サブフォーへの道程~(5)フルマラソン再挑戦

ジャンル:スポーツ / テーマ:マラソン / カテゴリ:走の記:サブフォーへの道程 [2009年01月05日 00時00分]
2007年の秋、初フル以来1年半余の期間を空けて、
2度目のフルに挑戦する時がやってきた。
再びフルマラソンのレースにエントリーしたのは、
「せめてサブフォーを一度でいいから我が手にしたい」
という頑なな想念が頭から離れなくなっていたからである。
ウルトラだとか、トレランだとか、トライアスロンだとか、
フルマラソンをさらに超えた自分を(根拠無く)思い描くと、
「サブフォーやってから考えろ!」と自身に叱られ、
逃げられない想いになっていた。

2007年11月11日
『2007 いびがわマラソン』 フル

大会一カ月以上前から風邪をひきこみ、鼻炎と気管支炎が治らない。
当日レース直前も、鼻をかみ続ける私に、
同道した友人に「本当に(走って)大丈夫ですか?」と気づかわせる始末。
しかし、「この大会でのいきなりサブフォー狙いは断念するが、
完走だけは挑戦しよう」とスタート。
ところが、気負っていない分だけ走り始めると意外と調子が良い。
で、10キロ過ぎからのオーバーペースがたたり、後半失速、
35キロ付近でついに筋ケイレンで立ち止まるハメに。
再び走り出した、というより歩き出したというべき状態でフィニッシュ。
タイム 4h11分48秒
欲に負けた前半で足を失った後半、というよくあるバカぶりで
素直に喜べない自分と、
不調でここまでやれたのだから、フル完走はいつでも来い、と
自信をもった自分が同時にいた。

2007年11月23日
『2007 名古屋シティマラソン』 ハーフ
いびがわフルから10日余りでの連戦自体が「挑戦」である。
体調不良明けに加えて蓄積疲労を残したままのレースなので、
これまでではもっとも気軽な「ダメでもともと」感覚でスタート。
タイム 1h37分45秒
やはり、この気負いのなさが身体を動かしたらしく、
前年2分弱短縮と好結果である。

結果として、この2レースで走力に自信を持ち、図に乗った感。
この後、年明けにその調子づきがたたき落とされることになることも、
この時の自分は予想だにしていなかった。
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/5-e18338ff
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin