真夏のTake-On

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:大会編 [2013年07月16日 23時30分]
大会前日、昼食後に王滝村へ、大会受付後に定宿の「みやま」へ、入浴し夕飯を摂って
仮眠してから珈琲を淹れて喫した後に、スタート地点へ。夕刻から降り続いた雨が止む。
体調は前年大会時よりも悪くないが、前週の「あっとび」筋肉痛がまだ残っているほどに
足も体も全くできていない。約4ヵ月前の「伊豆トレイルジャーニー」と同様、スタート地点
に立ってまずは目標達成か?…K谷さん、しらちゃんと談話して待機、日が変わって0時、
今般は2度目のDNFを覚悟しながら、5年連続参加となる「真夏の狂宴」が幕を開ける。
「日本一の嶽(タケ)は御嶽(オンタケ)」…だから‘Take-On-Take’…私は帰ってきた!
真夏のTake-On (1) 真夏のTake-On (2) 真夏のTake-On (3) 真夏のTake-On (4)
 
2013年7月14日
『OSJ おんたけウルトラトレイル100K 2013』 97K
 
真夏のTake-On (5) 真夏のTake-On (6) 真夏のTake-On (7) 真夏のTake-On (8)
最後尾のんびりスタートは毎度、コースは一昨年大会とほぼ同じか?再び降雨、しかし
昨年大会よりも気温は高い。K谷さんと談走しながら10km地点で約1時間34分経過、
20km地点で約2時間53分経過。最初の小エイドで約3時間4分経過、走る前からの
痛みにスパスムが加わり、K谷さんに先行してもらうが彼も寝不足で不調。30km地点
を4時間52分で通過、ヒイヒイ。眠気で進速がでないK谷さんに追いついて、第一関門
(6時間制限)に約5時間29分で到着。まずは握り飯モグモグ、目覚めたしらちゃんの
先行を喫煙走者2人で一服しながら見送り。ん?クランプの予感…リタイアか…いや、
ロキソニンと塩を入れて行ける所まで行け、ボラに回ったかおちんにも会いたいし(笑)。
 
真夏のTake-On (9) 真夏のTake-On (10)
夜明けた空は昨年より明るいが、雨は降ったり止んだり。40km地点を約6時間58分
で通過、眠気でフラフラ絶不調のK谷さんを背に置いてトボトボ先行コリャ珍しい展開。
本谷の小エイドを過ぎて、50km地点を約8時間33分で通過。約2km後にクランプに
襲われて20分唸りながら道端で雨に打たれながら喫煙停止。約5km後にクランプに
再度襲われて15分唸ればK谷さんが追いつき、2人で喫煙。コリャ第二関門ヤバイ?
 
真夏のTake-On (11) 真夏のTake-On (12) 真夏のTake-On (13)
雲間に青空が見え始め、美しい三浦貯水池を見下ろしながらも、早くもゾンビ状態の
アラフィフオヤジ2人の道行き。60km地点で約11時間22分経過、この巻き道こんな
に長かったか?第二関門(12時間制限)に約11時間42分で到着すれば、何と3月の
「伊豆トレイルジャーニー」で私の迷惑山走(?)を助けてくれたスイーパーK氏がボラ、
「あの時はお世話になりました。ココでもお世話になります(笑)」。と、「帰山人さん待っ
てたよ~」の声は快活かおちん、んじゃ、さるちゃんと3人で記念写真ネ。気力復活?
 
真夏のTake-On (14) 真夏のTake-On (15) 真夏のTake-On (16)
しかし、ココまで来れたこと自体が予想外…リタイアか…いや、預け荷のコーラを飲み
干して行ける所まで行け、かおちんにポテチももらったし(笑)、「じゃ、行ってきま~す」。
関門閉鎖を背にして、K谷さんと2人で最後尾の出発、コリャ本当に珍しい展開、笑う。
大会名物(?)延々ゾンビ列に煽りの谷越し絶叫…あ、今回は後ろが居ないんだ(笑)。
晴れて陽も強く射し始め…天候変化は昨年大会時に似ているが、進速は違い過ぎる。
70km地点を約13時間32分で通過、長い坂を走り下って、第三関門(15時間制限)
に約14時間19分で到着、そうめん2杯を食べ喫煙休憩しながらK谷さん到着を待つ。
 
真夏のTake-On (17) 真夏のTake-On (18)
しかし、ココまで来れたこと自体が予想外…リタイアか…「どうする?」足潰れたゾンビ
状態のアラフィフオヤジ2人の遅疑逡巡、しかしK谷さんは棄権するとは言わないナ…
ヨシ、私の今般「おんたけウルトラ」はココから!‘テイク・オン’モード発動だ!またも
関門閉鎖を背にして、K谷さんと2人で最後尾の出発、スイーパーの軽トラックに追わ
れる、コリャ本当に珍しくも初の展開。氷ヶ瀬林道のイヤラシイ巻き道上り坂でヒイヒイ、
80km地点を約15時間46分で通過。峠を越えて独り先行、前で歩きフラつく選手に
声をかけながらトボトボ走り下る。最後の小エイドに約17時間17分で到着、かぶり水
をもらって喫煙休息、よし完走はできそうか?再始動、だがもう足が前へ出ない、歩き
と走りを交互に喘ぎ進む。…ん?会場への橋が見えた、昨年かおちんに活を入れた
自分を思い出す…最終‘テイク・オン’モード発動だ!徐々に加速して、フィニッシュ!
  
タイム 18時間17分22秒
 
フィニッシュゲート際で憩いながら預け荷を開けば…ん?今回は100マイル部に参加
したえりあさんの置き土産「芋まつば」これは好い、「今回は関門に引っかかりました」
それは残念。暫し後に、K谷さんフィニッシュ、共に不調をおして完走できた、ヨカッタ。
真夏のTake-On (19) 真夏のTake-On (20)
 
K谷さんと別れ、宿「みやま」に戻って入浴、夕食。今般はスタート時点で目標達成の
ハズが、途中3つの関門をギリギリで突破し、終わってみれば3年連続4回目の完走。
走前はDNFを覚悟しつつ、独り「走ること」に向き合おうと思っていたが、メール応援の
ちんきーさん、マイル挑戦のえりあさん、大会馴染みのしらちゃん、かおちんたちボラ
のスタッフ、宿仲間たち…多くの走友に支えられて果たした完走。特に行程の大半を
同道したK谷さんには助けられたな、感謝。苦し楽しい「おんたけウルトラトレイル」は、
やはり真夏の‘テイク・オン’か…布団に倒れ込んで、「真夏の狂宴」の一日を終えた。
 
コメント (8) /  トラックバック (0)

コメント

No title
しらちゃん URL [2013年07月18日 00時09分] [編集]

お、ゴールしていたんだ。ふたりしてタバコ吸っていたのには驚かされましたが(苦笑)。なにはともあれおめでとう。

今年はソーメン食べられてよかったね。私も2杯食べました。貧困なエイドだけれど、ソーメンはうれしい。(なんと八ヶ岳スーパートレイルはエイドでは水しか出さないと宣言しているらしい。)

今年で卒業のつもりだけれど、いつまでも学生でいたい気もする。連続10年完走したらほめてもらえるかな???

to:しらちゃん
帰山人 URL [2013年07月18日 12時02分]

眠気に負けず耽耽と関門を出ていくしらちゃんの姿、アレを見たから第一関門から先に進めた、ありがとう。そして完走おめでとう。
んで、さらにあと5年も留年するの? でも、連続10年完走をアノOSJが褒めるかねぇ?特典は関門ソーメン食べ放題とか?(笑)

No title
ナカガワ URL [2013年07月18日 21時07分]

「アラフィフオヤジ」。「アラサー」「アラフォー」ときて、いっそ「アライソ」でいいんじゃないでしょうか。「アラウンド・五十いそ」で、次が「アラカン」という具合。
やはり「おめでとう」というのが一番うれしい掛け声なのでしょうか。なぜ走るのか?このブログのどこかに書いてありますか。

No title
ちんきー URL [2013年07月18日 23時55分]

完走おめでとうございます。
事前のメールで「もしかしてDNFも?」と頭を過ぎりましたが制限時間に1時間半以上残してのゴール流石です。
今年は去年みたいに“短くて平坦”ではなかったみたいで自分だったらどうなっていたか・・・・
(雨もありましたし)
それにしても“おんたけ”って不思議ですね。
どちらかと言うと「辛いだけ」の大会なのに皆に愛されて。
しらちゃんも「卒業」といっていますが「留年」しそうだし自分も改めて大会のレポートを目にするとこのまま「勝ち逃げ」したい気にもなりますが反面「来年は絶対出るぞ!」と言う気にもなります。
(素麺も食べてませんし)
何とか来年はゴール後帰山人さんの珈琲を飲める状況になるよう頑張りたいですね。
(蕎麦も食べに行かねば・・)
兎にも角にも怪我も無さそうで良かった。
本当に「おんたけ」お疲れ様でした。

to:ナカガワさん
帰山人 URL [2013年07月19日 12時42分]

「阿羅漢」「荒磯」と遡れば、「粗余所」(アラヨソ)「新味噌」(アラミソ)でも好いかもしれません。
掛け声は何でもイイんです、自己満足に被せた自己顕示の成果でしかありませんから。
なぜ走るんだろう?…私の場合は「余興」としか言えません。いくら走っても「パライソ」には辿り着かない。

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2013年07月19日 12時53分]

応援ありがとう。ウン、関門閉鎖後の再始動を続けた割には、好い最終記録だったと思う、ホント予想外(笑) 今年は「UTMF参加資格取得」用の参加者が激増したようで、その是非はともあれ、来年参加の決断はエントリー開始までにしないと間に合わないかも…^^;(ちなみに私は何も決断してない:笑)

K谷 URL [2013年07月19日 19時12分]

こちらこそありがとうございました。
諦めずゴールを目指してよかったです。翌日は、無事に出社できました。意外に体調はよかったのは、自分でも驚きでした。
あの不調は・・・・・・・?
来年も、エントリーしちゃうんだろうな。

to:K谷さん
帰山人 URL [2013年07月19日 22時12分]

ハハハ、まさかK谷さんとバディを組んで進むとは…眠気不調のK谷さんには不本意な進速だったでしょうが、私は面白かったですよ、ありがとう。ユックリ過ぎてダメージがなかったんじゃないの?
来年…そりゃK谷さんは雪辱戦でしょう…私はまた軽トラに追いかけられに行こうかな(笑)

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/586-3233a6a5
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin