喋る標的

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2013 [2013年10月03日 01時00分]
ポール・ニューマンが死んだ2008年9月27日(JST)より5年後、夜行の高速バスが休憩の停車。映画『動く標的』(Harper)のニューマンはコーヒーをセカンドドリップ(?)したが、私は夜明ける海老名SAで、湯を沸かし豆を挽きネルで淹れたコーヒーを喫していた。
 
 喋る標的 (1) 喋る標的 (2)
バスが着いた新宿から真っ直ぐ向かうは「大坊珈琲店」。開店1時間半前だが構わずに店の扉を開けてズカズカと入る。閉店する経緯やストレスで患った脱毛の話など、カウンターを挟んで焙煎中の大坊勝次氏と喋りまくり。今般の大坊夫妻は、私の焙煎環境の実態や業務用焙煎機各種の差異や特性を訊ねてくる…大坊さんは燃え尽きてはいない、まだ焼くつもりだ…ヨカッタ。そのまま開店時間となり、爽やかで甘苦いブレンドを飲んでいると、別に焼いたもう1杯を翫味し比較して意見せよ、と…大坊さんは止まっていない、まだ進むつもりだ…ヨカッタ。だが、店を出て青山通りに出ると、つい振り返って暫く外観を見上げてしまう、やはり心寂しい。いや、‘コーヒーに疲れない人’大坊勝次氏との腕比べは決着がついていない、ニガマとサナマの探求も終わっていない…まだ、これからだ。
 
 喋る標的 (3) 喋る標的 (4)
「SCAJ ワールドスペシャルティコーヒーカンファレンス アンド エキシビション 2013」へ。会場ビッグサイトに着けば、もう正午近い、今般は会期最終日の半日で見学。まずは毎度の如くバッハのブースへ…ん? SCAJの会長が自分の店にも贈った感謝状を見て思わず笑う。生豆やら焙煎機やら抽出機やら、ズラリと並んだブースを冷やかし訪ねるが、際立って新味のある展示は見受けられない。SCAJ設立10周年ともなれば、カンファレンスもエキシビションも‘偉大なるマンネリズム’? それでも業界の内緒話は仕入れたが。
 喋る標的 (5) 喋る標的 (6) 喋る標的 (7)
最も面白いブースは、“YEMEN COFFEE PROCESSING CO.”と“Ospina Coffee Asia Company”であった。ローストマスターズチャンピオンシップ2013も暇潰しに眺めたが、見るほどに聞くほどに実のない講評が続く…やはり現実は虚珈にも劣るようだ。催事全体では、熱気溢れるというよりも、やや落ち着いた雰囲気、熟れたか弛れたか?
 
挨拶攻め握手攻め撮影攻めに合い続けていた田口護氏の体が空いたのは閉幕後、私と2人で喫煙所に向かうも、そこでも台湾から来た若きファン(?)が追い縋って記念写真を求める始末(笑)。バッハ一行と一緒に店へ戻り、打ち上げ夕食会にも混じることに。その後も定休日のカフェ・バッハ店内で、SCAJ会長の鎧(?)を脱いだ畏友・田口さん、番頭の中川さんと私の3人で、コーヒーやら料理やら文化やら社会やらバカ話を延延と喋りまくり。いやはや田口護氏もまた、‘コーヒーに疲れない人’である。気がつけば深夜25時過ぎて…まだ話題は尽きないが、この続きはまた後日? 翌朝、店の隣の宿「ほていや」で湯を沸かし豆を挽きネルで淹れたコーヒーを喫した後に、改めて「カフェ・バッハ」へ。インディアにバタートースト、コスタリカにタルト・オ・ポワール、飲んで食べてを満喫。
 
 喋る標的 (8) 喋る標的 (9) 喋る標的 (10)
銀座へ移って散策中、「スターバックスコーヒー 銀座マロニエ通り店」2階に期間限定で開いている“Starbucks Doppio Bar”(スターバックス ドピオ バール)へ寄り、フォーム・ドピオ・エスプレッソ(アーモンドクロカント付)を飲む。…ん? スタンディングバールのハズが立ち飲みしている客は私だけ(笑)。クルーから新メニューの感想を求められて、「エスプレッソもミルクも味が弱くてパンチに欠ける、ショットドリンクである意味が無い」と正直に悪く言っている客も私だけ? その後、文庫化された『銀座ナイルレストラン物語』を読みながら、久しぶりに「ナイル」でムルギランチを「完璧に混じぇて食べる」フリをしながらも全面的に混ぜないで食べて(笑)、有楽町で「秋田けけけ祭り」の竿燈を観てから、帰途に就いた。今般の上京、結局はSCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)催事も細事であり、大坊勝次と田口護の両氏との談議が大事の‘Talking Target’「喋る標的」だった。
 
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
teaR URL [2013年10月14日 18時00分] [編集]

SCAJあるの本気でわすれてました…。もうコーヒー飲む資格ありません(笑)

to:teaRさん
帰山人 URL [2013年10月14日 20時41分]

忘れても大丈夫。だってスペシャルティコーヒーってのは、コーヒー‘吐く’連中のモノですよ。コーヒー‘飲む’資格は、忘れた人たちにこそあるのです。

No title
じょにぃ URL [2013年10月15日 10時14分] [編集]

帰山人さん
こんにちは。

SCAJで田口さんとゆっくりお話しするのは難しそうですね。

今週出張を利用して
金曜日大坊さんに行きたいと考えています。
おそらくこれが最後になると思うので
今回はしっかりご挨拶してきたいと考えています。
前回はご主人もいらっしゃいましたが
今回は少し遅くなりそうなので
もしかしたら会えないかもしれません。
その時はその時で仕方がないと腹をくくります。

to:じょにぃさん
帰山人 URL [2013年10月15日 23時41分]

今回の田口さんは特にモテモテだったようで^^;…SCAJ初日は朝から晩までトイレに行く隙すらなかったそうですよ。
大坊さん、会えたらヨロシクお伝えください。でも、最後だったらアノ空間とアノ香味をしっかり味わってくるコトが優先かな…しっかり焼き付けて!(笑)

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/615-5821dc68
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin