看取り漫画

ジャンル:ライフ / テーマ:ひとりごと / カテゴリ:あ・論廻 [2014年11月19日 01時30分]
高野文子の漫画を初めて目にしたのは、『別冊奇想天外 SFマンガ大全集』誌を読んでいた時だったか?…その後に刊行された単行本の『絶対安全剃刀』(白泉社/1982年)と『おともだち』(綺譚社/1983年)は、今でも折折に読み返す。あれから30余年が過ぎ…
 看取り漫画 (1)
 
 《高野文子は現代日本で最も先鋭的な才能をもった女性マンガ家の一人だが、
  これまで三十年以上かけて六冊の単行本しか刊行していなかった。その彼
  女がこの秋、十二年ぶりで七冊目の作品『ドミトリーともきんす』(中央公論
  新社)を発表した。それがマンガ史にちょっと類例を見ない、科学と読書を
  テーマとする短篇集なのだ。ドミトリーともきんすは、寮母のとも子と娘のき
  ん子が暮らす下宿屋の名で、二階には、朝永振一郎、牧野富太郎、中谷
  宇吉郎、湯川秀樹という四人の学生が住んでいる。毎回、この四人のいず
  れかがとも子ときん子に、科学に関する話をして、最後にとも子が、その話
  にまつわる彼らの書物の一節を引用するという形式になっている。科学書
  を紹介するマンガによる書評集といってもよい。 ここで高野が試みたのは
  「気持ちを込めずに描く」ことだという。近代日本文学は作者の気持ち(内
  面、自我)を探求してきたが、高野が行っているのは、そうした近代人の視
  点から遠く離れて世界を見ることであり、そこから科学の冷徹な目による真
  の抒情が生まれている。これは、原発に象徴される人間中心主義に対す
  る、密やかにして決然たる異議申し立てでもある。》 (天からの手紙 「人間
  中心主義をこえる科学」/「大波小波」/2014年11月17日 『中日新聞』
  夕刊)
 看取り漫画 (2)
この「大波小波」に対して、《決然たる異議申し立て》をしたい。《冷徹な目による真の抒情が生まれている》のは、トモナガ君・マキノ君・ナカヤ君・ユカワ君らの《科学書》そのものにであって、そうした科学者の《視点から遠く離れて世界を見ること》にした高野文子の作品自体は、《密やかにして決然たる》‘人間中心主義’である。高野文子は、《「漫画は、絵画と文学の間にできる赤ちゃんだと考えていたが、最近、図(幾何学)と国語の間の赤ちゃんだと思い直した」》(2014年10月21日 『朝日新聞』夕刊)と語っているが、「大波小波」の筆者の《気持ち(内面、自我)を探求して》みるならば、《絵画と文学の間にできる赤ちゃん》が『ドミトリーともきんす』であると浅はかにも思い違えているのであろう…まるで話にならぬ。
 
 《…寡作に徹し、しかも毎回描き方を変えて手のうちを読ませない距離感を保
  ちながら、映画や文学にはできない表現を読者に提供する。これほど心優
  しい漫画革命を達成した作家はいない。 (略)これらは、漫画でしか表現
  できないことだ。にもかかわらず、高野の作品は、少女にしかない感受性
  だけに支えられているのではない。冷静で、芯が強くて、哀しみのまじりあ
  った大人のユーモアと優しさがある。それは、病院の看護婦さんの振る舞
  いに似ている。》 (荒俣宏 「心優しい漫画革命」/アエラムック AERA
  COMIC 『ニッポンのマンガ』 手塚治虫文化賞10周年記念/朝日新聞社
  /2006年)
 看取り漫画 (3)
荒俣宏は、高野文子を《病院の看護婦さんの振る舞いに似ている》と評し、また、荒井三恵子は《…高野さん(鬼才)だってイメージは看護婦に近いもんね》(「マンガのアレが知りたい」/『COMIC アレ!』 BRUTUS臨時増刊/マガジンハウス/1993年)と言った。実際に、高野文子は、高等学校の衛生看護科から衛生看護専門学校へ進んで、当初は看護婦をしていたらしい。…『ドミトリーともきんす』を読んでみると、下宿人らが各々に科学の‘見取り’を寮母のとも子と娘のきん子に開示しているし、とも子ときん子は下宿人らの‘看取り’をしている。『ドミトリーともきんす』は、自然科学の深淵へと進む者への都度の‘看取り’が当に描かれているのであり、今以て高野文子は、《冷静で、芯が強くて、哀しみのまじりあった大人のユーモアと優しさがある》‘看護婦’なのだ。医者でもなければ患者でもない、‘看護婦’高野文子による‘看取り漫画’が、『ドミトリーともきんす』なのだろうか?…だもんで、傑作!
 
コメント (2) /  トラックバック (0)

コメント

ども
庭ガール URL [2014年11月23日 15時36分]

木曽三川ウルトラの応援ありがとうございました~。完歩することに必死でしたから、思いがけない応援に感激しました。後日参戦レポートブログUP予定です。
では、またお会いできる日と楽しみにしていまーす。

to:庭ガールさん
帰山人 URL [2014年11月23日 21時00分]

ついに逢えましたネ。足が痛いと言いながらも、軽やかで決然たる足運びの庭ガールさん、好い記録での完歩、アッパレでした。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/746-b4408603
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin