ふっとび伊吹4 秋山応援篇

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2012年10月08日 22時30分]
「伊吹」(いぶき)と「浅井」(あざい)、神世の昔話でも互いに怨讐と悵恨に満ちた二つ
の地を想いながら、きまぐれ伊吹山登山「ふっとび伊吹」4回目、秋季にやってみよう!
 
2012年10月7日
伊吹山登山
 
秋のふっとび 秋のふっとび (1) 秋のふっとび (2) 秋のふっとび (3)
変態走大会『夢高原かっとび伊吹2012』より42日後の朝7時、伊吹薬草の里文化
センターから走り始める。往路「かっとび」ルート、虫の声が響く林道、吹く風も爽涼、
だが足は早くも重い。一合目からゲレンデ端まで驚くほど大量のシカの糞、大丈夫?
虫の声が響く二合目の草道上り、私はヒイヒイと虫の息?三合目で1時間6分経過。
遠い空は薄雲白いが、眼下の琵琶湖は対岸までよく見える、秋の遠景が美しいゾ。
山腹を見上げれば、ススキに混じって色美しい花花が競演、秋の近景も美しいナァ。
速度は上げないが他の登山者を抜いても抜かれない、立ち止まらず一気に尾根へ。
ちょうど2時間経過で山頂に到着、さすがに汗だく。「えびすや」で伊吹コーヒー牛乳を
飲みながら、「今日は来るのが早いな、何回?」に「1回、この後にね…」、オヤジさん
と共に喫煙談議。「用が済んだら、もう1回来な」に「冗談じゃねえ」(笑)、で下山する。
 
秋のふっとび (4)
上りでは気がつかなかったが下り始めてわかる、ナルホド「えびすや」で聞いた通り、
先日の大雨で登山道は荒れ荒れ、一部のガレ場は土埋まり走りやすいが、岩場は
落石でグチャグチャ、怖くて駆け下れない。陽が昇り、上り登山者が激増、パーティ
が多いので、道譲りの数分停止が度度。復路は全て正規「登山道」ルートで…ゲッ、
三合目トイレ横の道に深さ50cm以上の長い溝が数条、こりゃ尋常じゃない荒れだ。
二合目下の道には陥没してできた大きな穴、危険と言える荒れ、伊吹山は大丈夫?
下るほどに対面の登山者へ「コンニチワ」が途切れず、口も疲れる満員御礼(笑)。
道譲り以外は立ち止まらず一気に伊吹薬草の里文化センターへ、復路1時間20分。
 
 
「ふっとび伊吹」は終えたが、汗みずくのまま車を走らせて、「伊吹」の宿敵「浅井」へ。
 
秋のふっとび (5) 秋のふっとび (6) 秋のふっとび (7)
既にスタート時間の10時30分は過ぎている…「2012 あざいお市マラソン」会場の
「浅井文化スポーツ公園」、応援者の群れをすり抜けて、草野川沿いのコース脇を
逆に進みつつ、次々と息を荒げて走り来る選手たちへ拍手と声援を送る。ハーフ
18K地点で道脇に立ち止まり、「ファイトォ~!」、「ガンバ、ガンバ、ガンバァ~!」、
「イイ調子ィ、行ケルゾ~!」、「踏ン張リドコロダゾォ~!」、「ハイ、ナイスラン!」…
ハンドタッチ付きで絶叫応援。「あざいお市マラソン」に私は参加したことが無い…
一昨2010年大会では走友のちんきーさんごぼう☆さんを応援、今般は友人M
来た!友人M快走だ!「しんろくさんも走ってますよ」に「エッ?ホント」、数百m併走
して「じゃ、オレは後ろのしんろくさんを待ちながら応援続けるワ」と見送る。暫く後…
来た!しんろくさん快走だ!約1km先行走して「じゃ、オレ、後尾の選手に応援続け
るワ」と見送る。のどかな田園風景に響き渡る独り私の大絶叫声援、差し出す手に
大勢が「元気くれ~」とタッチの嵐。手も喉もジンジンヒリヒリだが、最後尾の選手ら
一人でも多く関門突破してフィニッシュ制限に間に合って欲しい、だから止めない!
20K地点の関門閉鎖を見届けながら公園会場へ走り戻り、喫煙休憩しながら無事
完走した友人Mしんろくさんと集い、楽しき走後談議を長長。しんろくさんと別れて、
友人Mと車で帰路につく。途中、養老サービスエリアで「豚ばらラーメン」を食べて、
走友と延延喋りながら帰るは毎度?「ふっとび伊吹」で山気を満喫し、マラソン大会
応援で喜悦し…「伊吹」v.s.「浅井」、いずれも想い通りにタンノウした快い一日だった。
 
コメント (6) /  トラックバック (0)

コメント

No title
t.matsuura URL [2012年10月10日 07時52分]

あざいお市マラソンの応援ありがとうございました。
走る前は、帰山人さんいらっしゃるかも...と
頭によぎるんですが、走っているときはすっかり
忘れてしまっているので、いつも結構驚いています。
今はいただいたアドバイスを参考に
いびがわまでの練習を組み立てています。

to:t.matsuuraさん
帰山人 URL [2012年10月10日 12時52分]

お市マラソン、オツカレサマでした。
>今はいただいたアドバイスを参考に…
グロスv.s.ネットの件は余計な一言だったかなぁ、とチョット反省しています。いや、どんな件でも今の私よりも、「サブフォーへの道程」時代の(まるで別人走者だった)私にしかアドバイザーたる資格はない、とも^^;
ともあれ、記録(タイム)を狙う限りは記録が全てであって、先行逃げ切りかイーブンか後半加速か、休むか休まないか、などという手段や策は自由なのです。ご自身の思惑通りにサブフォーを狙ってください。

No title
しんろく URL [2012年10月10日 22時58分] [編集]

応援に来てくださり、ありがとうございました、帰山人さんの姿を見つけた時、テンションが急上昇しました。
2010年の時の写真を見ていて、参加賞の「お市米」のパッケージがかなり簡略化されてしまったことがわかりました。
また、(2010年の)19番の写真の沿道応援をしている家族は、次男がお世話になった保育園の先生ということをいまさらながら発見しました。

No title
ちんきー URL [2012年10月11日 00時06分]

浅井お市ハーフの事すっかり忘れてました・・・
しんろくさんもMさんも出てたんですね。
お3人共楽しまれたみたいで・・・うらやましいです。
実は週初めの予定ではこの日伊吹へ行く予定でした。
(おかわり初チャレンジのつもりでした)
ですが週中ほどから両アキレス腱に痛みが出て高負荷を掛けるとヤバそうなので断念しました。
とは言え応援には行きたかったです。
重ね重ね残念・・・

to:しんろくさん
帰山人 URL [2012年10月11日 16時00分]

しんろくさんの出走は事前に知らなかったので、会えてテンション上がったのは私の方ですから!
>保育園の先生ということをいまさらながら発見…
そんな偶然が!いや、縁というか、「無縁」というか…スゴイ!それを発見するしんろくさんもスゴすぎます(笑)

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2012年10月11日 16時11分]

伊吹山にも涼風が吹く秋が訪れていますよ、ちんきーさん。それも「いびがわ」後には雪が降ります(例年の初冠雪は11月半ば)、お早めにどうぞ^^/ でも、アキレス腱もおだいじに…
お市マラソンは一昨年以上に賑わっていました。世のマラソンブームを実感しました^^;

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/503-fbc56a2d
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin