豚の檻

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:大会編 [2012年05月21日 23時00分]
大会前日、一部開通した第二東海自動車道(いわゆる新東名)を初めて通り、その道中で
「コーヒーの苑」に寄ってから、さらに東へ車を走らせる。明くる朝、泊まった宿の部屋から
雲一つかかっていない富士山を眺めつつ身支度して、スタート会場「富士山こどもの国」へ。
受付と装備チェックを終え、合流した友人M(t.matsuura)と共に好天を喜びスタートを待つ。
UTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)姉妹大会UTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)
に併催されるSTY(Shizuoka to Yamanashi)、1年延びた走大会に私はやってきた!
STYは豚の檻 STYは豚の檻 (1) STYは豚の檻 (2) STYは豚の檻 (3)
 
2012年5月19日-20日
『STY 2012』 82K
 
STYは豚の檻 (4) STYは豚の檻 (5) STYは豚の檻 (6) STYは豚の檻 (7)
10時にスタート、園地内を約3km周回後、富士山の西側山麓を半周走り歩く旅が始まった。
体調は万全では無いが、林道を駆けるのは気持ち好い。11時、「帰山人さん」の声はUTMF
参加の喫煙ランナーK氏、私が目指すフィニッシュ地点(河口湖大池公園)を昨日にスタート
してから富士山の東側を既に半周している、持久抜群のK氏の顔にも21時間移動の疲労。
 
STYは豚の檻 (8) STYは豚の檻 (9) STYは豚の檻 (10) STYは豚の檻 (11)
11時20分、見慣れた姿に「おーい」声をかければ、「あ、やっぱりいたんだ」同じSTY参加の
快活かおちん。緩く細かく上り下りする小径、緑眩しい草原や林、こりゃ気分爽快だ、走れ。
12時15分、18km地点の北山給水所に到着、ここまでは良好なペースだが、準備不足で
作れていない足に違和感。途中で意外と細かな渋滞もあった、この先も読めないから進もう。
 
STYは豚の檻 (12) STYは豚の檻 (13) STYは豚の檻 (14) STYは豚の檻 (15)
13時、故障が完治していないハズのままでUTMF参加のしらちゃんに遇う、励まされるなぁ。
先は長いので、携帯食料を補給しながら小休止。かおちんは来たけれど、友人Mが来ない。
13時45分、28km地点の西富士中学校エイドに到着、さぁ飯だ(笑)。富士宮焼きそばに
冷し甘酒に冷し汁粉にフルーツに…タバコも一服、両下肢の痛みが増してロキソニン一服。
 
STYは豚の檻 (16) STYは豚の檻 (17) STYは豚の檻 (18) STYは豚の檻 (19)
再度の装備チェックを終えれば既にエイドに40分以上滞在、「あ、早いじゃん」の声はSTY
参加のま☆のさん、「もうヘロヘロ」と応えて再始動。いよいよ難関の天子山地に向かう…
と、15時10分、天子ヶ岳を登り始めた途端にクランプ大発作、足裏から腹筋まで半身全て
が有痛性痙攣コリャ酷い。リタイア覚悟でロキソニンとタバコ追加、唸り堪えて35分大停止。
 
STYは豚の檻 (20) STYは豚の檻 (21) STYは豚の檻 (22) STYは豚の檻 (23)
発作は一旦引いたものの100m毎に足攣り息切れで停止を繰り返す最悪の登山だ。17時、
天子ヶ岳の山頂で小憩。ここで友人Mが追いつき、以後は天子山地を2人ヘロヘロ道中だ。
18時、長者ヶ岳山頂を通過、ここから陽も落ち始め、ヘッデンと防寒着を取り出し装着する。
19時25分、「がんばって」応援に「足は笑って心は泣いてます」と応えて湧水峠を通過する。
 
STYは豚の檻 (24) STYは豚の檻 (25) STYは豚の檻 (26) STYは豚の檻 (27)
20時15分、雲守山の山頂。幸い思ったほどに風吹かず、放射冷却の温度低下も想定内。
怖れるクランプの再発は来ないが、全身疲労で動悸と息切れと眩暈の連続、足がもつれて
超スピードダウン。日も替わり、20日0時30分、最高地点1946mの毛無山の頂部に到着。
徐々に気持ち悪くなって道脇で屈む、度々疲労で居眠りする。2時10分、雨ヶ岳を通過する。
ズルズルと滑りまくる粘土質の下り坂でさらに消耗、しかも制限時間に余裕が無くなってきた。
竜ヶ岳を登り始めた直後、嘔吐感と疲労で急停止、背後の友人Mに先行促し、時を計れば
もう次の関門制限には間に合わない残り時間。竜ヶ岳の山頂で仰向けに寝転び、友人Mの
関門突破を願いながら、気分と体力の回復を待つ30分。4時30分、ほの明るくなった空に
浮かび上がる富士山を眺めながら下山開始、途中で関門時刻5時を迎えてDNFが確定した。
 
タイム 記録無し(第2関門前でタイムオーバーによりDNF)
 
STYは豚の檻 (28) STYは豚の檻 (29) STYは豚の檻 (30) STYは豚の檻 (31)
5時57分4秒、56km地点の第2関門・本栖湖スポーツセンターに到着し、大会走行は終了。
UTMF走行中湯本氏とタバコ喫してスイーパー参加くみちゃんに笑われる、おんたけ仲間だ。
友人Mも関門突破を逃していた、残念。回収バスを待つ間、無節操に腹減り、握飯と味噌汁。
大会会場=フィニッシュ地点(河口湖大池公園)に移り、湖畔で朝の珈琲一杯をネルドリップ。
反省談を終え(?)帰路に着く友人Mと別れ、かおちん完走を喜び、しらちゃん完走見届ける。
近くで風呂と昼食後、コース脇「お帰りなさい」応援をUTMF最終走者まで、15時、大会終了。
完走した湯本氏と再び湖畔でタバコ談議。シャトルバスで「富士山こどもの国」、車で帰路へ。
 
STYは豚の檻 (32) STYは豚の檻 (33) STYは豚の檻 (34)
輝かしき走大会はコースも運営も天候も良好だった、しかし私には「豚に真珠」の惨敗DNF、
STY=「静岡から山梨」ではなくて‘sty’=「豚の檻」になってしまった…藤枝SAの「麺屋大黒」
でチャーシューつけ麺、浜松SAの「浜北軒」でチャーシュー麺、帰途の新東名に2度の夕食で
「豚」を貪り食べながら、完走ならぬ檻送に終わった情けない「豚」の我が身を振り返っていた。
 
コメント (12) /  トラックバック (0)

コメント

お疲れ様でした^^
えりあ URL [2012年05月24日 02時04分]

帰山人さま、STYお疲れ様でした。
私も一度こどもの国を大会でもないのに走って1周した事がありますが、いきなりキツイですよね。
未だ、トレランの大会に出た事はありませんが…
2戦目(走歴9ヵ月)で100キロ、
走歴1年8ヶ月で202キロ、
に続き、
「えりあの無謀でしょ?!シリーズ」第3弾
トレラン初挑戦で
おんたけウルトラ100キロに行く事にしました。
もちろん、山を甘く見てはいませんので
練習は積んで行きますが、一人で山に入るのは怖いので静岡空港周辺のロードで練習するしかありません。
あとは高草山と隣の山のダブル登頂を2回ほどしておきたいと思います。
それと来月、ま☆のさんにトレランと言うものを教えてもらうことにします。
でも相当道が悪い大会なんですよね。。。
また色々とお聞きしたいと思いますので宜しくお願い致します。
そしてお互い頑張りましょう!
(と言うか、出ますよね?)

to:えりあさん
帰山人 URL [2012年05月24日 15時32分]

STYに関しては、お恥ずかしい限りです^^;
そして「えりあの無謀でしょ?!シリーズ」第3弾!…もはや驚いてあげない(笑)ホント、よーやるわ(笑)…これで真夏の狂宴「おんたけウルトラ」に行かねばならない理由が増えてしまった^^/

お疲れ様でした
ま☆の URL [2012年05月24日 15時51分]

STY残念でしたね。
しばらく前後して走っていたはずなのになー。

ゴールシーンを見ていると、この大会、やっぱりUTMFの大会だなーと思います。フィニッシャーズベストがかっこよくて。毛無山、雨が岳からの下りさえなんとかすれば、もう少し楽に行けるかな?来年はどうしよう・・・とか考えてしまっているオイラ。来年にはえりあさんもUTMF参加しそうだし。

to:ま☆のさん
帰山人 URL [2012年05月24日 20時11分]

いやぁ、ま☆のさんと前後していたところまでは面白いばっかりだったんだけどネ。その後が…まぁ、残念というよりも駄目駄目って感じであります。
あの粘土質の山降りは評判悪いねぇ(笑)。確かに足にも負担になるけれど、雨大会であればヤバイのはあそこだけじゃないし~(DNFの私が言う立場に無いか:笑)
そりゃ、ま☆のさんは次回UTMFっしょ~^^/私は走ること自体の根本から考え直しているところ^^;

No title
ちんきー URL [2012年05月24日 21時54分]

STYお疲れ様でした。
いや~帰山人さんのことだからきっと完走していると思っていたんですがDNFとは・・・・
以前話していた通りの厳しい大会でしたか。
とは言え帰山人さんは来年もエントリーするような気がしてます。
ま☆のさんへの返答は気の迷いという事でm(_ _)m

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2012年05月24日 22時43分]

確かに厳しいコースでした…しかし完走者はそれに応えるポテンシャリティがあった。遊び走りとして参加した私には、STYに限らないウルトラ級トレイルを走りきるポテンシャリティ、気構えも体構え(?)も無かった、というのが実際です。
まぁ、走ることの全てを直ちにやめるつもりはないけれど、さすがに今回は大きな壁にぶつかって、考えさせられているのも事実です^^;

K谷 URL [2012年05月28日 00時32分]

核心部は、かなりハードだったようですね。
ワタシは、西富士中の体育館の居心地が良すぎてそのままリタイアしました。
どのASも居心地が良く、マッタリしすぎた感がありました。
来年はあるのかな~

今悔やんでます。

No title
t.matsuura URL [2012年05月28日 01時04分]

ほんの1週間前のことですが
“コースも運営も天候も良好”なことが浮かび、
改めて良い大会だったなと思い返しています。
ただ、ちょっと自分の脚力のなさというか
練習してなさとかに嫌気が差してるとこなので、
今は大会前より走って気分を紛らわしている状態です。
ゴールしたかった...

to:K谷さん
帰山人 URL [2012年05月28日 15時14分]

UTMFお疲れさまでした。確かにエイドの雰囲気も運営も(良すぎて)長居しちゃいますよネ、アレは…
正直なところ、K谷さんをもはじく大会とは…48時間/26時間大会をナメちゃいけないな、と思っています。
喫煙ランナーの代表として是非とも捲土重来を!(と、他人事のように励ましておく…^^;)

to:t.matsuuraさん
帰山人 URL [2012年05月28日 15時22分]

マッタク、「後悔先に立たず」とは私らの為にある言葉ですなぁ^^;…私ゃ何をしても気が紛れない。河口湖畔で話していた通り、自分の「走」そのものを考え直す憂鬱な日々を過ごしていますよ(笑)ま、山は逃げない、逃げだすのは人間の方だからネ。完走したければ…また挑戦するしかありません。

No title
しらちゃん URL [2012年05月28日 23時06分] [編集]

DNF残念でした。天子山地は悪魔のルートでしたよね。私は子どもの国から西富士中学校までのコースがもう全然だめで、西富士中学校で1時間20分寝て、なんとかなりました。

帰山人さんを竜ヶ岳で抜いたみたいです。この山頂でもうヘッドライトいらないやとしまったのが、おそらく4:10ごろです。記憶があいまいですが、本栖湖のエイドでお会いしましたっけ。(ところどころ記憶が飛んでいます、苦笑)。

to:しらちゃん
帰山人 URL [2012年05月29日 00時55分]

完走おめでとう!!!しらちゃん、サスガです^^/
ウン、私ゃ竜ヶ岳でも気分が悪くなって山頂の広場の端でしばらく寝倒れていたので、その間に抜かれたね、多分^^;しらちゃんが本栖湖エイドを出た直後に私がたどり着いたんだと思います。しらちゃんのフィニッシュは見届けたんだけれど、声かけられなくてゴメン。しかし、その疲れ果てた姿も本当に輝いていました。足いたわってくださいヨ~

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/457-a0332a21
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin