玄呂玄さんとは?

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2014 [2014年06月01日 01時00分]
カフェインとは何か?言うまでもなく、鳥目散帰山人である。クロロゲン酸とは何か?それは、
ガマ星雲ケロン星宇宙侵攻軍特殊先行工作部隊の隊長である…そりゃ、ケロロ軍曹だろ!
ショコリキサー(ダークチョコレートデカダンス)を飲みながら一人ツッコミ、それから会場へ…
 玄呂玄さん (1) 玄呂玄さん (2)
 
2014年5月30日
楽しいコーヒーセミナー 『カフェイン・クロロゲン酸とは?』 講師:石脇智広
(主催:コーヒーアミーゴス中部/会場:愛知県産業労働センター ウインクあいち 1008室)
 
さすが、石脇智広氏(石光商事株式会社 執行役員研究開発室長/来6月27日付 取締役
就任予定)の講演、48名定員の小会議室に47名申込の満員御礼。毎度の如く石脇さんの
話は、開示制限が多いので、言えない書けない出せないが、中身は題目通りのカフェインと
クロロゲン酸の話であった。毎度の如く石脇さんの話は、研究の精度と知見の水準が高い
ことに加えて、アラやアナが少ない喩え上手であった。コーヒー生豆の熟度に関して、「非水
洗式メインストリームのコーヒーにはサイズ依存性がある」コト、「プレミアムコーヒーの特徴
は熟度の高さにある」コトを聴きながら思う…品種や産地の特性を加えて考えると、精製法
や選別法がいわゆる‘品質’や‘特徴’に相関している実態が改めてよく見えてくる、面白い。
最後は、樋口精一氏による毎夏のコーヒー催事の予告(『進化するコーヒーを語ろう』)で了。
 玄呂玄さん (3) 玄呂玄さん (4) 玄呂玄さん (5)
 
 [閑話]ややもすれば、コーヒー話の中でもカフェインだのクロロゲン酸だのが題にのぼる
   と、スグに健康だのダイエットだのという話になりがちだが、今般の講演に限らず石脇
   智広氏は不用意にその手の話を持ち出さない…というよりも、コーヒー業界に巣食う
   ‘売らんかな’コマーシャリズムに不信や不快を抱いている、と思われる、それが好い。
   ここからは、私見である…つい先日も「USAの連邦取引委員会がコーヒーによるダイ
   エットを宣伝しているフロリダの企業を訴えた事例」を知ったが、対比してみると、日本
   における‘トクホコーヒー’やら‘コーヒーダイエット’やらは、どうも胡散臭い限りだろう。
   私は、こうしたコマーシャリズムに自省の無いコーヒー商売こそ減量させて殲滅したい。
 
 玄呂玄さん (6) 玄呂玄さん (7)
2時間弱のセミナーの後、懇親会(「伊太利食房 ZenZero 名駅店」)へ移動。セミナーは聴
きっぱなしだったが、懇親会は訊かれっぱなし、喋りっぱなし、食べっぱなし、これも面白い。
私にとっては、コーヒーのアミーゴスだろうがラバーズだろうが愛好家だろうがマニアだろう
がオタクだろうが、商売人だろうがアマチュアだろうが、そんなことはどうでもよいが、存分に
コーヒーを語り合う時間は本当にアッという間に過ぎる…やはり折節にこういう機会は好い。
(セミナーの前後や懇親会で雑談にお付き合いいただいた参加者の方方に感謝致します。
また、高橋徹氏と奥方、木野照代氏、お土産ありがとうございました、さらに感謝します:笑)
 
 玄呂玄さん (8)
カフェインとは何か?言うまでもなく、鳥目散帰山人である。しかし、まだまだ解らないところ
も多い。クロロゲン酸とは何か?こちらも、まだまだ解らないところが多い。もしかしてだけど、
「玄呂・玄(くろろ・げん)さん」とでも呼ばれる、別のパーソナリティを要するのかもしれない…。
あっ!そう言えば、石脇さんに「ペドロ石脇」って呼んでいいのかどうか、訊くの忘れた!(笑)
 
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ナカガワ URL [2014年06月01日 02時02分]

コーヒーアミゴスというのはどんな団体ですか。

to:ナカガワさん
帰山人 URL [2014年06月01日 08時05分]

名目上は「コーヒーを愛する者の垣根や壁の無い集まり」、実質は「創案者コーヒーハンターJose川島のファンクラブ」でしょうかネ。全協にもSAAAにもJCSにもバッハGにもLCFにもJRN(旧:味方塾)にも…イマイチ乗り切れない中枢に座れない縛られたくない浮動票の受け皿でしょうかネ。

No title
kino URL [2014年06月01日 10時22分] [編集]

お土産ではありませぬ。
お見舞いです。手術頑張ったご褒美でございます。
お菓子の出来栄えはいかがでしょうか?
内緒でご感想をお聞かせください。

to:kinoさん
帰山人 URL [2014年06月01日 22時12分]

これは失礼いたしました。見舞いでしたネ(^^;)
…オペ中に喋りまくって楽しんだ褒美…土産じゃん!
松露糖は舌で、艶干し錦玉は目で楽しんでます、謝謝。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/691-5f57e771
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin