ゾンビ山で逝く

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:大会編 [2014年03月24日 23時30分]
走友ちんきーさんの車の助手席で過去の苛酷を想いながら、大会へ向かう。2009年は「ゾンビ山を往く」、2010年は「ゾンビ再び山を往く」、2011年は大会中止、2012年は「ゾンビ必至で山を往く」、2013年は不参加…2年ぶり4回目の参加となるトレイル大会、名付けて‘地獄の新城’。気も体も腐ったまま(?)「愛知県民の森」に…私は帰ってきた!
 
2014年3月23日
『OSJ 新城トレイル 32K』 32K
 
ゾンビ山で逝く (1) ゾンビ山で逝く (2)
スタート前、走力躍進中のちんきーさんは‘怖い’と言うが、走る気がない私は何も感じない…走る前から‘ゾンビ’じゃねぇか。それでも、走友K谷さんにも会って、楽しく後尾スタート。
 
ゾンビ山で逝く (3) ゾンビ山で逝く (4) ゾンビ山で逝く (5) ゾンビ山で逝く (6)
不動滝を見ながらボチボチ走るが、異様に体が重い。渋滞で楽なハズの最初の急登でも、不調を嘆くK谷さんと2人でハアハア。底の減った靴で下りもズルッ、オッと連発。それでも木和田林道は気持ち好く駆けて、風穴コンチハ。キャンプ場からシャクナゲ尾根へ…何と一気に登れないで小休止、ダメだこりゃ。息苦しさと体の重さが、クランプ頻発を予告する。
 
ゾンビ山で逝く (7) ゾンビ山で逝く (8) ゾンビ山で逝く (9) ゾンビ山で逝く (10)
遅れていたちんきーさんにもK谷さんにも、「お先にどうぞ」の東尾根。展望台から眺める宇連山が何とも遠く感じる。北尾根に入って最初の登りでクランプ発生、来るのが早過ぎ。座り込んでいるうちにほとんど最後尾、シュートン沢下りも林道もヨロヨロ。亀石の滝の関門(約13km)へ約3時間で到着。K谷さんの再始動を見送りながら、私は喫煙一服休憩。
 
ゾンビ山で逝く (11) ゾンビ山で逝く (12) ゾンビ山で逝く (13) ゾンビ山で逝く (14)
水量少ない滝を見上げながら再始動…と、強烈なクランプで再停止、コレはまずい。滝沢の急登にかかる前から完全なる‘ゾンビ’完成、コレでは先が見えない。西尾根へノロノロと登り出て、対面通行で駆け下る先行走者を眺めながら再び喫煙休憩。巻き道の下りも走れない状態、北尾根へ向かう分岐で‘ギブアップ’を考え迷う…否、ゾンビ進軍を続行だ。ゾンビ仲間を励ましながら、宇連山分岐(約17.7km)で約5時間45分経過し、宇連山へ。
 
ゾンビ山で逝く (15) ゾンビ山で逝く (16) ゾンビ山で逝く (17) ゾンビ山で逝く (18)
クランプで唸り止まる頻度が短くなる。這い登るようにして宇連山頂、スタッフの無線がスイーパーの接近を告げる。走れるハズの森のシングルトラック下りも半ば歩く。天気良し、景色良し、気分も良しだが、体だけが悪い?棚山高原のエイドでハイドレ給水。次の棚山迂回路のエイドで…ついにスイーパーが来た。振り切るようにヨロヨロと始動するが、スグに強烈なクランプ。発作の終息待ちに喫煙一服、そこへ再びスイーパーK浦氏。再始動するが、またクランプ停止。時計を見る…もう時間内完走はムリ、このまま進めば迷惑山走。ちょうど独りコース2周目を走る望月将悟氏に励まされたのを機に、自主棄権を決断。森の中、計測タグをK浦さんに渡して、私のヨレヨレダラダラの‘ゾンビ’大会走は終わった。
 
タイム 記録無し(DNF:約24.5km地点、約7時間50分経過で自主棄権)
 
ゾンビ山で逝く (19) ゾンビ山で逝く (20) ゾンビ山で逝く (21) ゾンビ山で逝く (22)
迎えに来たスタッフと棚山迂回路エイドまで走り戻り、新城市の軽トラに載せていただいて「県民の森」フィニッシュ地点へ。先着していたちんきーさん(7時間20分台の好記録完走)K谷さん(途中転倒しながらも完走)に合流して、暫しの反省談議。K谷さんと別れて、ちんきーさんと帰路につく。会場の寒桜は見事に咲いていたが、死体となって山を往く‘ゾンビ’がもう一度逝って、私の「新城トレイル32K」は4度目で散ってしまった。それでも面白くて楽しかった、でもやっぱり満ち足りたとは言えないが…逝った‘ゾンビ’は、再び甦るのか?
 
コメント (6) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2014年03月26日 00時02分]

新城お疲れ様でした&ありがとうございました。
自分的には大満足の大会でした。
これもスタート前に帰山人さんに背中を押してもらったお陰ではないかと。
自分は今年はこの調子でいけたら良いなと思っていますが帰山人さんのアドバイス通りあまり調子に乗らない様に気をつけたいと思っています。
後「帰山人さんの復活!」期待してますm(_ _)m

No title
しらちゃん URL [2014年03月26日 23時25分] [編集]

写真を見た限りでは、このコースはけっこう好きになれそうだな。ただ、距離とタイムで考えるとキタタンよりもきついのかも。今回は毎年恒例の川崎市の駅伝と日程がぶつかっていました。

それにしても、ここを2周目の人に抜かれる気分ってどんなもんだろうね。ふだんは絶対に見ることのできないトップ選手の走りを見られて感動か、その程度の自分の脚力に幻滅か(笑)

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2014年03月27日 16時48分]

ちんきーさんの破竹の勢いは気持ちが好いねぇ。私の‘復活’…その気になるのかどうか…私にもわかりません^^;;

to:しらちゃん
帰山人 URL [2014年03月27日 16時59分]

あ~距離の割には'きつい’ところでは屈指のトレイルレースでしょう。でも、面白いヨ^^/
ま、抜かれる気分がどんなか?ってよりも、スタート前の「望月さんは2周走るそうです」ってアナを聞いた段階で、私のようなヘッポコじゃなくても、「…ハハハ、あ、そう」としか反応できませんって(笑)

No title
しんろく URL [2014年03月28日 01時20分] [編集]

お疲れ様でした
過酷なレースで完走は大変そうです。
帰山人さんのチャレンジする姿勢に走る気持ちが引っ張られてます。
もうすぐ まいばら2k+12k、練習開始といきますか

to:しんろくさん
帰山人 URL [2014年03月28日 13時38分]

そもそも完走を‘平気’で逃す人が出てはならないレースでした…しかし、‘平気’の先にも‘光明’があるのではないか、などとも…
「まいばら入江干拓」をしんろくさんが走り終えた頃、私は「掛川新茶」で再び苛刻を迎えているでしょう(笑)

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/668-8d016848
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin