でも臭いよ

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2013 [2013年05月23日 01時00分]
あのレディー・ガガが‘It is a promising morning when your eyelash falls in your Folgers.’(コーヒーにまつげが落ちて今日は朝からラッキー?)と、つぶやいた(2010年11月22日)ほどに、「フォルジャーズ」はアメリカ合衆国で高名かつ通途のコーヒーブランドである。そのレディー・ガガの名の由来でもある名曲“Radio Ga Ga”(レディオ・ガ・ガ)に歌われる通りの輝かしき「ラジオの時代」は、アメリカでは‘Golden Twenties’(黄金の20年代)に到来した。ラジオからコーヒーの香りも流れ漂ったか?
  でも臭いよ (1)
 
 《そしてそのラジオこそが、コーヒーを売るための新しい手段となったのである。
  (略)西部では、マリンバ楽団によるテーマソングと滑稽な寸劇やミュージカル
  で構成されるフォルジャー社の『フォルジェリア』が始まった。それでも、エリッ
  ク・バーノンが放送の歴史について書いた著書の中で明言しているように、当
  時の広告は「短く、慎重で、きわめて行儀のよい」ものだった。》 (マーク・ペン
  ダーグラスト 『コーヒーの歴史』 樋口幸子:訳/河出書房新社:刊/2002年)
 
アメリカ社会が「ラジオの時代」から「テレビの時代」に移った頃、フォルジャーズコーヒーは悪臭を放つようになる。1963年に買収したP&G(プロクター・アンド・ギャンブル)が、香味品質より広告宣伝を優先して、ロブスタ種の配合を増やしたからである。P&Gは、1億2千6百万ドルで買収したフォルジャーズを通称‘黒い湯’と呼ばれるまでに貶め、2008年にはJ.M.Smucker(スマッカー)へ33億ドル余で売却した。売却益に1円も課税されない合法かつ非道なリバース・モリス・トラストの手法で…、P&Gの製品全てとその広告が強烈に臭い理由は、カネと悪徳の臭いを覆い消すためであろう。ところが、日本ではP&Gの消臭剤「クルマ用ファブリーズ」のラジオCMだけが好い香気を放つ。
 
 《その走りは本能を刺激し、忘れていた野生を呼び覚ます。
  12気筒DOHCエンジン搭載。
   『でもクサイよ』
  先進の高性能が加速する。
   『でもヘンなニオイがするよ』
  …臭いは全てを台無しにする 車にはクルマのファブリーズ♪》
  (2011 51st ACC CM FESTIVAL:ラジオCM部門 ACCゴールド受賞)
 
 《進化したのは走りだけじゃない。強靭なボディ、革新的なフォルム。
  それは、見る者の目を奪う。  『でもクサイよ』
  今、羨望の眼差しが向けられる。  『でも中はクサイよ』…》

 《安定したドライビングと極上のキャビンが誘うくつろぎの世界。  
  『でもクサイよ』
  今宵、ありのままの自分に、会いにいく。  
  『でもヘンなニオイがするよ』…》
 
秀逸な広告が製品自体の効果を保証するものでは無いが、「ファブリーズ」で消臭したいコーヒーは「フォルジャーズ」などのインスタントコーヒーばかりでは無い。ボトルや缶に詰められたRTDコーヒーにも、メーカーを問わず思わず消臭したくなる製品が多い。
 
 《~明日は、今日より、ワンダフル。~ 味や製法、飲み方にこだわり、 常に新
  しいことに取り組んできたワンダから、缶コーヒー市場に新提案。 “ドリップ
  コーヒー×フレーバーシロップ” 『ワンダ フレーバーズ』 5月7日(火)新発売!》
  (アサヒ飲料株式会社 ニュースリリース 2013年4月30日)
 
ミルク不使用でフレーバーシロップを添加した「ワンダ フレーバーズ」を飲んでみたが…
  でも臭いよ (2)
 《香り高いアラビカ種のコーヒー豆100%のドリップコーヒーに、甘さと香りの
  あるワンダオリジナルフレーバーシロップを加えました。
   『でもクサイよ』
  甘く、香りに酔いしれる。
   『でもヘンなニオイがするよ』…》 
液色には濁りが少ないものの、ミルク分が無いからコクも無い、薄くて臭いコーヒー液。
 
 《新しいRTDコーヒー登場 新ブランド「LUANA(ルアーナ)」 -5月13日(月)
  全国で新発売-》
  (日本コカ・コーラ株式会社 ニュースリリース 2013年4月19日)
 
逆に(?)砂糖不使用で女性やカフェ利用者の取り込みを狙った新商品はどうなのか…
  でも臭いよ (3)
 《「LUANA 味わいラテ」は、コクと酸味のバランスがよい「ブラジル」、酸味とフ
  ルーティな香りの「キリマンジャロ」、芳醇なコクと苦みがある「グアテマラ」、
  華やかな香りの「ハワイコナ」という4種のコーヒー豆を絶妙な割合でブレン
  ドし、牛乳を22%加えました。奥深い味わいと、まろやかな口当たりを実現
  しています。
   『でもクサイよ』
  「LUANA ほろにがブレンド」は、素材のおいしさを引き出すミドルディープロー
  ストのしっかりとしたコクと苦味が特長の「グアテマラ」豆をベースに、華やか
  な香りの「ハワイコナ」をブレンドし、牛乳を11%加えた、コクと豊かな香りを
  楽しめる大人向けの味わいに仕上げました。
   『でもコレもクサイよ』…》 
味わうほどの濃度感が無い上に、甘みが無いからコクも無い、薄くて臭いコーヒー液。
 
今2013年5月に登場したRTDコーヒーの新ブランド2種もまた、水っぽさを軽やかさと捉え間違え、後味だけが妙に臭い、イマドキの不味い製品だった。思わず非道企業P&Gにまで、「RTDコーヒー用ファブリーズ」の開発を願いたくなるほど…。とある朝に「フレーバーズ」や「ルアーナ」へ‘まつげ’が落ちてもラッキーであろうか? でも臭いよ。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/572-97e5fe35
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin