競技会のルール改訂

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:日本珈琲狂会 [2013年09月17日 01時00分]
虚珈新聞ロゴ
虚珈新聞 2013(平成25)年9月17日
 
「コーヒー競技会がルール改訂 最低点で優勝に」 嘘か?真実か?
 
日本スペシャリティコーヒー協会(JSCA)は16日、協会が主催するローストマスターズチャンピオンシップの審査方法を変更すると発表した。新たなルールでは招待審査員による合計得点が低いチームほど優秀であると判定し、最低得点のチームを優勝とする。
 
 JRMC2012結果
ローストマスターズチャンピオンシップ(RMC)は、参加者をエリアごとにチーム編成してコーヒーの焙煎技術を競い合うもので、毎年の秋に開催されるJSCAワールドスペシャリティコーヒーカンファレンスアンドエキシビションのイベントの一つとして、各チームの抽出したコーヒーの香りや味を競うもの。当初JSCAでは専門家による招待審査とイベントに来場した一般人による審査の両方を併せて行っていたが、招待審査の順位と一般審査の順位が一致しないどころか逆になるという現象が続発していた。ついに2012年には一般審査の最低チームが招待審査で最高点を得る事態となり、2013年のRMCからは一般審査を取り止めて招待審査のみで行う予定とJSCAが発表していた。これに対して「実際にオイシイマズイを決めるのは一般人。止めるべきは招待審査の方ではないか」という声が挙がり、JSCAではこうした批判を背景に今回再び急遽、審査方法を変えたと思われる。JSCAでは「理事会で緊急協議した結果、一般人を見下した専門家たちの立場と彼らの浮世離れした香味の捉え方とを両立させる方法としても、一般の方が審査に参加できなくても極力それに近い順位になる手段を見い出せた」と、専門家の舌を逆手にとった審査の精度に自信を窺わせている。27日に行われる競技会より新ルールが適用される。今回のRMCに参加する予定の者には「ルールの急な再改訂は迷惑」と顔を曇らせる一方で、「これで真っ当に誇れる競技になる」と改訂の発表を喜ぶ声もあった。
 
なお日本スペシャリティコーヒー協会(JSCA)には、他の競技会についても運営やルールの改訂を求める声が届いているという。サイフォニストチャンピオンシップ(SC)で使用を統一している光サイフォンについて「ハロゲンランプは時代に合わない。LEDランプに交換するべき」という苦情や、ラテアートチャンピオンシップ(LAC)で「立体の3D部門はもちろん、作品が動いたり風や香りや煙りが吹き出す4DX部門も作って」という意見が寄せられている。今年から開催されたコーヒーイングッドスピリッツチャンピオンシップ(CIGSC)で酒類中心のバーテンダーが活躍しているのを受けて、カップテイスターズチャンピオンシップ(CTC)には「化粧品会社やタバコ会社の調香師(ブレンダー)に参加を促すべきだ」という意見もある。この他にも、コーヒーロースティングチャンピオンシップ(CRC)へ改称される競技会には「コーヒー以外にもお茶やカカオを焙じてはダメか」という質問が届くなど、混乱が続いている。またハンドドリップチャンピオンシップ(HDC)に対抗して、JSCAとは別のコーヒー業界団体が「レギュラーソリュブルコーヒー」を原料としたコーヒーマシンによる競技会を催すのではないかという噂もある。さらにはコーヒー愛好家の中には「競技会全てを止めろ」という声もあり、JSCAの苦悩は当面続きそうだ。
 
  ※「虚珈新聞」(キョコーシンブン)は「日本珈琲狂会」(CLCJ)が発信する不良メディアです。
 
コメント (10) /  トラックバック (0)

コメント

No title
じょにぃ URL [2013年09月17日 13時25分] [編集]

帰山人さん。

この審査結果表を見るたびに
東北チームがない
と思うわけです(笑)
当然チーム作れるだけの人数は当然いるのでしょうけど
集まらない?出てこない?出ることができない?
いろんな意味で
そこがまさに”東北”なのかなぁとか思ったりします。
*そもそも募集の欄に東北がないですね(泣)

参加資格が
SCAJ会員で焙煎業務に携わっている方
なんですね。
東北勢はそんなに入会してないんですかねぇ。

>「ハロゲンランプは時代に合わない。LEDランプに交換するべき」
これってハロゲンから発する熱を利用しているわけですよね。
LED自体は基本熱でないですよね。
苦情言ってる人ってそれ分かって言ってんのかなぁとか

>コーヒーマシンによる競技会
ロボコンみたいで面白いかもしれませんね。

と虚珈に真面目にコメントしてみました(笑)

SCAJ
浅野嘉之 URL [2013年09月17日 20時33分]

こんばんは
ご無沙汰しています
今回のSCAJの25日と26日伺います
25日は上海のロースターの社長のアテンド
26日ははかた珈琲の社長のアテンド
といった具合で繁田さんにこきつかわれています
SCAJに伺うのは初めてで楽しみにです
帰山人さんは行ってらっしゃいますか?

to:じょにぃさん
帰山人 URL [2013年09月18日 00時06分]

じょにぃさん、そっちの世界ではSCAJってのがあるんですか?きっとそっちの東北人も根っから謙虚なんですよ。
え?サイフォンって熱がいるの?インテリアじゃないんだ!…現実世界の方が嘘臭いんですナァ…

to:浅野嘉之さん
帰山人 URL [2013年09月18日 00時11分]

ご無沙汰です。ありゃま、私は仮に行けるとしても最終日だけ…残念ながらすれ違いですね。まぁ、初めてでしたら目一杯楽しんできてください。またどこかでお会いしましょう。

No title
cocu-coffee URL [2013年09月18日 12時12分]

SCAJの会場内及び周辺では、背後に気をつけてください。

to:cocu-coffeeさん
帰山人 URL [2013年09月18日 18時03分]

やられたら殺り返すだけなので…襲撃狙撃大歓迎です。

teaR URL [2013年09月30日 23時09分] [編集]

いやー面白いっすね。レギュラーソリュブルコーヒーチャンピオンシップみたい!

to:teaRさん
帰山人 URL [2013年10月01日 16時49分]

いやー見たいのはヤマヤマだけども、試飲は遠慮したい…

JSCA
sowacafe URL [2013年10月01日 18時43分] [編集]

SCAJは会費払えないので~
CCAJで、生豆ハンドピックチャンピオンシップやるってウワサ聞いたのですが、、、参加申し込みお願いします!(嘘

to:sowacafeさん
帰山人 URL [2013年10月03日 11時34分]

どうして生豆ハンドピック競技会のことをご存知なのかはわかりませんが、エントリーは了承しました。このCCAJハンドピック競技会は、「麝香猫と鳥と猿と象から排泄された混合物より、動物種と豆種と熟度に応じて素手で分別する」過酷なルールです。練習しておいてください。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/611-3d9c083e
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin