たかがヒッチじゃないか!

ジャンル:映画 / テーマ:映画感想 / カテゴリ:観の記:映面 [2013年04月18日 04時30分]
「たかが映画じゃないか!」よりも、「自分の仕事を楽しんで、非難される覚えはないわ!」の方が強い…この事実は明白。だが、これを映画で描く場合…「たかが映画じゃないか!」
  たかがヒッチじゃないか (1)
 
『ヒッチコック』(Hitchcock) 観賞後記
 
 《学生時代からのヒッチコックファンだったが、「サイコ」を見てからというも
  の、一人でホテルへ泊まって、どうにもバスルームへ入れなくなってしば
  らくの間、とても困った。》 (平岩弓枝 「平岩弓枝さんと裏窓をみる」/
  『朝日新聞』 1985年11月24日)
 
 《PH 技術とはシャワーシーンのことをいうのですわ。このシーンは、撮影
  現場でなく、編集台で創られたものです。ジャネット・リーの身体にナイフ
  がささるところは絶対に見えないでしょう。 
  ──ラッシュのときに、一秒の何分の一かの時間で、ジャネット・リーか
  彼女の吹替えが息をしているのを母上が気づかれて、父上に注意され
  たとか……。   
  PH 母はすばらしく精密なんです。シナリオの段階でさえ、父にどのディ
  ティールがうまくいかないか言うことができました。おそらく、父にそんな
  ことが言えたのは母だけでしたでしょうね。「私はこの部分はよくないと
  思う」なんて父に注意できるのは、よほどの人物でなければ無理だと思
  いますから。》 (‘Entretien Avec Patricia Hitchcock’ Par Bruno
  Villien “Cinématographe”/「ヒッチコックという名の娘 パトリシア・
  ヒッチコックは語る」 ブルーノ・ヴィリヤン:インタビュー 『シネマトグラフ』
  98号 1983年/原養子:訳/『シネアスト 映画の手帖』1:[特集]ヒッ
  チコック 青土社:刊 1985年)
 
 《…で、この人が日本に来た時に、まあ立派な立派な日本の、もう名、名
  立派な料理店で、座らして、ご飯食べさした時に…(略) で、「あなたの
  殺し方凄いね。いつでもあなたの殺し方見て私はゾッとするんです。あ
  なたのアイデアですか?」 「いや。それは私じゃありません。」 「誰がや
  るんですか?」 「これがやるんです。」 で、隣におくさんが、じーっとご
  飯、食べてるとこ見て、「これが作るんです。」何ていう所が、いかにも
  ヒッチコックらしくて、ヒッチコックがどんなに、お客さんを喜ばせるかい
  う事が、良くわかりますね。》 (淀川長治 「バルカン超特急」解説/『世
  界クラシック名画撰集』/IVC)
 
例えば映画『エド・ウッド』(Ed Wood/1994年)のとおりに、‘史上最低の映画監督’のエド・ウッドは恋人や妻を‘家畜’にしていたが、‘サスペンス映画の神様’のアルフレッド・ヒッチコックは妻アルマ・レヴィルの‘家畜’だった…映画『ヒッチコック』でもよく描けている。
  たかがヒッチじゃないか (2) たかがヒッチじゃないか (3)
まぁ、CBE(1987年)・KBE(1993年)を貰ってからアメリカ合衆国大統領(『ニクソン』Nixon/1995年)を演じた男サー・アンソニー・ホプキンスと、CBEを辞退(1996年)してDBE(2003年)を貰ってから大英帝国女王(『クィーン』The Queen/2006年)を演じた後も当の女王から招待された晩餐会を辞退した女デイム・ヘレン・ミレンとでは、やはり格が違うということか? 本作『ヒッチコック』では、ヘレン・ミレン(アルマ・レヴィル役)とスカーレット・ヨハンソン(ジャネット・リー役)とトニ・コレット(ペギー・ロバートソン役)の猛女3人が、各個に独特の色気を感じさせて好演。他もまぁキャスティングはほぼ好評する。
 
 《ヒッチコックにおけるエロチシズムとは、まさしくこうした物質的なものなの
  だ。帽子の不在は、その裸の髪を触れることを男に許してしまう。眼鏡の
  不在は、存在の震えを直接見る者に告げてしまう。オーヴァーの不在は、
  肉体の線を露骨にきわだたせるわけでもないのに、男の指さきを、ブラウ
  スの襟もとに誘ってしまう。(略)…われわれは、シャワー・ルームの中で
  裸身のまま殺される美女を見るときよりも遥かに刺激的なエロスの形象
  化をうけとめるのだ。》 (蓮實重彦 「防禦と無防備のエロス──『断崖』の
  分析」/『シネアスト 映画の手帖』1)
 
 《彼は、映画をはじめからおわりまで、映画のなかにとりこんでおこうとする。
  つまり、彼は、映画しか作らない。その抑制こそが、かんたんにいってし
  まえばすべてであり、私は、もはや彼の映画のどれがどうなっていたとい
  うようなことは忘れて、アルフレッド・ヒッチコックという映画を、ずっと見て
  きて、というよりも彼の映画の記憶を生きているということになろうか。(略)
  それはあたかも、ヒッチコックの後継者といわれることもある作品が、どう
  しても自己抑制をさいごまで貫けなくて、つい画面に自分の感情をさらけ
  だしてしまい、それこそ画面を、あたかも作り手の自信のなさ、不安を反
  映するように揺らせてしまい、ああやっぱりだめだったかと、映画を見よ
  うと息をつめている観客を映画から離してしまいがちなのと反対なのだ。》
  (小野耕世 「レベッカをマンガにすれば」/『シネアスト 映画の手帖』1)
 
映画『ヒッチコック』の難は、マイケル・ウィンコットが演じるエド・ゲインの存在。冒頭のシークエンスはまだ良いとしても、劇中に現れる妄想は《あたかも作り手の自信のなさ、不安を反映するように揺らせてしま》った典型であり、いただけない演出、《ああやっぱりだめだ》。
  たかがヒッチじゃないか (4) たかがヒッチじゃないか (5)
  
 《ヒッチコックはヒッチコック映画的な人物である。自分のことを説明するの
  を嫌うのだ。だが、彼もいつかは告白することによって救われる彼の映
  画の登場人物のように振舞ったほうが良いだろう。ただ、自分が天才だ
  と言うのは難しい。ことにそれが真実である場合はなおさらそうなのだ。》
  (François Truffaut ‘Un Trousseau De Fausses Clés’ “Cahiers
  du Cinéma”/フランソワ・トリュフォー「合い鍵の束」 『カイエ・デュ・
  シネマ』39号 1954年/千葉文夫:訳/『シネアスト 映画の手帖』1)
 
 《そして映画の質(タイプ)が非常に明確なのでわかりいい。ヒッチがこわい
  顔をして作ったのは「私は告白する」と「間違えられた男」と「サイコ」の三
  本だ。ヒッチ遊びは「ハリーの災難」、「鳥」、「ファミリィ・プロット」。(略)
  「サイコ」はヒッチが珍しく見せたグロテスクであった。(略)それでヒッチ
  が「サイコ」を手がけたのも思えば活動写真のクラシックであって、それ
  は「北北西に進路を取れ」や「マーニー」のような連続活劇のお遊びでは
  なく、フィルムの古い匂いをいま一度取り出したノスタルジィだった。笑わ
  ない素顔のヒッチだった。》 (淀川長治 「ヒッチ芸」/『シネアスト 映画の
  手帖』1)
 
映画『ヒッチコック』は《ヒッチコック映画的な》作品ではないし、また《フィルムの古い匂いをいま一度取り出したノスタルジィ》ですらない。それは、笑わない特殊メイクのヒッチだった。自分の人生が「サイコ」な映画『ヒッチコック』になったと知ったならば、《自分のことを説明するのを嫌う》当のヒッチコックは、こう言うのではないか?…「たかがヒッチじゃないか!」
  たかがヒッチじゃないか (6)
 
コメント (2) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ナカガワ URL [2013年04月18日 20時15分]

ヘレン・ミレンの手に持つカップはロイヤル・アルバートでしょうか。
映画の中の新聞記事で、3人のサスペンス映画の若手監督がチラっと見えるのですが、クロード・シャブロルしか読めませんでした。あとふたり誰だったか読めましたか。もしわかったら教えてください。

to:ナカガワさん
帰山人 URL [2013年04月18日 22時44分]

カップはそうでしょうね、ラベンダーローズだと思います。
あの3人をハッキリと確認できませんでしたが、残り2人はジュールズ・ダッシンとアンリ=ジョルジュ・クルーゾーだったんじゃないかと思います。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/560-08db0736
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin