あしたのJCS 後篇

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2013 [2013年12月05日 01時00分]
「明日があるさ」(坂本九:歌/青島幸男:詞/中村八大:曲)が発売された1963年12月1日より半世紀を経て、創立20周年を迎えた「日本コーヒー文化学会」に明日はあるか?
 
【JCS年次集会当日 2013年12月1日】
 
 明日のJCS (11) 明日のJCS (12) 明日のJCS (13)
冬晴れの朝、山谷の宿から隅田川沿いに東京スカイツリー直下まで往復約10kmを走る。
 
 明日のJCS (14)
「カフェ・バッハ」
ケンヒェン(2杯分ポットサービス)第3弾の‘アウスレーゼ’でパナマ・ドンパチ・ブルボンと‘モンブラン’の組合せで朝から憩う。ドンパチのブルボンは、甘い香味に力強い深みあり、柑橘系の香りもそこそこ…ティピカの方がパナマらしいかナ(?)。娘が来て合流、マラウィを薦め、おかわりのエチオピアを付き合い、シュトレンを土産に…バッハの朝は好い朝だ。
 
 明日のJCS (15)
地下鉄車内で娘と別れて神保町へ。昼食にエチオピア(本店1階)でチキンカリー(4倍)。
 
 
「日本コーヒー文化学会 第20回年次集会」 (学士会館)
 
開会直後、「前回(6月総会)に来れなかったから」と律儀にも来会した上島達司氏(UCC上島珈琲会長)の祝辞、「新装したUCCコーヒー博物館ではコーヒー切手にも注目して…有馬の切手文化博物館と共に神戸を『切手City』にしたい」と…面白い発案、流石である。
 
講演Ⅰ 「イギリスの最新事情とコーヒーの歴史」 小林章夫(JCS会長)
2002年よりサバティカルで約1年間暮らして以来、約10年振りに10日ほどイギリスに滞在した、と。「で、イギリスはあまり変わらない。で、食べ物はおいしくない。で、コーヒーもまずい。で、ホテルのコーヒーは味が麦茶みたい、エスプレッソバーはイギリス人がやっている店はまずい。で、コスタもまあこんなもんかなぁ程度。で、やっぱりまずい」と…で?
 
講演Ⅱ 「愛され続ける伝統文化 トルココーヒー」 細川直子(トルコ文化研究家)
1988年より約25年イスタンブールに在住、「25年前はトルココーヒーかネスカフェだけ、現在はフィルターコーヒーも増えてきた」と。‘トルココーヒーの誕生とその広まり’は、確度も新味も無い話。他方で、チャイとの対比話、トルココーヒーマシン普及話(トルコのスターバックスでも使用)、‘kahvaltı’(カフヴァルトゥ=コーヒーの前)朝飯話、などは興味深い。
 
講演Ⅲ 「脚光を浴びているパナマ(ナチュラル)コーヒー」 鈴木太郎(サザコーヒー)
そもそも演題を「いちばんおいしい パナマ・ゲイシャ・ナチュラル」に変えて、350.25USドル/ポンドで落札した‘Best of Panama 2013’のエスメラルダ豆の話…気勢ばかり。もっとも、「パナマのエスメラルダ農園でこっそりポケットに入れたコーヒーがコロンビアの自社農園でスクスク育っている」という聞き捨てならない話も出てきて、面白くもあったが…
 
分科会 焙煎・抽出委員会 「長時間焙煎と短時間焙煎」
山内秀文委員長による「焙煎時間と風味」に関する課題提起。前段は『田口護のスペシャルティコーヒー大全』に拠って‘加水分解エリア’通過と香味の関連、後段は香味の嗜好や官能に討議が拡散。来春にバッハで実践検証する会合予定、と。いずれにしても、物理と化学と官能と生理と工学と商業…視角や論点が綯い交ざり易い課題は統馭が難しいナ。
 
 
散会後、山内さんと神田まで、互いコーヒー話に夢中で迷い歩き(笑)。日本コーヒー文化学会(JCS)は創立から20年を経て…今は、彼は誰時であるのか、誰そ彼時であるのか。「明日があるさ」…明日はあるか? あしたはどっちだ? 帰途、新幹線の中で想い巡らせた。
 
コメント (2) /  トラックバック (0)

コメント

No title
y_tambe URL [2013年12月07日 19時18分] [編集]

おー、来春の検証の際はまた是非私にも声かけてください。

to:y_tambeさん
帰山人 URL [2013年12月07日 23時41分]

あ~、声かけるも何も当然に来ていただかなきゃなりません(笑)

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/633-86962069
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin