お前は悪魔…

ジャンル:映画 / テーマ:映画感想 / カテゴリ:観の記:映面 [2012年09月09日 23時30分]
「全米歴代No.1ヒット!!」…あ、但し、公開週末3日間興行収入で、それも逃亡
アクションものに限ってで、さらにシリーズものじゃない場合、だけど…。ちなみに、
同部門で興収No.1の「ボーン・アルティメイタム」(The Bourne Ultimatum)の
約7千万ドル(US$)より約3千万ドル少ない約4千万ドルだったけどネ、この映画。
「本年度No.1ロングヒット!!」…あ、但し、連続トップ10入り7週で、それも3月
23-29日週までで、だけど…。ちなみに、この週から公開の「ハンガー・ゲーム」
(The Hunger Games)は10週間トップ10入りしたけどネ、ダメだ、この映画。
「人の心を操る天才」は、主人公トビン・フロストじゃなくて配給会社?でも、偽者だ。
  お前は悪魔 (1)
 
『デンジャラス・ラン』(Safe House) 観賞後記
 
主演のデンゼル・ワシントンの演技が好い。そして、主演のデンゼル・ワシントンの
演技が好い。また、主演のデンゼル・ワシントンの演技が好い。さらに、主演のデン
ゼル・ワシントンの演技が好い。つまり、主演のデンゼル・ワシントンの演技が好い。
『デンジャラス・ラン』は、主演のデンゼル・ワシントンの「演技」が好い…それだけ。
 
デンゼル・ワシントンの演技は好いが、トビン・フロストという演ずる人物がショボい。
そして、相方役のライアン・レイノルズも頑張るが、バディムービーとしてはショボい。
また、物語の鍵となる極秘情報の内容がショボい。さらに、敵役の黒幕が誰なのか
直ぐわかってヒネリも無くショボい。つまり、脚本が屑(クズ)でショボい…それだけ。
 
「お前は悪魔と逃げている」と謳う『デンジャラス・ラン』を作った者、お前は悪魔だ!
 
コメント (10) /  トラックバック (0)

コメント

なるほど~
KOICHI URL [2012年09月10日 14時46分]

映画館で観るまでも無さそうだね。。。
ありがとう、やめておくわw^^;
あ・・・先日は、久々に会えて嬉しかったよ!
また会おう!^^ノ

to:KOICHIさん
帰山人 URL [2012年09月10日 16時46分]

どうも、いらっしゃいましぃ~^^/
それにしても誕生日問題は衝撃だったねぇ、また会って喋りましょう。
え?映画館で観ないの?でもTV放映やレンタルVを自宅で観ると、さらにB級テイストになっちゃうよ(笑)

No title
ちんきー URL [2012年09月10日 22時19分]

>主演のデンゼル・ワシントンの演技が好い。・・・・・主演のデンゼル・ワシントンの「演技」が好い…それだけ。
爆笑しました!

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2012年09月10日 23時12分]

デンゼルは本作でも徹底して役を作りこんだようです。
そんな本作の見どころと言えば…そう!
主演のデンゼル・ワシントンの演技が好い…もうええワ!

No title
ナカガワ URL [2012年09月11日 10時17分]

最近事前に情報を得ず、ネット上の予告編だけを頼りに劇場に足を運んでいます。キサンジン様は、鑑賞の前後の情報収集はどのくらいされるのですか。
鑑賞希望作品は、リストを作ったりするのですか。

to:ナカガワさん
帰山人 URL [2012年09月11日 15時21分]

鑑賞の前後の情報収集…行きあたりばったり、です。例えば、本作『デンジャラス・ラン』の場合は、事前にトレーラーを見ただけで劇場へ行きました。しかし、同じデンゼル・ワシントン出演作品でも『アンストッパブル』の時は、実際の「クレイジーエイツ事件」を時間(上映時間の数倍以上)をかけて調べてから行きました。気になることがあれば、ネタバレとかお構い無しで情報収集することもあります。観てから調べる調べないもテキトー。私は勝手に「年間200本以上を劇場で鑑賞し続けてから『映画』ファン」という前提基準を持っているので、もう四半世紀くらい自分が「映画ファン」じゃあ無い…映画「観の記」は、言ってみりゃあ週1回スタバでミルク飲料を飲むだけで「コーヒー」を語っているようなもんです…だから、姿勢も切り口も超テキトー。

No title
ナカガワ URL [2012年09月12日 13時09分]

年間100本なら、過去に観た年があったような気がしますが、それも高校の帰りにフィルムセンターに通えた時期。250円くらいで見られました。90分睡眠したときもかなりありました。とはいえファンと胸を張って自称できる人いるのでしょうね。いまや年間10本未満。桁が違うので「フン糞」以下です。情けない映画フンです。スタバのコーヒーとシーズンケーキ・フンでもあります。ビデオで鑑賞できるようになった時期でもありました。ノーカット字幕スーパー付放映が増え始めたころです。自主上映なんて言葉がまだ息をしていましたっけ。ああ、あれから30年、です。

to2:ナカガワさん
帰山人 URL [2012年09月12日 20時14分]

私も映画「フン」ですねぇ…いや、本数観りゃあ好いってもんじゃあないんですけどネ。でも「映画」にどれくらい重きを感ずるか、の指標にはなるかと。そういう意味では、自分の中で軽くなってしまったんだろうなぁ…気力もですが、感受能力が鈍って意気地が失せたのかもしれません。そういう意味でも…嗚呼、あれから30年。

No title
しらちゃん URL [2012年09月23日 22時24分] [編集]

ほんと、極秘情報の中身と最後の対処がひどいですねえ。これなら、CIA長官が水虫だっていう秘密のほうがいいですよ(笑)。

私はこの映画をモンブラン行きの飛行機で見ました。つまらないなあと思ったのはスクリーンサイズのせいではなかったというわけですね。同じ時に見た『ハンガーゲーム』は割とよくできていました(2時間20分は長すぎましたが)。

to:しらちゃん
帰山人 URL [2012年09月24日 14時47分]

まったくネ、何であんな陳腐なストーリー設定にしたんだろう?キャストが同じでも、もう少しなんとかなっただろうに…
ナルホド、UTMB往きの機内上映で「よしっ生き残ったらぁ!」って感じならば『ハンガー・ゲーム』の方がマシってことかな?(笑)昨今、映画もランも女の方が勇ましいのかも…^^;

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/494-218e8a88
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin