くたびれたぜ!

ジャンル:映画 / テーマ:映画感想 / カテゴリ:観の記:映面 [2015年07月17日 05時30分]
何者かによって1973年へ転送されたオジサン(T-800)は、映画『ロング・グッドバイ』(The Long Goodbye)にチンピラ役で出演しながら、9歳のサラ・コナーを育て始めたが、第四次中東戦争を止める任務には失敗した。結果として、第一次オイルショックが生じた。
 くたびれたぜ (1)
2029年から1984年へ転送されてきた(オジサンとは別の)T-800とカイル・リースは、映画『ターミネーター』(The Terminator)で共に本人役を演じた。直後に転送されてきたT-1000は、サラ・コナーと間違えてインディラ・ガンディーを殺したが、サラとオジサンによって殺された。当時に唯一開発されていた冷蔵庫型タイムマシンをオジサンが強奪、「審判の日」を止めるためにサラとカイルは未来へ転送された。タイムマシンを奪われたロバート・ゼメキスとボブ・ゲイルはデロリアン型に作り直したので、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(Back to the Future)は撮り直しとなって、公開が翌1985年へ遅れた。
 くたびれたぜ (2)
オジサンは数多くの映画に出演して暇を潰していたが、その中でもT-1000との死闘を映画化して1991年に公開した『ターミネーター2』(Terminator 2:Judgment Day)は大当たりした。結婚したり浮気したりレストランやホテルの経営に出資したりして、転送されてくるサラとカイルを待っていたオジサンだったが、1997年になっても2人が来ないし「審判の日」も起こらなかった。さらに、2003年公開のトンデモ映画『ターミネーター3』(Terminator 3:Rise of the Machines)にT-850として出演したが、待ちくたびれたオジサンは同年より政治家に転身して、カリフォルニア州知事を2期に渡って務めた。
 くたびれたぜ (3)
この間に引き起こされた戦争もテロも一つも止められなかったオジサンは、すっかり年をとってしまったが、‘I'm old, not obsolete.’(古いがポンコツではない)などと強弁して、2017年へ延び延びとなった「審判の日」を止めるために《新起動》する。《全世界待望! 今夏、遂にアイツが帰ってくる!》…‘I've been waiting for you.’(待ちくたびれたぜ)
 くたびれたぜ (4)
 
『ターミネーター:新起動 ジェニシス』(Terminator Genisys) 観賞後記
 
『ターミネーター:新起動 ジェニシス』は、‘安い’映画である。人間も機械も時間も何もかもに‘安い’感が漂う。「オジサン」(pops:とうちゃん)が守護神(ガーディアン)なので、安いのである。「スカイネット」が、「ジャパネット」のように安いのである。「ターミネーターの日」は5月25日と決まったらしいが、「審判の日」はいつなのであろうか?…まさか「あんぱんの日」(4月4日)のように安く決まるのだろうか?…こうした物語では、救世主も安いのだ。
 くたびれたぜ (5)
 《だからこの人類の救世主のジョン・コナーっていう人は、イニシャルがね、ジー
  ザズ・クライスト、イエス・キリストと同じ、あの「J・K」になってんですよね。…あ、
  違った。「J・C」ですね。JKは女子高生ですから! あの、人類救わないんで。
  すいません。》 (町山智浩:談/『たまむすび』TBSラジオ/2015年7月7日)
 くたびれたぜ (6)
でも、JCは女子中学生ですから! しかも、人類救ってるんで。御坂美琴とか。…あ、話が‘安い’。すいません。…で、『ターミネーター:新起動 ジェニシス』でジョン・コナーを演じたのはジェイソン・クラークなので、やはり「J・C」なのである。《期待を遥かに超える展開だ》(特別映像)などとヨイショするジェームズ・キャメロンも「J・C」なのである。つまり、どいつもこいつも救世主…‘I'm not man, not machine, I'm more.’(私は機械ではない、人間でもない、それ以上だ)…違うね。この映画、創世でも新起動でもない、それ以下だ! 親指ではなくて中指を立てたい『ターミネーター:新起動 ジェニシス』には…くたびれたぜ!
 
コメント (2) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2015年07月17日 23時35分]

自分的には「ターミネーター」のB級感が良かったので「2」以降の作品は好きじゃないですね。
(折角シュワちゃんが悪役だったのに・・・)
この手の「時間移動」の話は真面目にすればするほど「矛盾」が噴出してくるので「ターミネーター」あたりのいい加減さが丁度良かったと・・・
まあそもそもここ数年流行(?)の「続編」ものは見たいと思いませんがw

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2015年07月21日 13時57分]

私は「T」と「T2」、いずれも好評価。「ジェニシス」は「T2」でキャメロンがやれなかったコト(特に冒頭と終端)を、ある意味で復活させたツクリになっていたので、その気概は買ってやりたい。でも、作品としては締まりのないものでした。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/817-00080a85
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin