あっとび伊吹4 群舞合唱篇

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2013年08月16日 22時30分]
今2013年の「あっとび伊吹」、と伊吹山にノロノロと登ってみて、フト思う。足重?
不調?…まぁ好いじゃないか、登りたい時に登って楽しければ…4回目、行ってみよう!
 
2013年8月16日
伊吹山登山
 
あっとび4 (1) あっとび4 (2) あっとび4 (3) あっとび4 (4)
車で向かう道脇の温度計は摂氏29度、もう暑い。晴れ渡った空の下、乱れ舞うはトンボ
(ナツアカネ)の群れ、伊吹薬草の里文化センター(ジョイ伊吹)をスタート、暑い。0合目
から林道を進めば、ミンミンゼミにツクツクボウシを主にアブラゼミとクマゼミも加えた蝉
の大合唱団、また暑い。一合目で約40分経過、既にヘロヘロ。二合目先の草道は、下
でバッタが上でトンボが飛び回り、蝉の合唱に、それを凌ぐ虫たちの合唱が響く、さらに
暑い。…ん?照りつける陽射しは‘夏’だが、風の臭いは‘秋’の気配か?それでも暑い。
 
あっとび4 (5) あっとび4 (6) あっとび4 (7) あっとび4 (8)
三合目で約1時間15分経過、ここで小憩。五合目で大休憩、ココで打ち切ろうかと思う
程の全身疲労。思い直し、約1時間51分経過で再び始動。スパスム止まらず足上がら
ないので、七合目でも小憩、ここで塩とロキソニンを投入。登山客は少ないけれど、空い
ている道を急がない、否、急げないフラフラ登山。まぁ花でも観ながらユックリ遊び登れ。
 
あっとび4 (9) あっとび4 (10) あっとび4 (11) あっとび4 (12)
山頂に約2時間46分経過で到着(コリャア、今年の「かっとび伊吹」はダメかなァ?:笑)。
ドライブウェイ客は多いのか、日影の無い山頂でも人で溢れかえっているゾ。「えびすや」
に寄り、「ただいま~、苺ソフトクリームね」…ん?オマケ付きだ(笑)。タバコ一服すれば、
足元で蝶も休憩中?近景はガスも雲も無く美しいが、遠望は霞んで見えない。では下山。
 
あっとび4 (13) あっとび4 (14)
相変わらず登山客は少ないが、体が焼けきって走れないトボトボ下山。五合目ベンチで
休止すれば、居合わせたハイカーに「かっとびの本番はいつ?」と訊かれ、長長と談議。
再始動後は、ユックリ走りを混じえて下山、ますます暑い。上り往路は‘かっとび’コース
だったが、下り復路は最短‘登山道’コース。…ん?雨で流れたのか、埋めてあった地の
亀裂が戻ってしまっている、自然には勝てないかぁ。下り約1時間41分経過で、戻った。
 
あっとび4 (15) あっとび4 (16)
「薬草の湯」に入浴後、牛乳とコーヒー牛乳をダブルで飲みながら休憩室でクールダウン
…だが暑い。暑い独り「あっとび伊吹」だったが、トンボとバッタの群舞に蝉と虫の合唱…
伊吹山は‘at・美’だ、帰途の養老サービスエリアで「豚ばらラーメン」を食べつつ思った。
 
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2013年08月16日 22時56分]

「あっとび」お疲れ様です。
自分はあまりの暑さに起動できません。
なので「攻機」の神山作品全編など見ながらダラダラと・・・
(ファミリー劇場HDチャンネルで「銀英」なども見つつ夜更かしなど)
オタク道まっしぐら?

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2013年08月16日 23時27分]

いやいや、私も他所の山へ走りに行っていませんから…
本当は伊吹山へも‘夜間登山’を狙いたかったのですが、夜更しがたたって結局こうなりました(笑)

セット
珈子 URL [2013年08月17日 12時42分] [編集]

この頃伊吹山を見ると帰山人の幻が見えるようになっちゃいました!

to:珈子さん
帰山人 URL [2013年08月17日 19時43分]

いやいや、私の伊吹山好きは僅かな余興の範疇でして、山のヌシみたいな方方は他に沢山おられます。この日も、麓から頂まで3往復している強者がいましたヨ^^;

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/598-10083a83
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin