富士山で死ね!

ジャンル:ライフ / テーマ:ひとりごと / カテゴリ:あ・論廻 [2013年06月17日 01時30分]
「富士山‘世界遺産登録反対’登山」の詮も無く、愚劣な動向はさらに進み下衆の極みに達す。
 
 《富士山(山梨、静岡両県)の世界文化遺産登録を審査する国連教育科学文化機関(ユネ
  スコ)の第37回世界遺産委員会が16日、カンボジアの首都プノンペンで開幕した。ユネ
  スコ諮問機関の勧告通り登録が決まるのはほぼ確実。(略)27日までの会期中、富士山
  を含む新規登録の審査は21~23日に行われる予定。》(毎日新聞/2013年6月16日)
 
世界遺産効果で増える富士山の登山者数を抑制するために、「入山料」の導入計画も進む。
 
 《富士山の入山料(利用者負担)の今夏の試行は、制度のあり方を検討する外部の有識
  者会議「富士山利用者負担専門委員会」が14日、「社会実験すべき」と意見集約したこ
  とで、実施がほぼ確実となった。(略)同委員会は、両県の世界文化遺産学術委員会の
  委員や大学教授、登山家ら14人で構成され、この日の初会合には12人が出席。(略)
  …横浜国立大の加藤教授は「つり銭がない方がよい。今まで対応すべきことをやってい
  なかったツケと、登山者への今後のサービス向上の上乗せ分という意味でも1000円が
  良い」とした。(略)また、同委員会では来夏からの入山料導入に向け、今年9月末に中
  間報告、11月末に最終報告をまとめる。》(読売新聞/2013年6月15日)
 
理も筋も通らない。《今まで対応すべきことをやっていなかったツケ》は、富士山を世界‘自然’
遺産に登録することができない段階(2003年5月)で既にハッキリしていた。遅きに失すると
はいえ、その段階で世界遺産に登録する不‘自然’さを噛み締め、富士山の世界遺産登録の
全てを断念する、それこそが《今まで対応すべきこと》であった。その《やっていなかったツケ》
を世界遺産登録後の登山者に「入山料」として負担させるべきとは、人倫にもとる阿呆である。
登山者数抑制を実質の目的に含む限り、富士山世界文化遺産協議会と静岡県と山梨県が
主導する「入山料」導入は断じて許さず、また僅かにも払ってはならない、そう私は提言する。 
 
 《20XX年、「世界の記憶」(‘Memory of the World’/通称:世界記憶遺産)を審査す
  る国連教育科学文化機関(ユネスコ)の査問委員会で、「日本の富士山をめぐって起きた
  世界遺産反対運動に関する記録遺産」の登録が決まった。2013年に富士山が世界文
  化遺産に登録され、それへの抵抗の歴史を刻んだ記録群。世界遺産効果で増えた富士
  山の登山者数を抑制するために導入された「入山料」・「強制誘導登山」・「通行許可制」
  に対しても反対運動は激化し、201X年には「富士山8合目抗争」が起きて死者は累計
  数万人にのぼった。これを機に、治安の悪化を理由に富士山は危機遺産に再登録され
  たが、その後も反対運動は衰えず、202X年にユネスコは世界遺産から富士山を登録
  抹消した。世界遺産登録に端を発する類例のない記録群であり、かつ、世界遺産制度の
  過ちを明確にしたことが高く評価された。》(虚構の虚構新聞/20XX年6月23日)
 
この夢想が将来の事実となるように、富士山‘世界遺産登録反対’運動を推進していきたい。
世界遺産を観光商機に替えて捉え、他方で無辜の登山者に負担を強いる、その矛盾に死を!
富士山を汚す者者を許さない…今、求められるべきは理と筋のある‘闘い’、富士山で死ね!
  
コメント (2) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2013年06月24日 11時11分]

決まっちゃいましたね。
しかも「三保松原」まで含めての文化遺産登録・・・
正直「お祭り騒ぎ」の静岡、山梨の両関係者をTVで見てると何だかなぁ~って思ってしまいます。
ノーベル賞と同じで「踊らされ過ぎ」の様な気がします。
まあ「西洋のお墨付き」貰えたんで後はせっせとお金稼ぎに勤しむだけですね。

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2013年06月24日 14時05分]

「まぁ一概に問題無しとも思えないが、決まっちゃったんだから前向きに捉えようよ」っていう風潮、例えば「愛・地球博」を思い出します。そういう「世情に流され過ぎ」を敵に回した‘闘い’は今からです。必ずや登録‘抹消’を達成したいです。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/578-72d0bcdf
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin