ゴビンジャー来るか

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:日本珈琲狂会 [2014年07月06日 00時00分]
虚珈新聞ロゴ
虚珈新聞 2014(平成26)年7月6日
 
「コーヒー界から新たなヒーロー? ゴビンジャーは来るか」 嘘か?真実か?
 
特撮テレビドラマ「秘密戦隊ゴレンジャー」40周年を記念して、来2015年の公開を目標に東映が進めている新たなスーパー戦隊の企画が発表された。この企画は、近年のコーヒーブームに乗ったもので、その名も「珈琲戦隊ゴビンジャー」(仮称)。その中身を探ってみた。
 
 ゴビンジャー
「珈琲戦隊ゴビンジャー」は、1975年よりテレビ放送されて人気を博した「ゴレンジャー」以来のシリーズに準じて、アカビンジャー(赤)・アオビンジャー(青)・キビンジャー(黄)・モモビンジャー(ピンク)・ミドビンジャー(緑)の5色をそれぞれに象徴した5人のヒーロー戦隊モノ。物語の原案は、こうだ。アメリカ西海岸で失業者だったフリーマンは、趣味のコーヒーを生業として屋台でコーヒーを売る。やがて、「スペシャルティ」や「サードウェイブ」といった新興のコーヒー業界で覇権を握った彼は、「ブルーボトル」(青い瓶)というブランドで日本進出を目論む。この動きを察知した日本のコーヒー業界は危機感を募らせて、在来組のUCCが「レッドボトル」、ドトールが「イエローボトル」を、舶来組のスターバックスも「グリーンボトル」を集団的自衛ブランドとして設立した。新興と旧来との戦い、一触即発、戦争勃発かと思われたその時、両陣営は共に新たな脅威となるコンビニ業界の「珈琲黒十字軍」侵攻を知る。そこで、日本のコーヒーカルチャーをコンビニ「珈琲黒十字軍」の魔手から守ろうと、フリーマンらは新旧の壁を乗り越えて手を結び、「珈琲戦隊ゴビンジャー」に変身して戦いを挑む。
 
しかしながら、このシナリオでは「ゴビンジャー」の企画自体が崩壊してしまう、という懸念の声もある。企画オブザーバーでもある「日本プレスティージコーヒー協会」(PCAJ)の鳥目散帰山人氏は、「戦隊モノといえば赤いキャラがリーダーであるのが通例ですが、今回はアオビンジャーを出すブルーボトル陣営が『オレがメインだ』といって譲らない。昔、ゴレンジャーのキャスティングで宮内洋氏がゴネたように。さらに、カネは出すから『サードウェイブ戦隊』へ冠を変えろとまで口をだしてくる始末。もう、こっちの顔が青くなってます。また、モモビンジャーへ変身するコーヒー屋が見つかっていません。酒屋出身のFCオーナーが多いからピンクボトルに名を変えてもいいと自ら手を挙げてきたのはココストアですが、コンビニ陣営から起用したのでは『ゴビンジャー』の企画が成立しない。あとは、『さくら』とか『モモ』とかいう名の正直ショボい喫茶店あたりが売り込みに来ましたが、キャラのつり合いがとれません」と頭を抱えている。動物や恐竜や電車といったこどもウケを狙ったモチーフから脱して大人も楽しめる斬新な戦隊シリーズへと波に乗りたい40周年企画「珈琲戦隊ゴビンジャー」、日本初、いや世界初ともいえるコーヒーをモチーフにしたスーパー戦隊は、本当に戦えるのか。予定されている必殺技の「ゴビンジャー攪拌ポアオーバー」や「ダイレクトトレードアタック」を繰り出す前に、企画段階で頓挫しそうな気配もある珈琲戦隊。はたして「5人揃って、ゴビンジャー!」と名乗りを叫ぶ日は来るのか、しばらくは予断を許さない局面が続きそうである。
 
 ※「虚珈新聞」(キョコーシンブン)は「日本珈琲狂会」(CLCJ)が発信する不良メディアです。
 
コメント (6) /  トラックバック (0)

コメント

No title
つかさ URL [2014年07月06日 09時11分]

見たい。(^o^)/

No title
ナカガワ URL [2014年07月06日 20時28分]

アマンドさんにご参加いただき、モモビンジャーになってもらってはどうでしょう。

to:つかささん
帰山人 URL [2014年07月06日 20時43分]

私も見たいのですが、実現する場合は虚珈新聞として誤報を詫びなくてはなりません^^;;

No title
ナカガワ URL [2014年07月06日 20時47分]

黒十字軍の参謀は、やはりドクター・コツとかサス将軍とかかしら。首領はダーク・ハイドロジェンとかかしら。

to:ナカガワさん
帰山人 URL [2014年07月06日 20時50分]

「ピンクボトル」陣営の名乗りをキーコーヒーとして参加するのであれば…また、それを「レッドボトル」陣営が許すのであれば…協調できるかなぁ…

to2:ナカガワさん
帰山人 URL [2014年07月06日 21時15分]

あ~、参謀扱いならばその案はのめる。もっとも「レッドボトル」陣営をはじめ、「ゴビンジャー」を支える側の中にも「珈琲黒十字軍」に通じている者がいるんですがネ。で、そんな複雑な状況をさばく技量はダーク・ハイドロジェンに無い。マモーとかタッシーとかじゃないと総統はつとまりません。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/701-8925a157
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin