デミタス カオス

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2014 [2014年03月16日 01時00分]
「デミタス」(demi‐tasse)の世界は、調和がとれて秩序だっている「コスモス」(kosmos)か?
 《「失礼ながら一言……ドゥミタスはエスプレッソとはちがいます。できますれば三〇分くら
  い時間をかけて飲んでいただきたい。温度変化による味わいのちがいを楽しんでもらい
  たいもので……」 エスプレッソを飲むみたいに、二口、三口で飲み干そうとしたら、カウ
  ンターの向こうから、やや時代がかった台詞でやんわりたしなめられた。》
  (嶋中労:著『コーヒーに憑かれた男たち』/中央公論新社:刊)
少なくとも、コーヒーに憑かれた連中が語る「デミタス」は、社会に不調和で疲れそうな感じ…
そんな頭のオカシイ連中の話より、美術館にでも行って「デミタス」の世界を探った方がマシ。
 デミタスカオス (1) デミタスカオス (2)
 
「デミタス コスモス 宝石のきらめき★カップ&ソーサー」 岐阜県現代陶芸美術館
 
 デミタスカオス (3)
東京在住の鈴木康裕・登美子夫妻が40年にわたって収集した18世紀から20世紀前期の
デミタスのカップ&ソーサー約300点が、マイセン、セーヴル、ロイヤルウースター、ロイヤ
ルクラウンダービー、ミントン、コールポート、コープランド、ロイヤルドルトン、ウェッジウッド、
KPMベルリン、ニュンフェンブルク、ローゼンタール、ロイヤルコペンハーゲンなど窯や工房
の別で展示されている。陶磁史としてどうのこうの言うよりも、コレクション自慢として立派だ。
必ず夫妻2人で相談して購入してきたというデミタスのカップ&ソーサーは、好んで集めたと
いう気軽さがかえって燦燦とした‘きらめき’を呼んでいるのだろう。肩肘張らずに、好ましい。
 
 デミタスカオス (4)
鈴木康裕氏が‘お気に入り’というKPMベルリンの上絵金彩花文(172)やカールスィーム工
房上絵金彩リスト図(205)、登美子夫人が‘お気に入り’というウィーンの上絵金彩菫のリー
ス図(223)なども美しいが、エルバート・H・ゲイリー(USスティール取締役会長:「安全第一」
の生みの親)の注文品であるロイヤルクラウンダービーの上絵金彩果実飾り文(97)も好い。
また、セーヴルの上絵金彩花のガーランド図透彫(31)は、『珈琲交響楽 5』(味の素ゼネラ
ルフーヅ:刊)に載っている「コーヒーカップのコレクター」ルタレックさんの同型よりも尚一層
美しい、見事。だが、展覧会全体を通じては、解説がありきたりの名窯紹介に留まっていて、
テーマが「デミタス」であることに焦点を当てては踏み込めていないことが、いま一つ惜しい。
 デミタスカオス (5)
 
 《デミタスの起源について、「1806年にナポレオンがイギリス製品をボイコットする大陸封
  鎖令を発したことから、ヨーロッパ諸国で砂糖やコーヒー豆が極端に不足した。このこと
  がきっかけでチコリコーヒー(チコリや穀物を焙煎した、カフェインを含まないコーヒー風
  味の飲み物)などの多くの代用品が生まれることになる。こうしたなか、ローマのカフェ・
  グレコの3代目オーナー、サルヴィオーニは、苦肉の策としてそれまで出していたコー
  ヒーの量を3分の2にして、価格を下げることで当座をしのいだ。」とする説もある。前段
  については周知事項であるが、後段部分は、今回出所を特定することができなかった。
  よって、このことのみでデミタスの起源とすることは早計と考え、本稿では参照していな
  い。》 (立花昭「デミタスの登場と展開について」 註3/『デミタス コスモス 宝石のきらめ
  き★カップ&ソーサー展覧会図録』)
 デミタスカオス (6)
立花氏(岐阜県現代陶芸美術館学芸員)の判断は適確であるが、強いて言えば《前段につ
いては周知事項》とする中身にも、「コーヒーの代用品となる以前からチコリや穀物は飲用
摂取されていた。むしろコーヒーはチコリ飲料の代替として拡散した可能性すらある」という
課題が残っているのであって、やはり大陸封鎖令云々をデミタスの起源とすることは早計?
「デミタス」の世界は、調和がとれて秩序だっている「コスモス」か?…否、「デミタス」の世界
は、無秩序で雑然たる「カオス」(chaos)である。‘混沌’だから面白い、「デミタス カオス」だ。
 
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
URL [2014年03月16日 09時42分]

はるかぜ風デミタスクリーン

No title
シマナカロウ URL [2014年03月16日 12時54分]

帰山人様
〝頭のオカシイ連中〟はよかったな。
たしかに、あの連中は〝くるくるぱー〟だ。
それにしても40年にもわたり、よくもまあ、
あの連中と倦かずにつき合ってきたもんだよ。
こっちだって危うく〝ぱー〟になっちまうところだ。
くるくるぱーの卸元でもある閣下も他人事じゃない。
それ以上〝ぱー〟が進行しないように気をつけてね。

to:風さん
帰山人 URL [2014年03月16日 17時53分]

ん?春風亭小杯とでも…

to:シマナカロウさん
帰山人 URL [2014年03月16日 18時24分]

ロウ師、〝ぱー〟と〝天災〟は紙一重と言いますから避けるに避けれません。今後も倦かずにお付き合いください。但し、私の〝ぱー〟は‘per-spect’のパーですから心配するに及びません。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/665-bbaef934
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin