重大過失ニュース

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2012 [2012年12月19日 23時00分]
コーヒーに関する2012年の重大ニュースが発表された…手盛り八杯、コーヒー十杯?
  《社団法人全日本コーヒー協会は、毎年業界の重大ニュースを発表しております。》
   (2012年12月18日発表:社団法人全日本コーヒー協会Webサイト)
AJCA(全日本コーヒー協会)の選定は、故意とは思えなくとも重大な過失ばかりである。
 
1.国際コーヒー相場、ブラジルの増産とレアル安で一服。消費拡大に追い風。
 
  相場は国際事情だが、《消費拡大に追い風》というのは日本国内市場に向けてか?
  とすれば、1980年代から年次の価格推移を円換算で見てみると違う風景だ(※)。
 
2.飲用シーン多様化し、家庭用コーヒーマシンやスティックコーヒーなど一杯取り
  コーヒー増加傾向。
 
  マシンは先行のグストやバリスタに続きペリカやダイレクトサーブの発売によるか?
  スティックは伸張しているが全インスタント製品の約6分の1、缶コーヒー市場の約
  25分の1の市場規模でしかない。《飲用シーン》を《多様化》したいという「願望」だ。
 
3.「10月1日コーヒーの日」に新聞広告で「コーヒー3R宣言(Rest,Relaxation,
  Recreation)」。コーヒーと健康の認知度高まる。
 
  循環型社会形成推進基本法による「3R政策」に倣ったつもりか?「休憩」と「癒し」
  と「活性化」を意味させているが、それをして《コーヒーと健康の認知度高まる》とは
  コジツケにすぎない。AJCAには「不活」と「弛緩」と「憂さ晴らし」の意訳が似合う。
 
4.全協自主検査の努力が実り、厚生労働省がエチオピア産コーヒー生豆に対する
  検査命令措置を5年ぶりに解除。
 
  解除が遅れた2011年の違反事例がAJCA非会員(アウトサイダー)の輸入による
  ので《全協自主検査の努力が実り》と言いたいのか?実際は、エチオピアに「オレ
  知らね」と言われ、ヨーロッパに「騒ぐなバカ」と言われ…ガバナンスの不足である。
 
5.FNC東京事務所開設50周年記念式典。太田全協会長にマヌエル・メヒア・
  コーヒー功労章。
 
  FNCは1976年以来、UCCと三菱商事の各3人、AGFとキーとアートとキャピタルの
  各1人に功労章を贈り、企業向けに贈るところが無くなり太田敬二会長へ贈った?
  だが、同時にエメマン功労によって日本コカコーラにも贈ったことは内緒にしたいか。
 
6.全協がコーヒー生産国などの支援に充てるため国際コーヒー機関に3万ポンド
  拠出を表明。
 
  AJCAがコーヒー生産国などの支援に充てるためICOに1コンテナに満たない量の
  拠出を表明、ということか?日本のコーヒー生豆輸入量の約3万分の1でしかない。
 
7.日本インスタントコーヒー協会が11月最終週を「インスタントコーヒー週間」
  として制定。あわせて第一回インスタントコーヒー大使を任命。
 
  理由も意義も不明だが、インスタントコーヒーだからこそ手を抜いて突然に制定か?
  2011年の「ラテ研」(ネスレ)でも使えないメンバーだった城田優、同じく潰しが利か
  ない皆藤愛子、人選もインスタントであろうか、大して使えないから大使なのだろう。
 
8.全日本コーヒー公正取引協議会が創立20周年で記念式典開催。
 
  6月21日、総会のついでに歴代会長や常務理事を表彰、消費者庁長官が講演…
  で?だから?創立50周年には生きていない爺婆で日本のコーヒーを公正に…で?
 
9.「コーヒー鑑定士」新たに2名誕生。連合会検定事業で鑑定士計5名に。
 
  全日本コーヒー商工組合連合会主催のコーヒー検定制度は2003年より実施され、
  2009年に初の鑑定士が誕生、2012年で計5名に…だが、まだ講師の方が多い。
 
10.日本家庭用レギュラーコーヒー工業会が林家ペー・パー子夫妻を起用し
  『ラブドリ夫婦化プロジェクト』を実施
 
  6月18日開設の「林家ペー・パー子夫妻は、ベストペーパードリップ夫婦に認定され
  ちゃっていいのか!?」に対し、鳥目散帰山人は「いやいやナシでしょ!に1票!」。
  理由は「ドリップする時ハート型に注いでない」と「毎日ニュースペー☆パー365でコー
  ヒーの日を無視した」であった。このコンテンツは、紙のように軽く使い捨てられた…。
 
AJCAのコーヒー重大ニュースを、コーヒー重大過失ニュースと捉え、笑止な忘年とする。
 

※参考
   重大過失ニュース1   重大過失ニュース2
 
コメント (2) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ナカガワ URL [2012年12月21日 10時25分]

コーヒー文化研究19が届きました。この中のミラコーヒーってなんですか?最近の話題はさっぱりついていけません。すっかりウラシマタローです。

to:ナカガワさん
帰山人 URL [2012年12月21日 21時49分]

ミラ・コーヒー…ほぼ「世界初の本格的缶コーヒー」ですな、もっとも本格的だっだのは中の液体だけで、商業ベースでは欠格的缶コーヒーだったワケですが。ま、三浦義武に関する今般の神氏の著述には新しい知見もあったのでヨシとしてますよ、私は。神格化するのは止しだけど^^;

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/522-3b075644
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin