秋の森のキセキ 其の一

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:大会編 [2013年10月05日 01時30分]
2年前は前日に別の大会があったので不参加、1年前は台風の影響で大会自体が中止
3年振りで4回目の大会参加を楽しみに、鬼久保ふれあい広場へ…私は帰ってきた!
 秋の森のキセキ1 (1)
 
2013年9月29日
『三河高原トレイルランニングレース 2013』 24K
 
 秋の森のキセキ1 (2) 秋の森のキセキ1 (3) 秋の森のキセキ1 (4)
受付後、走友K谷さんとお連れのT本さんに再会合流、談話して待機。爽やかに雲高い
秋の青空の下、後尾でスタート。今般は、走るも歩くも止まるも撮るも全て気の向くまま、
焦らず急がず秋の森を楽しみ進む存意。八ヶ岳スーパートレイルで引いた風邪が残る
K谷さんとのんびり談話しながら走る。コレ、おんたけウルトラトレイルの再現だナ(笑)。
第1エイドを過ぎて森の中、自走ローラーコースター状態がやってくる、待ってました~!
だが、その先の林道上りでハアハア…「先に行って」とK谷さんに遅れて背を見て進む。
 
 秋の森のキセキ1 (5) 秋の森のキセキ1 (6) 秋の森のキセキ1 (7)
第2エイド手前の急下りで先行するK谷さんの姿が消えたゾ、ハハ~ン渋滞気味の数
珠繋ぎに焦れて前へ出たナ。私はエイドでスタッフと談笑してアンパンをモグモグ(笑)。
 
 秋の森のキセキ1 (8) 秋の森のキセキ1 (9) 秋の森のキセキ1 (10)
コース後半、今回は数は少ないが早くから登場した名物(?)の倒木、障害物競争か?
左の脛と脹脛が半攣り気味だが、酷いクランプは出ないだろう。強い陽射しも木木で遮
られ、気温の上昇も思ったほどではない。自身が森のそよ風になった感じで面白いナ。
第3エイドを過ぎて林道を走る、オッと往路でチェックしておいたススキ野拡がる風景を
じっくり観賞しなくては。最後は加速、5分先着のK谷さんに迎えられて、フィニッシュ!
 
タイム 2h57分36秒
 
 秋の森のキセキ1 (11)
K谷さんとタバコを喫して待てば、T本さんも無事フィニッシュ。その後も駐車場で延延と
喋りっ放した。大会ワースト記録は予定通り?ユルい気構えの帰責でもあるが、ユルい
遊び走りの軌跡でもある…“秋の森のキセキ”の第1弾、「三河高原TRR」を満喫した。
 
※帰り際に携行していたデジカメを紛失したが、その後に大会事務局へ届けられ、無事
 に私の手元へ戻った。拾い届けた方と大会関係者に深謝。コレまた“秋の森の奇跡”。
 
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2013年10月13日 15時14分]

出る出ると言いながら早数年・・・
来年こそ!
(確か去年もこんな感じのコメントだったのでは・・・)

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2013年10月13日 18時39分]

ちんきーさんが走り始めた三河高原、ちんきーさんがなかなか出れない三河高原、何だか因縁めいているようですが、そこらへんは忘れて、アノ森のコースター走、気負わずに行きましょう!

No title
しんろく URL [2013年10月15日 21時08分] [編集]

デジカメ戻ってきてよかったですね

少し前、次男がじいちゃん(私の父)とドライブに出かけ、道の駅で3DSを落としてきたらしいのですが、問合せても落し物の届出が無くセチガライ世の中ということを知らされました。

to:しんろくさん
帰山人 URL [2013年10月15日 23時50分]

本当に…世智辛い世でデジカメが戻ってくる…感謝とともに‘世智’とは慈悲なのだと感じています。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/616-1489d7f3
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin