変わる川と町

ジャンル:学問・文化・芸術 / テーマ:art・芸術・美術 / カテゴリ:観の記:美面 [2012年09月02日 06時30分]
「川と町アートプロジェクト 夏秋 2012」が岐阜県美濃加茂市において始まった翌日、その主催団体「きそがわ日和」実行委員会へ助成を決定した公益財団法人「文化・芸術による福武地域振興財団」は「直島福武美術館財団」に合併され解散する公告を出した。木曽川は流れ、旧中山道太田宿界隈も移ろう…催事は変わり行くのか?
 
変わるアート 変わるアート (1) 変わるアート (2)
「きそがわ日和」の「川と町アートプロジェクト 夏秋 2012」、春の催事も好かったし、実行委員長は「コクウ珈琲」の篠田康雄氏、加えて出展作家の柴田さやか氏からも案内をもらった、では今般もぶらりと行ってみよう。2012年9月1日の午後、まずはインフォメーションスポット(飯田邸)とセレクトマーケットを覘いて、次は音楽催事へ。
 
変わるアート (3) 変わるアート (4) 変わるアート (5) 変わるアート (6)
コンサートの会場となった御代桜醸造、濃緑色のタンクも照らされた酒蔵の中、ここもアート空間?「ポチ」ことボイスパフォーマーのマツイアミ氏の歌、独特の声質が蔵に心地よく響く。曲「コーヒー同好会」と、タンザニアの旅話が好かった。鍵盤ハーモニカカルテットの「Flying Doctor」、ヴァイオリンやカホンを使う変則な編成が面白い。
 
変わるアート (7) 変わるアート (8)
どしゃ降りはピッタリとコンサート中だけ、空気の匂いが変わった雨上がりに、7人のアーティストの作品、近辺6会場を歩き巡って観る。祐泉寺の本堂の軒下という空間を活かした柴田さやか氏の作品を眺めていると…作家本人も登場。会場にもなったコクウ珈琲に行けば満員、店の外で写真作家の村上将城氏と挨拶がてら喫煙談笑。
 
変わるアート (9) 変わるアート (10)
全会場を閉場の時間いっぱいまで使って巡り観て、コクウ珈琲に戻り、村上氏の写真に囲まれながら、なぜか終了後に集った作家たちの懇談に勝手に混じって、菓子まで頂戴しながら喋り憩う、勝手放題。川と町と建物を存分に活かした催事、天候こそ「気違い日和」だったが、変わる川と町に友交も加え楽しき「きそがわ日和」だった。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/491-4c2d2b9b
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin