まぁいいか?

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2012 [2012年06月28日 23時00分]
『△△として大切なことはみんな××で教わった』に『△△ついて語るときに××の語ること』を足して2で割ったような題名、足しにもならず割り切れない中身のコーヒー本に遭った。
  まぁいいか
 
『珈琲焙煎士のぼくがコーヒーに教わった大切なこと』(土居陽介:著/しののめ出版:刊)
 
《私はコーヒー焙煎士だ》(p.3)という破廉恥な自称から始まる本書。焙煎「士」とは何ぞ? クラシフィカドール(classificador)を「コーヒー鑑定士」と訳すること通例ではあるが、他、コーヒーの百姓が栽培「士」などと自称する例は寡聞にして存じない。抽出「士」とかいう組織内での名乗りも聞こえる近時であるが、世間に焙煎「士」などと自称するは廉潔から程遠い。《我が輩は「珈琲博士」である》と自称する俗物もいたが、さらに低俗であろうか。
  《レベルというものは本当に簡単に下がっていく。一度「まぁ、いいか」と考えた
   ことは連鎖し、そのスピードは加速していく。焙煎機が汚れているけど、「まぁ
   いいか」、ちょっと焙煎度合いを失敗して仕上げてしまったけどこれくらいなら
   「まぁいいか」。一度、出始めたら「まぁ、いいか」は止まることがない。》(p.40)
焙煎「士」と自ら名乗りたい、ちょっと偉そうだけど「まぁいいか」…恥じて切腹するがよい。
 
《孔子は、その教えの中で…》(p.29)と始めて、《建築家の安藤忠雄氏は…》(p.62)とか、《多摩大学大学院教授であり、ソフィアバンク代表である田坂広志氏は…》(p.65)とか、《フランス料理の権威である三國清三氏は…》(p.133)とか、《小論文教育に携わる山田ズーニー氏は…》(p.151)とか、《「不動智神妙録」とは…》(p.165)とか…本書には著者・土居陽介氏が引いた訓導の言が頻出する。しかし、どれもが虚ろで空疎、響きが悪い。《芸術家であり、料理家でもあった北王路魯山人は…》(p.200)、《日本で味の研究をする時、北王路魯山人の名ははずせない》(p.211)…北「王」路魯山人…魯山人を引いてコーヒーの妙味を語る前に、自著の校正を怠ることに悔悟するべきであろう、無礼者は。
 
本書を通した著者の論は、説法臭いようで説法になっていない、撞着ばかりが鼻につく。
  《パクるのではなく、マネればいいのだ。マネるとは、どういうことか。それは、
   同業界ではなく他の業界がやっていることを、自分がやっていることに取り
   入れるということだ。そもそも「学ぶ」の語源は「マネる」なのだから》(p.130)
「パクリとマネるとの違い」を説いても、「教わると学ぶ」の違いを噛み分けることが無い。
  《…その集まりに参加していた方に「ここのコーヒーの味はどうですか?」と聞
   かれたので「コーヒーの味を語る以前の問題です。」と答えた》(p.36)
「このコーヒー本の味はどうですか?」と問われれば、私は「コーヒーの味を語る以前の問題です。」と答えようか。本書『珈琲焙煎士のぼくがコーヒーに教わった大切なこと』は、「珈琲焙煎業者である父とコーヒーから学ぶべき大切なこと」が欠けている駄本である。腰巻の惹句「ネット通販界で注目の土居珈琲」に惑う者多い? 「まぁいいか」? 好くない!
 
コメント (6) /  トラックバック (0)

コメント

麻薬犬もかくあるべし
シマナカ URL [2012年06月29日 09時21分]

本物か偽物か、俗物か隠君子か――帰山人氏にはそれらを見分ける優れた嗅覚があるようです。珈琲博士とか珈琲焙煎士の本は読んだことありませんが、帰山人氏が駄本というのなら、たぶん駄本でしょう。歳を重ねると云うことは、そうした嗅覚に磨きをかけるということであって、ただべんべんと
生き長らえることではないのです。毎度のことながら、胸のすくようないい文章でした。

to:シマナカさん
帰山人 URL [2012年06月29日 14時37分]

まぁ土居(息子)さんの本が駄本だからって、土居(親父)さんの焙煎技量が駄目だとか土居珈琲の豆が駄物だとかまで断ずるつもりはありません。土居珈琲のWebサイト上でも含羞ある職人めいた親父さんの言葉も僅かには見出せます。ただ、その隣の「お客さまの声」に「もう土居珈琲しか飲めなくなった」とか「土居珈琲から離れることはできない」とか並べられると…「麻薬犬」はピクッとするんでしょうナァ(笑)
私自身は世に仕える「麻薬犬」なんてまっぴらゴメン、冥府から戻らぬように珈琲の俗人を食い殺す「ケルベロス」を目指しております。

No title
ナカガワ URL [2012年06月29日 20時12分]

先日とある事務所で、コーヒーを致死量飲むみたいな話題を聞きました。ずいぶんな話題と思って、その語り部のカバンの開いた口に目をやると、ムムッ「珈琲博士」の背表紙が。まじめな業界の方々は書店で見つけるとやはり手にとって目を通してしまうものです。そして、読んでしまうので、何かを読解してしまいます。流して読んでも、記憶に刺さってしまう。ハマダラカに刺されるようなものです。死には至らないが完治せず一生のおつきあい。予防にも治療にも、週に1回キサンジンを服用することが必要です。

to:ナカガワさん
帰山人 URL [2012年06月30日 21時54分]

おかしいな?キサンジンはカフェインとは別種のクスリになったのかな?確かに連用できるクスリですが、劇薬ですので用法・用量を適当に考えてご使用ください。しかしバカにつけるクスリはありませんので、根治はムリ、根治苦笑(コンチクショウ)であります。

No title
じょにぃ URL [2012年07月02日 10時17分] [編集]

帰山人さん。
この本後で買って読んでみたいと思います。

致死量のお話をされていますが
コンビニに置いてある本の表紙に
コーヒー75杯で死亡と書いてありました。

またコーラに含まれているカフェインで
致死量に達するには
ドラム缶1缶くらいの量を飲む。
しかも一気飲みしないとダメと
何かで見ました。

飲めません(笑)

流石に帰山人さんも1日75杯は飲まないですよね?

私は飲みすぎると
ニコチン中毒者みたいに
プルプル震えます。
と言っても5杯くらいですが(^^;)

珈琲の飲み歩きする時は
しっかり腹に食べ物を入れていかないと
体がおかしくなります。
それでもすぐお腹がすくので
その日は5色くらい食べてしまいます。



to:じょにぃさん
帰山人 URL [2012年07月02日 19時02分]

私の記事を読んで「後で買って読んでみたい」とは…じょにぃさんも奇特な方ですなぁ…まぁボロクソ言った私には罪滅ぼしになるかも(笑)
カフェインの致死量云々について医学・薬学・生理学の観点では、これはもう百珈苑の旦部さんに全面オマカセですナ。
私自身は(仮に)カフェイン過剰摂取で死ぬことになっても、飲みたいコーヒーを飲みたいだけ飲みますから、連続何杯とか日に何杯とかなんて気にしていません。でも連続75杯どころか42杯ですら飲みませんヨ^^;↓
http://www.youtube.com/watch?v=EJycKhaqC8c&feature=youtu.be

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/468-ea8e73b3
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin