もみぢラテ

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2014年11月30日 23時30分]
昨年の晩秋には犬山の寂光院へ行って「もみぢでんがく」だったが、今年も平俗に流れて、
足助の香嵐渓へ行って「もみぢ」を狩ろう。まずは、2014年11月5日…ん、早過ぎるか?
もみぢラテ (1) もみぢラテ (2) もみぢラテ (3) もみぢラテ (4)
香嵐渓もみじまつりの初盤に登場する「星に願いをin足助 もみじの下のプラネタリウム」は、
もみぢの色づきが浅い間の集客の策として、LED光球‘いのり星’を巴川に放流する夜の
催事。日暮れてライトアップされた香嵐渓、小雨が降る待月橋の上で待っていると、青く輝
く光球が次次と川面を流れてくる…幻想的ではあるが、灯籠流しなどとも異なって冷たく乾
いた美しさ。飽きた頃に雨が止み、雲が薄くなった空を見上げ、‘後の十三夜’の月を観る。
もみぢラテ (5) もみぢラテ (6) もみぢラテ (7)
紅くなった葉はほとんど無いが、黄葉のもみぢを観廻って楽しむ。香嵐渓もみじまつりの間、
休みなく出店に来ているフレンチバス仕様の移動カフェ「cafebus non」に寄る。香嵐渓で
の限定メニュー「メープルラテ」を飲みつつ、nonちゃんと談話…「先は長いが頑張れヨ~」。
 
 
もみぢラテ (8) もみぢラテ (9) もみぢラテ (10) もみぢラテ (11)
そして、再び足助へ行って「もみぢ」を狩ろう。2014年11月30日…ん、見頃を過ぎたか?
香嵐渓もみじまつりの最終日の朝、臨時駐車場の足助中学校に車を駐めて、スタート。香
嵐渓一帯を走る。まず、香積寺の参道を駆け上がり、飯盛山を登る。「中馬をゆく2」以来
だナ。既に落ちた黄葉や紅葉が、地を色鮮やかな‘もみぢの絨毯’としている。そこを踏み
進んで、山を駆ける。太子堂側へ下って、待月橋付近のもみぢを観る。巴川の河原を走る。
もみぢラテ (12) もみぢラテ (13) もみぢラテ (14) もみぢラテ (15)
香嵐渓広場で喫煙一服。再び並木のもみぢトンネルを走り、待月橋を渡り、移動カフェの
cafebus non」に寄る。この1ヵ月間休みなく出店していたnonちゃん、さすがに疲労の
色が見えるが、途切れない客に笑顔を絶やさない。「さぁ、ラストスパートだな」と励まして、
「メープルラテ」をいただく、ウマイ。さて、再始動…ん?ツアー客の大群で、香嵐渓大混雑。
もみぢラテ (16) もみぢラテ (17) もみぢラテ (18) もみぢラテ (19)
‘世界唯一人の山頂音楽家’を名乗るIZANAGI氏のシンセサイザー音楽を聴きながら、一
の谷のもみぢを眺める。香嵐渓を後にして、真弓山(標高301m)の頂部に復元された(?)
「城跡公園足助城」への上り坂を、ハアハアと駆ける。初訪。意外とこざっぱりとしているナ。
もみぢラテ (20) もみぢラテ (21) もみぢラテ (22) もみぢラテ (23)
‘もみぢの絨毯’と化した腰曲輪を駆ける…ん?コスプレイヤーの3人組が撮影中、で私も。
南の丸から上ってきた道を見下ろせば、真っ赤なもみぢの世界…コレは美しい!本丸の
高櫓から足助の山並みと町並みを眺め渡す。下って、喫煙一服。公園入口脇から「親王
町ハイキングコース」へ。おぉ、緑の森にシングルトラック…トレイルランじゃねーか、イイ!
もみぢラテ (24) もみぢラテ (25)
ハイキングコースをゆっくり駆け下り、足助川沿いに町並みを抜けて、駐車場まで走り戻る。
これにて、「もみぢラン」終了。いや、今年はもみぢを狩るのに加え、メープルラテも狩った
(?)ので、「もみぢラテ」終了というべきか?…帰途、もみぢと寒椿を想い返しながら笑った。
 
コメント (2) /  トラックバック (0)

コメント

No title
じょにぃ URL [2014年12月01日 13時02分] [編集]

帰山人さん。

cafebus nonさんの
恥ずかし笑顔。
たまりませんね。
じょにぃも好きです(笑)
ブログを拝見しても
たんなる”オシャレ”感丸出しじゃなくて
珈琲・お客さんに対する
一生懸命さが伝わってきます。
是非今後も頑張ってもらいたいと応援したくなる方ですね。

to:じょにぃさん
帰山人 URL [2014年12月02日 00時00分]

フム、そんなにnonちゃんの笑顔に魅力を感じるのであれば、ぜひ直に見にいらっしゃい。もっとも、彼女が私に見せているのは、引き攣った顔なのかもしれないけれど…(笑)

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/750-c49be9df
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin