研がなくて資す

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2012 [2012年06月21日 05時00分]
「色は匂へど 散りぬるを 我が世誰ぞ 常ならむ
 有為の奥山 今日越えて 浅き夢見じ 酔ひもせず」
 
〔解釈:珈琲狂版〕
 匂いたつような色の珈琲もやがて香りが散ってしまう。
 この世の中で不変の珈琲などありえない。
 険しい山を登り越えても迷いそうな珈琲人生だから、
 酒じゃあるまいし酔っぱらえない珈琲に、
 浅はかな夢をみる暇などありはしない。
 
い イスマイル日本に来ればイブラヒム
ろ ロブスタ嫌いのアラビカ先祖知らず
は 花よりコーヒーエナジーボール
に ニュークロップ世にはばかる
ほ ホンジュラスも渡ればグァテマラ
へ 下手の士(さむらい)商売
 年寄りの深煎り嫌い
ち チリも植えればできるのに
り リベリカの益(えき)競(せ)るさ
ぬ 布にこだわり昼寝
る ルアックの糞高さ
を 老いても止まらぬエイジング
わ 割れた豆にも五分の魂
 カップテスターの面に小便
よ 良い珈琲でも好みに合わず
た タンザニアはケニアくずれ余は情け
れ 量焼くならスターラー式
そ 霜害は易くシェードは難し
つ 爪に火をともし釜に火をいれる
ね 粘りはハニー
 生豆に虫
ら ラテ・アートの事を言えばコーヒーの鬼が笑う
む ムシレージをむしってむしろの上
う ウォッシュトから出た廃水
ゐ インスタントのリワークもご存知ない
の 喉元過ぎても酸敗残る
お オールドクロップ身の上知らず
 クレマで味に蓋をする
や 闇に大豆
ま マンデリンはもう無い
け 芸者値を高く
ふ ブロッカ殺(や)りたし打つ手は持たぬ
こ 粉は豆売りの首枷
え エスプレッソの色事
 ティピカが好きで天日干し
あ アメリカン隠してシアトル隠さず
さ サビ病の神に讃(たた)えなし
き キューリグ極楽使って地獄
ゆ 有機たいてい奇
め 目の上のスペシャルティ
み ミルから出た錆
 ジャマイカはほっとけん
ゑ エイジングは異なもの味なもの
ひ 挽いたら粉
も モカ狂い三十年カフェ八年
せ セラード事を仕損じる
 スタバに染まればブラックエプロン
京 今日(きょう)の無念わずかの売れ
 
「研(と)がなくて資(し)す」 鳥目散 帰山人
 
コメント (6) /  トラックバック (0)

コメント

No title
じょにぃ URL [2012年06月22日 16時03分] [編集]

帰山人さん。

お見事です。
色んな意味が入り混じった素晴らしい
いろはにほへとですね。
帰山人さんの本が出た際には
是非巻頭に。

初めまして
福田裕希 URL [2012年06月22日 16時03分] [編集]

ランズボローメイズの記事読み辿り着きました。巨大迷路への深いご理解に嬉しく書き込みさせて頂きました。
私もワナカ、スチュワートランズボロー宅で1年、後にクライストチャーチに暫く住んでおりました。福田の息子です。
帰山人さん、ニュージーランドに訪れた事があるとの事でしたので、、、父のご友人の方ですか?

to:じょにぃさん
帰山人 URL [2012年06月22日 16時40分]

じょにぃさん、恐縮です。でも、頭に想い浮かんだことをパパッと並べた手抜きカルタですよ(笑)まぁ読み手によって解釈の深度と是非がわかれるようにしてありますけれどネ^^/

to:福田裕希さん
帰山人 URL [2012年06月22日 17時24分]

ようこそ!裕希さんは福田社長のご子息ですか?
(既読かもしれませんが)過去記事で述べたとおり
http://kisanjin.blog73.fc2.com/blog-entry-144.html
http://kisanjin.blog73.fc2.com/blog-entry-425.html
ご父君とはメイズプロダクツの招待旅行でお会いしただけです。当時ご父君からみれば、私は単なる大学研究生の若造でしかなかったと思います。友人?ランズボローメイズを愛好する心では、そう言えるかもしれませんが(笑)
福田さんの日本人離れした容姿(失礼?)と豪放なキャラクター(重ねて失礼?)は今でも忘れません。旅行中は車に乗せてもらったり、南島を離れる際には握り飯を差し入れてもらったり、ジョーク連発の明るく怪しい福田さんのおかげで本当に楽しい旅でした。
そのご子息からコメントいただけるとはなぁ…人生はオモシロイ!

ありがとうございます
福田裕希 URL [2012年06月25日 20時57分] [編集]

そうです。息子です。写真みました。何だかとても懐かしいです。私は今、45歳、和歌山白浜町 大阪の豊中 半々の生活です。又、良ければ、メール待ってます。

to2:福田裕希さん
帰山人 URL [2012年06月25日 23時34分]

四半世紀を経て、Webの世なればの邂逅ですね。
歳は私が3つ上、まぁほぼ同年代ですネ。私はイイ歳して、人生の迷路にハマったままですが(笑)
南紀白浜…エネルギーランドの迷路がある…イカンなぁ、どうしても発想がソコにいってしまう…(笑)

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/467-45d94f4c
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin