口秀和市長は五日、市役所で
  会見して公認撤回を表明した。キャラクターを考案したモータースポーツ
  運営会社の浜口喜博さん(39)から撤回の申し出があった。市は九月に
  各地域の代表海女二十四人の意向を調査し、約三割が公認取り消しを
  求めたという。大口市長は「全ての海女さんたちに応援していただけない
  ことを考慮し、申し出を受けることにした」と説明した。会見に同席した浜
  口さんは「全国のファンからたくさんの応援の声を聞き、デザインを変更す
  べきでないと判断した」と説明。今後は市非公認の「伊勢志摩海女萌え
  キャラクター」として展開していく。》 (「「海女萌えキャラ」公認撤回 「女性
  を蔑視」と指摘受け志摩市」/『中日新聞』夕刊 2015年11月5日)
 
公認を取り消しましょう。「碧志摩メグ」を公認したことに新聞のアンケートでは7割が問題ないとしているけれど、公認を取り消しましょう。市による意向調査でも7割の海女が公認を認めているけれど、公認を取り消しましょう。伊勢志摩サミット(第42回主要国首脳会議)の会場になったから火消しに躍起という見方があるけれど、気にしないで公認を取り消しましょう。アンケートも意向調査も関係ない。「ふなっしー」という非公認という公認(?)の先例を真似て、考案者が非公認を望んでいるのだから、公認を取り消しましょう。それが民意だ。それが民主主義だ。何て素晴らしい国なんだ。民意なら正しい。ならば公認さえ撤回すれば、《海女の信仰心を踏みにじって》《海女を愚弄している》「碧志摩メグ」自体は消さないことだって正しいわけだ。「碧志摩メグ」騒動を大口秀和と浜口喜博と宇坪伊佐子と山本文子とで寄ってたかって茶番劇にしたことも民意だから正しいわけだ。
…冗談じゃない。
…冗談じゃない!!!
本当の悪魔とは巨大に膨れ上がったときの民意だよ。自分を清廉潔白だと信じて疑わず、ご当地キャラクターがエロいと一斉に集まって袋だたきにしてしまう、そんな善良な市民たちだ。しかも、世の中には政治の都合でキャラクターの‘キャラ’を捻じ曲げてしまうバカもいる。民意などというものによって、ご当地キャラクターの公認を取り消そうというのならすればいい。所詮この一連の騒動の正体は、《古くて新しい問題である》「民意」にすぎないんだから。己のつまらない人生の憂さ晴らしのためのね。「民意」の気色悪さこそ白紙撤回させるべきである…あゝそれなのに。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/838-a97114d6
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin