少し走って少し迷って

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2015年07月22日 23時30分]
御嶽山へ初めて登ったのは、「おんたけウルトラトレイル」の2010年大会で完走を逃が
した翌日だった。それ以来、5年連続で田ノ原登山口から登り、剣ヶ峰山頂を極めてきた。
2015年大会で再び完走を逃がした翌日も…いや、2014年9月27日の御嶽山噴火
入山規制が続いている。しかし、死体の山でも山は山、楽しみを乏しくするつもりはない…
 
 少し走って少し迷って (1) 少し走って少し迷って (2) 少し走って少し迷って (3)
2015年7月20日、宿「みやま」でコーヒーを淹れて喫した後に車で田の原へ。朝飯前だ。
空は青く晴れ渡っているが、登山口(標高2180m)から見上げる御嶽山の頂部は雲に
隠れて見えない。鳥居を潜り、スタート!大黒天で御嶽講の人たちが唱える般若心経を
聴きながら、ゆっくりと走る。数分後、立入禁止の柵と看板に阻まれて、もう往路を終える。
 
 少し走って少し迷って (4) 少し走って少し迷って (5) 少し走って少し迷って (6)
脇にある遙拝所から四囲を眺めれば、美しい景色。御嶽講の一団と挨拶をかわしながら、
清涼な朝の空気を吸い込みながら、ホトトギスの鳴き声を聞きながら、来た道を走り戻る。
往復でわずか1200m、田ノ原天然公園での早朝ラン終了。もう一度、剣ヶ峰まで登れる
日は来るのだろうか?…もう一度、雲の中にある御嶽山の頂部を見上げてから、車で山
を下る。宿近くまで戻った時、ん?朝の散歩をしている夫妻が…「お~い、しらちゃん!」、
昨日は会えなかったので会えてヨカッタ、完走オメデトウ、立ち話。…腹減った、朝飯前だ。
 
 少し走って少し迷って (7) 少し走って少し迷って (8) 少し走って少し迷って (9)
朝食後に宿を出て、さぁ帰ろう…いや、山を登れなくても、道に迷うことはできる。木祖村
の「こだまの森」へ向かう。ここが開業した1986年の翌年より催され続けている「やぶは
ら高原ハーフマラソン大会」、今年は前日に開催された。だが、私は1日遅れでマラソン
を走りに来たのではない。1987年の5月2日に「こだまの森」に巨大迷路が開設されて、
私は同年8月15日に挑み、14分で脱出した。あれから28年、「ランズボローメイズ木曽」
に…私は帰ってきた!料金500円を払ってタイムカードを受け取りながら、色褪せた写
真から見下ろしているスチュアート・ランズボローに語りかける「I'm Back!」。スタート!
 
 少し走って少し迷って (10) 少し走って少し迷って (11) 少し走って少し迷って (12)
焦らずに素早く歩き、分岐や袋小路を苦にせず、階段では時間をかけて通路のつながり
を見きわめて、進路が明確になった時のみ走る…ウンもカンも不要の意気で挑む。「M」
で3分43秒、「E」で8分25秒、「A」で11分13秒、「Z」で13分49秒が経過…ん?ゴール
へ向かうルートが見つからない。立体階段まで戻って見通し直して、走る…フィニッシュ!
タイムは19分19秒。難易度は低いパターンだったのに遅いナァ。でも、好い汗をかいた。
 
 少し走って少し迷って (13) 少し走って少し迷って (14) 少し走って少し迷って (15)
「こだまの森」を出て、ほぼハーフマラソン大会のコース通りに「奥木曽湖」を周回ドライブ。
空が青い、水面も青い、雲が白い、山は緑、…木曽川最上流部の「味噌川ダム」建設に
よって形成された人造の景観だが、色が深く、それでいて透き通った風景には見惚れる。
 
 少し走って少し迷って (16) 少し走って少し迷って (17) 少し走って少し迷って (18)
湧水「絆の力水」で喉を潤し、北緯36度線通過点の看板の存在意義に首を傾げてから、
ダム湖に別れを告げる。藪原と日義で昼食に蕎麦を食べに行き、「中山道東西中間之地」
から木曽駒ヶ岳を望みながら想う…登山口と巨大迷路、少し走って少し迷って面白かった。
 
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2015年07月24日 22時20分]

少しでも早く以前レベルに王滝村が戻ると良いんですが・・・

No title
しんろく URL [2015年07月24日 22時43分] [編集]

ランズボローメイズ私も子供のころ行ったことがありけっこう楽しかった思い出があります。
機会があれば(旅行の行程に入れたり…)ランズボローメイズ木曽は、家族そろって行きたいです。

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2015年07月25日 00時46分]

愛知用水の水源である牧尾ダムを建設、その補償金で村営のスキー場を開発、バブルがはじけて財政危機で「第2の夕張」状態…さて、どこまでの「以前」に戻ればイイのか?…王滝村の現況は、自然の脅威と人為の怠惰が混ざっているのですよ。

to:しんろくさん
帰山人 URL [2015年07月25日 01時03分]

28年前には木曽駒高原のキャンプ場に前泊してから迷路に挑みました。「こだまの森」にもコテージやテントサイトがあるのでキャンプしながら迷路遊び…ってのもイイと思います。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/819-170a3093
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin