Feels Like HELL

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:日本珈琲狂会 [2014年02月06日 00時00分]
日本珈琲狂会(Coffee Lunatic Club of Japan:略称CLCJ)は、2010年の2月6日に生まれた。創設4周年を迎えた今般、2月6日に生まれた人人の箴言を糧にコーヒーを想う。
 
 《ほんとうの正義というものは、けっしてかっこうのいいものではないし、そして、
  そのためにかならず自分も深く傷つくものです。》 「あんぱんまんについて」
  (絵本『あんぱんまん』フレーベル館:刊)
  やなせたかし(1919年2月6日生まれ)
 「ほんとうの珈琲というものは、けっしてかっこうのいいものではないし、そして、
  そのためにかならず自分も深く傷つくものです。」
 
 《あなたと一緒では苦しすぎる。でもあなたなしでは生きられない。》 映画『隣の
  女』〔La Femme d'à côté〕
  フランソワ・ロラン・トリュフォー(1932年2月6日生まれ)
 「珈琲と一緒では苦しすぎる。でも珈琲なしでは生きられない。」
 
 《君の命には、黄金なんて比べ物にならないほどの価値がある。》
  ‘Your life is worth much more than gold.’ 歌詞“Jamming”
  ボブ・マーリー(1945年2月6日生まれ)
 「私の珈琲には、命なんて比べ物にならないほどの価値がある。」
  ‘My coffee is worth much more than life.’
 
 《気が狂うという自分の声が頭の中にひびいて それがとっても気持ち悪くて
  なんか気持ちが悪くて 気が狂いそう》 漫画『失踪日記』(イースト・プレス:刊)
  吾妻ひでお(1950年2月6日生まれ)
 「珈琲に狂うという自分の声が頭の中にひびいて それがとっても気持ち好くて
  なんか気持ちが好くて 珈琲に狂いそう」
 
 
日本珈琲狂会は、コーヒーで「世界を変える」などとは言わない。コーヒーに「こつの科学」も「おいしさの方程式」も求めない。それでも、真正に美味いコーヒーは来るのか?日本珈琲狂会の4周年を記念して、コーヒーに最好の‘コモディティ’を求めた。そして、できあがった『キット クリュ カフェ』。‘Kit Cru Cafe’は、「奇態(K)・異様(I)・突飛(T)」に産み出されるコーヒーである。そして、『キット クリュ カフェ』は真正に美味いコーヒーとして…きっと来る
 Kit Cru Cafe (1) Kit Cru Cafe (2)
 
 ♪Oooh Kit Cru Kit Cru 奇説は黒く
  Oooh 限りない 輝きをあなたに贈る
  Oooh Feels Like Hell Feels Like Hell 雲の切れ間に
  Oooh Feels Like Hell Feels Like Hell 悪魔が見える♪
 
 ♪Oooh Kit Cru Kit Cru 軌跡は黒く
  Oooh 遠ざかる 幻をあなたに贈る
  Oooh Feels Like Hell Feels Like Hell 雲の切れ間に
  Oooh Feels Like Hell Feels Like Hell 悪魔が見える♪
 
 ♪Feels Like Hell♪
  
5年目を迎える日本珈琲狂会と、その主宰である鳥目散帰山人は、孤往独邁の珈琲狂として、コーヒーのすべてを徹底的に追究する。たとえ世界を滅ぼしても、「コーヒーに生きる」…
 
コメント (8) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2014年02月06日 23時22分]

日本珈琲狂会創設4周年おめでとうございます。
今年もご活躍期待しておりますm(_ _)m

真岡のソワカフェです。
蒲谷英和 URL [2014年02月06日 23時46分] [編集]

5年目もよろしくお願いします。
暗黒面の底までも追いかけてまいります~

No title
シマナカロウ URL [2014年02月07日 10時22分]

帰山人様
日本珈琲狂会創設4周年、おめでとうございます。この狂会が今日もなお隆盛なのは、ひとえに風狂人である閣下がやりたい放題、言いたい放題で奮闘してきたおかげ。まことに慶賀に堪えません。わが愚妻は閣下のこさえたブレンドこそ〝御三家〟や〝大坊〟、それ以外の有象無象を超えるもの、と絶賛しております。単なる毒舌家ではなく、技術者としても一流と太鼓判を押しているのであります。「馬馬ブレンド」と「芳醇灰汁口ブレンド」は最高の出来でした。さらなる研鑽が積まれんことを、草葉の陰から祈っております。南無。

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2014年02月07日 23時05分]

ありがとう…活躍…さて何をしましょうかネ(笑)

to:蒲谷英和さん
帰山人 URL [2014年02月07日 23時10分]

え?ダークサイドも追いかけてくるの?…じゃあ追い抜いてくださいナ

to:シマナカロウさん
帰山人 URL [2014年02月07日 23時23分]

ロウ師、誉め殺していただきましたが、まだクサバに逝っちゃあいけません。せめてシャバの陰あたりで共に奮闘いたしましょう。

No title
ナカガワ URL [2014年02月08日 01時02分]

「----このブログで示される思考は、〈分かりやすさ〉や〈自分が知りたい〉ことではなく、自らを裏切らないことの大切さと同時に、自らに誠実であることの困難さを示している。
独特の辛口ブログを通じて、共にある、という喜びを分かち合う友人を失うことすら恐れずに、自らの思考の働きに忠実であろうとしたキサンジンセンセに、危機の時代に必要な人間の営みとはなにかを、現代のわたしたちは問い返されているのだ----」うんうん、ぴったりです。
「コーヒーの起源」とか「コーヒーの条件」をブログにしたためつつ、「----キサンジンセンセの「珈琲の嵐」がもたらすのは、知識ではありません。善悪を区別する能力であり、美醜を見分ける力です。センセが望むのは、考えることで人間が強くなることです。危機的状況にあっても、考え抜くことで破滅に至らぬよう。ありがとう」ふむふむ、ぴったりです。

to:ナカガワさん
帰山人 URL [2014年02月08日 12時26分]

「アイヒマンには悪魔的な深さがない。彼は嗜好不能だったのだ」「嗜好の嵐がもたらすのは、知識でもなければ、善悪を区別する能力でもなければ、美醜を見分ける力でもない。帰山人が望むのは、思い及ぶことで自らが強くなること。危機的状況にあっても破滅に至らぬようにするためには、考え抜くことや思い巡らすことよりも前に、思い付くことや思い及ぶことが必要なのだ」……思い付くことこそ思い寄ること、思い及ぶことこそ思い遣ること…アーレントがコーヒーと煙草をもっともっと嗜好していれば、考え抜く前に解けただろうに。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/654-32f02cf5
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin