やっとび伊吹5 立秋感風編

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2015年08月13日 01時30分]
大暑の末候に登った前回の「やっとび伊吹4」、ヘロヘロ登山でダメじゃん!…その後、
立秋を迎えて初候「涼風至」、確かに酷暑はやや和らいだかも。じゃ、「やっとび伊吹」!
 
2015年8月12日
伊吹山登山
 
 やっとび伊吹5 (1) やっとび伊吹5 (2) やっとび伊吹5 (3)
陽射しが直に当たっていない伊吹山を見上げながら、薄曇りの空の下、伊吹薬草の里
文化センターをスタート!。‘かっとび’コースの林道を上り始めると、前回と同様にまた
嫌な汗ボトボト。体調も走力も回復していないようだ。一合目で約40分経過。お、チョウ
よりもトンボが多い。時々吹いてくる風はかなり涼しい。コレじゃ、暑さを理由に休めない
なぁ(笑)。ま、秋が近づいている気配を感じながら行こう。三合目で約1時間14分経過。
 
 やっとび伊吹5 (4) やっとび伊吹5 (5) やっとび伊吹5 (6)
五合目で約1時間33分経過。お、琵琶湖も、その向こうの比叡山も見える。「わぁ、曇っ
ているのに見えるぅ~」というハイカーに、「夏の伊吹山はね、むしろ快晴だと遠景が霞
んで見えないの」と解説。口は軽いが体と足は重い重い。七合目で約1時間53分経過。
 
 やっとび伊吹5 (7) やっとび伊吹5 (8) やっとび伊吹5 (9)
ん、風が吹いたと思ったら、ガスが掃われて山頂クッキリ。霊仙山を手前に鈴鹿山脈の
方向も素晴らしい眺め。コレじゃ、景色を理由に休みたいなぁ(笑)。八合目で2分ほど
少憩。再始動して、約2時間17分で山頂に到着。売店「えびすや」で、苺ソフトクリーム
を食べて、チューペットもらって、「今日は登山者メチャ少ないねぇ」などと煙草吸いなが
ら歓談して(ケンちゃんは不在だった)…やっと汗が止まって心拍も落ちた。下山しよう。
 
 やっとび伊吹5 (10) やっとび伊吹5 (11) やっとび伊吹5 (12)
ハイカー渋滞は無いが、ゆっくり下る。気温は上がってきたが、吹く風の匂いは10日前
とは明らかに違う。三合目辺りでは、リレーのように入れ替わって前を飛ぶトンボを追い
かけて走る。‘登山道’コースを下って、復路を約1時間25分で戻る。「薬草の湯」入浴。
帰途、車で寄り道。三島池越しに伊吹山を眺めてから、醒井宿へ行って居醒の清水へ。
 
 やっとび伊吹5 (13) やっとび伊吹5 (14) やっとび伊吹5 (15)
暑いは暑いが、地蔵川沿いを散策して気分はクールダウン。涼しげに水に咲く梅花藻
を観ながら…ん?梅花藻と共に水に浮かんでいるのは、ラムネだ、じゃあ、飲もう(笑)。
5度目の「やっとび伊吹」、相変わらず登るに漸と(やっと)の事だったが、暑さは和らぎ、
気分も和らぎ、景色を楽しんだからヨシとするか…ラムネを呷りながら、風を感じていた。
 
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
しんろく URL [2015年08月13日 19時38分] [編集]

まいばらの自然を堪能するコースですね
私も、先日のぼって…2合目からの登山道はずれて再合流するまでのゲレンデと、3合目ホテル跡から4合目手前の登山道横断までの区間、下草刈りが住んでおらず、からみつきがとても負担でした。

No title
ちんきー URL [2015年08月13日 19時49分]

「やっとび」お疲れ様ですm(_ _)m
地蔵川沿い涼しげで良いですね(*^-゚)b

to:しんろくさん
帰山人 URL [2015年08月13日 20時20分]

ご覧の通り膝下むき出しですから、《再合流するまで》はササの葉で切れそう、《登山道横断まで》は下半身藪こぎ擦れ…でも、七合目~九合目の「荒れ」の急速な進み具合の方に気が滅入りましたよ、やっぱり。

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2015年08月13日 20時25分]

まったくね、「しんろくさんやゴボウさんは好いところに住んでいるよなぁ」と実感しながら走後を楽しみました。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/828-47eff670
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin