東谷山のコーヒー

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2014 [2014年06月03日 01時00分]
東谷山(とうごくさん)は、名古屋市守山区と瀬戸市との境に位置する標高198.29mの名古屋市内最高峰の低山である。駐車場から、まず散策路へ。眼下に庄内川と街を置く山頂からの眺望が好い。尾張戸神社参道を下り一汗かいたところで、さて山麓にある公園施設「東谷山フルーツパーク」へ。ここでコーヒーノキを観る…それが、東谷山へ出向いた目的だ。 
 東谷山の珈琲 (1) 東谷山の珈琲 (2) 東谷山の珈琲 (3)
 
 東谷山の珈琲 (4) 東谷山の珈琲 (5) 東谷山の珈琲 (6)
様々な世界の3大を見つける、それが…「真・3大〇〇調査会」。題して、日本人が知っておくべき「真・3大 帰山人が訪ねた東谷山のコーヒー」。以前に「マツコ&有吉の怒り新党」で「新・3大 気軽には飲めないコーヒー」(2014年4月30日:テレビ朝日系列/「王田珈琲専門店」・「ザ・ミュンヒ」・「伴天連」)が放送されたが、今回は私が東谷山フルーツパークを訪ねてコーヒーを調査してきた。まず読者に訴えたいのは、この「世界の熱帯果樹温室」には、コーヒーノキ以外にも、珍しい果樹やボランティアガイドのおじさんが生息しているということ。
 
 東谷山の珈琲 (7) 東谷山の珈琲 (8) 東谷山の珈琲 (9)
確かにコーヒーとの関連でも、味覚修飾ではミラクルフルーツに、シェードツリーではバナナに、着香原料としてバニラに…魅力的ではあるが、ガイドおじさんの話を聴いていると前へ進めないのである。コーヒーノキは確かアノ辺りに…あった! ん? 「アカミコーヒー」ねぇ(笑)。
 
 東谷山の珈琲 (10) 東谷山の珈琲 (11) 東谷山の珈琲 (12)
【君のコーヒーの衝撃!】 「アカミコーヒー」は落果あるいは樹上完熟(?)していて、瑞瑞しい実は見当たらない。するとガイドおじさんが、「君のコーヒーの実はあそこにあるよ」。ん? 私のコーヒーの実?…あぁ「キミノコーヒー」、イエローカトゥーラのことか(笑)。僅かに残る黄色の実を眺めていると、後から近づいてきた女性客へ「これがアカミコーヒー、大トロコーヒーってのは無いんだけど。で、キミノコーヒーの実はあそこにあるよ、俺のコーヒーの実は無いんだけど」という声が隣から聞こえてくる。頭痛くなってきた(笑)。…というワケで、この「君のコーヒー」話を「真・3大 帰山人が訪ねた東谷山のコーヒー」の一つとさせていただく。
 
 東谷山の珈琲 (13) 東谷山の珈琲 (14) 東谷山の珈琲 (15)
【リベリカの悲劇!】 振り返って通路の反対側にはリベリカ種のコーヒーノキ。今般の調査で最も見たかった白い花が、僅かに咲いている。眺めていると、「あ~それはリベリカと言って不味くて悪くて安いコーヒー豆しかできない。だからインスタントコーヒーはコレで作るんだ。それにしても実もたくさんつかないんだよなぁ…」という声が隣から聞こえてくる。オイオイっ! 思わず「いや、インスタントの大半は…(略)。リベリカは希少なので安くは…(略)。もともと結実数が多くはな…(略)。おまけに他家受粉で…(略)。台木としては有用で…(略)」というリベリカの擁護と復権(?)を説く私に、「ふ~ん、アンタ詳しいねぇ」だと。…というワケで、この「哀・リベリカ」話を「真・3大 帰山人が訪ねた東谷山のコーヒー」の一つとさせていただく。
 
 東谷山の珈琲 (16) 東谷山の珈琲 (17) 東谷山の珈琲 (18)
【ロースターの意地!】 小温室から大温室まで熱帯・亜熱帯の果樹を見遊び巡って出口へ。ん? パネルや模型を使ったコーヒーに関する展示、簡便ではあるが気が利いている。提供するは「富士コーヒー」。ん? 「コーヒー焙煎機の種類とその構造」まで、ご丁寧に解説している…というか、温室出口の今ここで何故にそれを学ばせる?(笑)嗚呼、‘名古屋の三羽烏’と呼ばれたその1人である塩澤敏明氏のコーヒー屋魂、ロースターの意地。…というワケで、この「意地の解説」を「真・3大 帰山人が訪ねた東谷山のコーヒー」の一つとさせていただく。
 
 東谷山の珈琲 (19) 東谷山の珈琲 (20) 東谷山の珈琲 (21)
東谷山麓の温室に閉じ込められたコーヒー。もう少し栽培育成の規模が大きければ、樹勢や収量も安定するだろうに…売店に行き、トロピカルフルーツパフェを食べながら、そう思う。「真・3大 帰山人が訪ねた東谷山のコーヒー」は、本当に日本人が知っておくべきか…追考。
 
コメント (6) /  トラックバック (0)

コメント

フルーツパフェが気になる
ミズノ URL [2014年06月03日 06時16分]

私は3月に訪れましたが、実は沢山付いていました。確かに「アカミ」「キノミ」には驚きましたが、リベリカは見つけられませんでした。開花時期が5月から6月と記載されていたので「東谷山スノー」を見に行こうと思っていたところです。ですが、それよりもトロピカルフルーツてんこ盛りのパフェが気になってしかたがないですね。今度はそれを目当てに出かけてみます。

to:ミズノさん
帰山人 URL [2014年06月03日 21時46分]

え?通路を挟んでアラビカとリベリカ、つまり振り返れば奴がいる。トロピカルフルーツパフェは土・日限定メニューです。お楽しみを…

No title
じょにぃ URL [2014年06月04日 15時54分] [編集]

帰山人さん。
怒り新党は後輩から録画したDVDを貰い先日観ました。
帰山人さんは様々な珈琲情報をどうやって見つけていますか?
帰山人さんの情報収集能力はいつもすごいなぁと思っています。
それとNHKのドラマ。珈琲屋の人々はご覧になりましたか?

to:じょにぃさん
帰山人 URL [2014年06月04日 17時16分]

じょにぃさん、自分では特に変わったコトして情報収集しているつもりはありません。ってか、収集環境は、スマホ無しタブレット無しのライン無しフォロ友も極少、PC以外にWeb環境が無い情弱ですから…^^;
ドラマの「珈琲屋の人々」は視ていません。原作は読みましたが、出てくるコーヒーや抽出法をドラマで変えたコトは知っています。
http://kisanjin.blog73.fc2.com/blog-entry-515.html

No title
ちんきー URL [2014年06月04日 23時46分]

実は日曜東谷山山頂に行くことの出来るルートを捜索に行ったんですが東谷橋の途中で「便意」が発生し暑さとも相まって結局断念・・・
何時かはトレーニングルートとして開拓したいと考えてます。
因みに「フルーツパーク」の近所に住んで35年程になりますが1回も行ったことがありません・・・・

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2014年06月05日 22時09分]

東谷橋を守山側へ渡ったままに道なりに進めば、左手にフルーツパーク南門と(山頂への)散策路入口があります。尾張戸神社参道ルートもあるけれど、(2つの山麓入口から)両方を往復しても計30分とかからないでしょう。一度行ってみて^^/

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/692-9084c882
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin