クソッタレなコーヒー2

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2012 [2012年11月23日 06時00分]
クソッタレ! オレの名はプ~だ、「クマのプーさん」じゃあないゾ、「ルアクのプ~さん」だ。
 
   糞コーヒー (1)
 「世界で最も高価なコーヒー豆の生産現場で、ある動物が悲鳴を上げている」
 《(略)このコーヒーの生産現場は主にインドネシアだが、豆の生産を担うジャコ
  ウネコたちの環境は鶏肉工場のニワトリのケージようだと、動物福祉団体が
  強く警告を発した。野生から捕獲されたジャコウネコは小さな檻に入れられ、
  新たに生まれた家族とも引き離され、無理やりコーヒーの実を与えられ続け
  る。何万ものジャコウネコが、過酷な環境にあると伝えられた。(略)「人々に、
  生産現場が実際どのような状況なのかを知って欲しい。その上でコーヒーを
  飲む気になるだろうか」と語るのは、Traffic south-east AsiaというNGO
  団体地区副本部長のクリス・シェパード氏だ。だが、このコーヒー豆を生産す
  ることで生活の糧を得ている人が存在するのは事実だ。動物保護を優先すれ
  ば、コーヒー豆の値段はさらに跳ね上がるに違いない。結局、物言わぬ動物
  にしわ寄せがいくことになるのだろう。》 (IRORIOイロリオ 2012年11月22日)
 
クソッタレ! 何だ? この胸クソが悪い記事は。オレたちルアクを“ケンタッキーの東”と一緒にするな。ニワトリどもはニンゲンに食われるが、オレたちの場合は…ニンゲンに「糞喰らえ」ってなもんだ。コピ・ルアク(Kopi Luwak)やカペ・アラミド(Kape Alamid)の他にもモンキーコーヒーとかジャクーコーヒーとか、ニンゲンはクソッタレなコーヒーをよっぽど好むらしいな。猿智恵が売って、鳥頭が買う、どっちも救われない糞たわけだ。
 
   糞コーヒー (2)   糞コーヒー (3)
 「ゾウのふんから集めた超高級コーヒー豆、タイのホテルが発売」
 《(略)「ブラック・アイボリー(Black Ivory)」と名付けられた新ブレンドは、ゾウ
  が消化して排せつしたコーヒー豆を使用しており、なめらかな口当たりと強い
  香りが特徴とされている。(略)「研究の結果、コーヒーに含まれるたんぱく質
  がゾウの消化酵素により分解されることが分かっています。たんぱく質はコー
  ヒーの苦味の主な原因の1つとされているので、これが減ることにより苦味が
  ほとんどなくなります」ゾウの体から排出されたコーヒー豆は、ゾウ使いによっ
  てふんの中から回収され、日干しされる。製造場所はアナンタラがタイ北部に
  持つゾウ保護センターで、ここには30頭のゾウがゾウ使いとその家族と共に
  暮らしているという。》 (AFP/2012年10月26日)
 
クソッタレ! 何だ? このけったクソ悪い記事は。“象がふんでもこわれない!”筆入よりも強いニンゲンの欲求は“象のふんでもこわれない”らしいな、「糞喰らえ」ってなもんだ。オレたちルアクを憐れむ声もあれば、バカ高ゾウ糞コーヒーがゾウの保護に役立つと讃辞を呈する声もあるようで、まさに「衆盲象を模す」、どっちも救われない糞たわけだ。
 
   糞コーヒー (4) 
クソッタレ! オレ「ルアクのプ~さん」は、《食べる豆は全て「スペシャリティコーヒー」に認定された最高級ランクのアラビカ種・ロブスタ種を分けて与え》られている環境に住んでいるゾ。オレはルアク社会でも仲間に一目置かれるほど、コーヒーチェリーの味にはうるさい。ニンゲンで言うところのQグレーダーのスーパースターだな。プ~さんの手に、いや口に、いや尻にかかれば、いずれはゲイシャ100%の、そしてポワントゥ100%のコピ・ルアクを放(ひ)り出してやれるがな…もっとも、ニンゲンがいくらで売り買いしようが、ルアクには糞の役にも立たない、「糞喰らえ」ってなもんだ。コーヒーは…クソッタレ!
 
コメント (2) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ナカガワ URL [2012年11月24日 20時35分]

R(ロブスタ)グレーダーにつづいて、L(ルアク)グレーダーが登場する日の近いかも。
Lグレーダーのオルファクトリスキルとか、トライアンギュレーションとか、考えただけでも----。

to:ナカガワさん
帰山人 URL [2012年11月24日 21時53分]

Lグレーダー認定には、それなりの難度があっても仕方ありません。トライアンギュレーションに関しても、培地・品種・スクリーンは同じ3つのカップで、2つはルアクで1つはレギュラー(初級)、2つはルアクで1つはジャクーバードorブラックアイボリー(中級)、2つは野性ルアクで1つは飼育ルアク(上級)…国際審査委員長ともなれば、2つは同一個体ルアクで1つは別個体ルアク…この識別能力を要します。道端で犬の糞を嗅いで常用のドッグフードや残飯が頭に浮ぶくらいのフン闘は事前にしておいてください。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/516-683dc028
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin