調法な人を悼む

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2012 [2012年08月19日 06時00分]
俗に「コーヒー・カンタータ」と呼ばれている音楽劇‘Schweigt stille, plaudert nicht’(BWV211)を作ったJ.S.バッハ(Johann Sebastian Bach)は、1750年7月28日に死亡。262年後2012年の同月同日、作家でコピーライターの西尾忠久が死去した。
 
 《…大いなる趣味人であり、今で言うところの「キュレーター」の先駆者でも
  あった。(略)興味の範囲は、驚くほど広い。海外の一流品がまだ「舶来も
  の」と呼ばれた時代からその素晴らしさを評価。(略)これらを貫くものは、
  ダンディズムであろう。その始祖であるボー・ブランメルをはじめ、メグレ
  警視、池波正太郎といったダンディーたちへの目配りは、そのまま粋なラ
  イフスタイルと創造性の探求に結びつく。(略)ご冥福を。》
  (「ダンディズムの人を悼む」/中日新聞 2012年8月14日 大波小波)
 
西尾忠久の経験と好奇は多くの分野で重宝した、それはコーヒーに関しても例外でない。『ミステリー風味 グルメの世界』(西尾忠久:著/東京書籍:刊/1991年)は、海外ミステリーに登場する街・人物・物品・飲食など万象のデータベース化により導き紡いだ本、その中でコーヒーには4編ほどで触れられた。「ソ連海軍は紅茶、米国海軍はコーヒー」(『レッド・オクトーバーを追え』)、「『ブラック』コーヒーの幾重もの意味」(『カロライナの殺人者』)、「『ウィンナ・コーヒー』って?」(『レディ・ハートブレイク』ほか)、「コーヒーがわりに、子どもはチコリ」(『ハッカー連続殺人事件』ほか)である。興味深い話題も登場する。
 
 《『レディ・ハートブレイク』では、どういうのがウィーン風の炒り方なのかは
  説明されていないので、訳者の山本やよいさんに頼んで作家に問いあわ
  せてもらった。…「フレンチ・ローストも非常に濃いけれども酸味がありま
  す──別な豆からつくられるのです。ウィーン式のコーヒーに使われる豆
  はそれよりも酸味が少ないのです。…一般的にいって、ウィーン式のコー
  ヒーは抽出式でいれると思っているのですが。背の高いシリンダー・ポット
  に挽いたコーヒー豆を入れ、その上から熱湯を注ぎ、五~一〇分間その
  ままにしておきます。…それからプランジャーを押しさげてコーヒー豆をシ
  リンダーの底まで押さえこみます。》
  (『ミステリー風味 グルメの世界』p.47)
 《猫の短編ばかりを集めた『ネコ好きに捧げるミステリー』に収録されている、
  L・J・ブラウン「八時三十分の幽霊」には、オランダではチコリを少し加え
  た味の濃いコーヒーを好んで飲む、ともある。もっとも、オランダ政府観光
  局の友人に問いあわせたら、そんな習慣は知らないといわれたが。》
  (『ミステリー風味 グルメの世界』p.49)
 
ウィーンのコーヒーが、フレンチローストよりも酸味が少ない豆を使って、フレンチプレスで抽出されている…オランダにはチコリを加えた濃いコーヒーを飲む習慣がない…実に興味深い調法である。西尾忠久は当事者へ問いあわせてまで好奇を追究する、サスガ。 
 
  調法な人 (1)
西尾忠久の関心と知見は多くの分野で重宝した、それはコーヒーに関しても例外でない。「珈琲文化シリーズ」の『珈琲交響楽』(味の素ゼネラルフーヅ:刊/1980年~1984年)、その全5巻のうち実に3巻へ稿を寄せている。第1巻のコーヒー通へのメッセージ「世界のコーヒーブレイク トルコ」では、700余文字の小文でトルココーヒーの飲用実状を17~18世紀以来のヨーロッパとの交流に結びつけて活写している。また、第5巻の「マイセン・コーヒーカップ物語」では、トルコ式のコーヒーがヨーロッパでは《どうしてコーヒーポットやドリップ式に変わってしまったのかという疑問》を解き明かそうと斬新な推論を展開した。これらは、論の是非や正誤はともあれ、眇然たる専門バカの者には書けない話であろう。
 
 《あるときのフライトで、どういうはずみか、フライトバッグの中にスプーンが
  入っていたのです。「これだナ」と思いました。ところが、一度あることは二
  度ある、二度あることは三度ある……で、いつの間にか、十数種類の航
  空会社のスプーンが集まってしまったのです。》
  (『珈琲交響楽 2・珈琲を愛する人間讃歌』p.18)
 
第2巻のMY COFFEE COLLECTIONにおいて「フライトバッグにまぎれこんだ?航空会社のスプーンたち」と題して寄稿した西尾忠久はダンディというよりも稚(いとけな)い。善良なる粋か? 悪辣たる不粋か?…NZ・JL・KEのカトラリーを常用している私としては、西尾忠久を腐すことは差し控えておこう。だが、広告であれミステリーであれ、キュレーターである前にコレクターであることは否定できない、それはコーヒーにおいても同様か。 
  調法な人 (3)
西尾忠久が遺した《バーンバックという現代の天才、DDBという現代の奇蹟は、ほんとうに、もっともっと研究されるべきだ…》(Webサイト「創造と環境」)という言葉は、コーヒーを愛好する者にも響いてくる。例えば、1960年代におけるコロンビアコーヒーの躍進だ。
 
 《一九六〇年に、コロンビアの全国コーヒー生産者連合はファン・バルデス
  という人物像を考え出した。(略)「ファン・バルデス」キャンペーンは、コロ
  ンビア産コーヒーやそれを含むブレンドが上質だというイメージを築き上
  げた。(略)「アドバタイジング・エイジ」紙〔アメリカで最も権威ある広告業
  界紙〕のある記者は、このキャンペーンを「突飛で馬鹿げたからくりや、無
  意味な離れ業に頼るようなことは一切なく、驚くほど独創的だ」と絶賛した。》
  (マーク・ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』 第14章 pp.350-351)
 
DDB(ドイル・デーン・バーンバック)が手がけたコロンビアコーヒーの広告を、西尾忠久は《コロンビア産のコーヒー全体を、ホアン・ヴァルデッツという一人の人格に凝縮したアイデアがすばらしい。製品、企業の人格化の好見本の一つ。》(「創造と環境」)と讃した。他の例では、‘Where else can you see the greatest show on earth for the price of a cup of coffee?’と題されたDDBによるフランス政府観光局の広告(『The New Yorker』1964年1月11日号:国際広告協会第17回国際会議グランプリ)なども見逃せない。虚飾に満ちた惹句と肩書ばかりの現在のコーヒー界に対して、私はこう言いたい…「諸君の世界は、突飛でばかげたからくりや無意味な離れ業に頼りきり、驚くほど低俗で不粋だ。DDBのコーヒーやカフェの広告、それを紹介する西尾忠久という貴重な存在は、ほんとうに、もっともっと評価されて研究されるべきである」、と。如何?
  調法な人 (2)
 
西尾忠久が「ダンディズムの人」であるのかは関知しないが、多くの分野においてある種の「キュレーター」であり「ファシリテーター」であったと想える、それはコーヒーに関しても例外でない。コーヒーを追究する者にとって調法な「文化人」の死に、哀惜の意を表する。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/487-f0c0abc6
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin