常懐かし

ジャンル:学問・文化・芸術 / テーマ:art・芸術・美術 / カテゴリ:観の記:美面 [2013年11月16日 23時30分]
丹羽長秀が「清須会議」の後に「賤ヶ岳の戦い」を経て「小牧・長久手の戦い」(1584年)で守備したといわれる久保山砦。その約350年後、久保山に「常懐荘」を竹内禅扣が建てた。さらに約80年後の今秋、存続が困難となった「常懐荘」は売却先を探しながら門を閉じる…
 常懐かし (1)
 
「常懐荘アートマルシェ FINAL ―おわりのはじまり―」
 
 常懐かし (2) 常懐かし (3) 常懐かし (4)
自宅から1時間ほど走って、常懐荘(じょうかいそう)を会場とした2日間だけの美術展へ…常懐荘の‘常懐(とこなつ)かし’は“常に心惹かれる”の意らしいが、常どころか初に訪ねてファイナルとは…。まずは2階の和室へ、柴田さやか氏と歓談しながら、氏の出品作を観る。今般は畳に挿したか…彼女のインスタレーションは、表現こそ一見は柔らかいが、空間の素地を利するに容赦ない。優しいようで厳しい、その折衷の風合いは建物そのものに同じ。
 
 常懐かし (5) 常懐かし (6) 常懐かし (7)
常懐荘の部屋に廊下に階段にトイレに庭に、その他14人のアーティストの作品も観廻る。窓から見える景色も、建物を行き交う作家と来場者も、「常懐荘」という作品に感じられる? さて、常懐荘に再生はあるか?…「逍遥し常懐かしき作を見ば もとの屋敷を我は訪ねむ」
 
 常懐かし (8) 常懐かし (9) 常懐かし (10)
帰途、「小牧山城築城450年記念」を掲げる小牧市の‘大うつけ’事業(?)で敷設された「信長 夢・チャレンジ街道」に寄り道、シール標識に従って、小牧駅から小牧山まで走る。
 常懐かし (11) 常懐かし (12) 常懐かし (13)
 
織田信長の小牧山城は築城して僅か約4年後に廃城となり、後の「小牧・長久手の戦い」では徳川家康が本陣を置いた。羽柴秀吉軍の丹羽長秀にとっては、自らが奉行として築いた城が敵陣の本拠となって、これにより敗退させられた…‘常懐かし’どころでは無かったか…「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり」…常懐荘は‘おわりのはじまり’か?
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/628-4ff8f81b
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin