日本プレスティージコーヒー協会

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:日本珈琲狂会 [2014年04月01日 00時00分]
虚珈新聞ロゴ
虚珈新聞 2014(平成26)年4月1日
 
「コーヒー界に新たな団体 日本プレスティージコーヒー協会」 嘘か?真実か?
 
「日本コモディティコーヒー協会」(Commodity Coffee Association of Japan:略称CCAJ)の一部が分裂して、新たなコーヒー団体が設立される見通しであることが分かった。「日本プレスティージコーヒー協会」(Prestige Coffee Association of Japan:略称PCAJ)が新たな団体の名称で、早ければ1日にも創設と同時にその活動を開始する予定。これまで「日本スペシャリティコーヒー協会」(略称JSCA)に対抗しうる唯一の団体といわれていた「日本コモディティコーヒー協会」(CCAJ)であるが、その創設者である鳥目散帰山人氏が自らの団体を外れる形で、改めて「日本プレスティージコーヒー協会」(PCAJ)を設立し自らが初代会長となると発表した。残ったCCAJ幹部は鳥目散帰山人氏の除籍を検討する。
 
 PCAJ資料
PCAJ会長となる鳥目散帰山人氏は、「CCAJを創設してから約3年半、この間にコーヒー界は何も変わっていない。当初は‘アンチ・スペシャルティコーヒー’を標榜する同志の鼻息も荒かったが、最近では『スペシャルティの存在意義がようやくわかった』などと転向する者が後を絶たない。‘スペシャルティはコモディティの別称である’というCCAJのボトムアップからの改革は成功していない。そこで、従来のコーヒー階層を超えた圧倒的な威光による‘プレスティージコーヒー’を新たな闘いの手法として、私はコーヒー界を変えることにした」と語る。こうした氏の動向に対しては、CCAJやJSCAの一部会員をはじめ日本コーヒー界の各所より、「またか」「団体つくりすぎ」「活動の実態がない」「へそ曲がりなだけ」「口を慎め」などと厳しい意見が寄せられている。また、「プレスティージの語源は‘欺瞞’や‘妄想’なので氏の団体としてはコモディティよりも相応しいともいえる」と痛烈な皮肉をいう声も聞こえた。
 
前途多難な「日本プレスティージコーヒー協会」(PCAJ)であるが、その方針の一つは「フロム・シード・トゥ・カップ」(From Seed to Cup)。このテーマは「日本スペシャリティコーヒー協会」(JSCA)と被っているが、PCAJ側は「プレスティージコーヒーの威信と名声を駆使し、あらゆるコーヒーの競技会でシード権を確保して有利に戦いを進めて優勝カップを獲る。当協会のテーマは‘シード権から優勝カップへ’の意味だ」としている。鳥目散帰山人氏率いる新団体PCAJの強引な姿勢がコーヒー界の第3極を生み出すのか、あるいは古巣のCCAJとの和解やJSCAへの合流などで再編が進むのか、しばらくは予断を許さない局面が続く。
 
 ※「虚珈新聞」(キョコーシンブン)は「日本珈琲狂会」(CLCJ)が発信する不良メディアです。
 
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
じょにぃ URL [2014年04月01日 12時51分] [編集]

帰山人さん。

天下三分の計
はたまた連邦・エヴーゴ・ティターンズ
と言ったところでしょうか。
3という数字は調和と変化と緊張を
もたらす能力があるのでしょうか。
この新聞、なんだかワクワクします。

No title
- URL [2014年04月01日 13時21分]

ハッピーエイプリル!! こちらは、Spitting coffee Association で行こうかしら。もちろん、From Seed to Cup の Cup は----。評価対象に飲まれてはいけません。より高度な審査を行うためには Dowsing します。人知れず世界を飛び回り銘品を探す Dowser もいます。

to:じょにぃさん
帰山人 URL [2014年04月01日 14時16分]

「人が珈琲を飲むのは、地球が憂愁の重みで沈むのを避ける為だ。そして珈琲を飲む人類は、その生活圏を拡大したことによって、人類そのものの力を身に付けたと誤解をして、SCAAのような勢力をのさばらせてしまった歴史を持つ。それは不幸だ!もうその歴史を繰り返してはならない。」

to:-さん
kisanjin URL [2014年04月01日 14時41分]

Spitだろうが、Spewだろうが、Specialtyと然して変わらない気もするけど…
あぁ、Dowserは有り難い、Drowse蔓延の業界の中では…

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/670-5177d6ad
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin