ゾンビ必至で山を往く

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:大会編 [2012年03月19日 23時00分]
昨2011年東北地方太平洋沖地震により中止、幻に終わった「OSJ新城トレイルレース」から約1年…友人M(11K)と喫煙ランナーK谷氏(32K)からDNSの事前報は残念であり、私(と走友ちんきーさん)は足も体も作れず加えて寝不足…計らいに甘えてちんきーさんの車に便乗して進む早朝、道中で乱調の不安が凝縮したかのような濃い霧に包まれる。2年ぶりに開催される急峻さで屈指の大会、会場「愛知県民の森」に…私は帰ってきた!
 
2012年3月18日
『OSJ 新城トレイル 32K』 32K
 
2012新城32K 2012新城32K (1)
受付を済ませると、そこでバッタリ再会は同郷出身の石上さん、身支度しつつテンション上がるちんきーさん、32K初参戦2人の意気に気圧されながら、3度目の苛酷を想い笑う。
 
2012新城32K (2) 2012新城32K (3) 2012新城32K (4) 2012新城32K (5)
ちんきーさん石上さんとスタートから談笑走。林道進めば今年は急登渋滞が手前早いな。前日かなりの雨で足元はドロドログチャグチャの覚悟、滑るが思ったよりマシな状態か?ん?ハイドレの水が出てこないゾ。風穴過ぎて最初のエイドで折れ曲がったホース直す。
 
2012新城32K (6) 2012新城32K (7) 2012新城32K (8)
…そこでバッタリ再会は一昨おんたけウルトラ同宿のTさん、「初参加?ようこそ新城へ」石上さんの背を追いながらちんきーさんTさんと走談で進む東尾根。なぜか今年は皆さん止まらない展望台、石上さんも先行したか、私は行く先の宇連山を眺める毎度の小憩。
 
2012新城32K (9) 2012新城32K
2012新城32K (10) 2012新城32K (11) 2012新城32K (12) 2012新城32K (13)
北尾根へ回りシュートン沢を下り林道を駆け走り、亀石の滝の関門&エイドで再び休憩。再始動で滝沢にかかれば「ここからだぞぉ」と主催タッキー登場、「わかっているけど…けどだよ(苦笑)」と応じ、尾根への急登をヒイヒイ「ボキッ!もう心を口に出して折る!」。対面走路の西尾根に上がると「何ぃ?トップは20分前通過ぁ?」、コッチはまたも休止だ。
 
2012新城32K (14) 2012新城32K (15) 2012新城32K (16) 2012新城32K (17)
過去2回クランプで足が潰れた北尾根への巻き道、今回は発作が来ないゾ、気持ちイイ。背後のちんきーさんTさんを離したが、進めるうちに進まないと、先でゾンビ必至だから…北尾根の急登でヒイヒイ、「お連れ(ちんきー)さん、足を捻って遅れてます」と追いついたTさんに聞かされ案ずるも、私もクランプ予兆が…「とりあえず尾根の分岐まで行こう。え、どこまで来たか?ざっと半分だね」…訊くんじゃなかったと嘆くTさん励まし分岐エイドへ。喫煙一服込みの休憩してから、さぁ宇連山へ…来たクランプだ、ここでTさん先行お別れ、短いハズの登山道でクランプに唸り座っていると、ナイスファイト!追いついてたちんきーさんにも先行してもらい、唸り倒れを繰り返しながら進む、コリャぎりぎり完走だった過去2回より酷い?何とか到着した頂上だが雲多く視界不良、休まず進まないと時間ヤバイ。シングルトラックの森道をゆっくり駆け下る、気分は最高、足は最低。棚山高原の林道も緩い上りはダラダラ走ることすらできない。林道後の急登連続で予想通り毎度のゾンビ。全身疲労と息切れで潰れきりそうな足を騙し騙し這い登れ、ちんきーさんに追いすがる。
 
2012新城32K (18) 2012新城32K (19) 2012新城32K (20)
2012新城32K (1) 2012新城32K (2) 2012新城32K (3)
尾根に戻っても相変わらずクランプが頻発、再び先行していたちんきーさんに分岐エイドで追いつき喫煙休憩、三度ちんきーさんが先行。ここからは周囲の走者と共に、時間と気力の勝負だ。西尾根から南尾根にノロノロ進む、残り約3㎞はクランプを怖れず攣ったまま走る。大岩の上から後ろのゾンビ群に「ここまで来ると気持ちイイぞぉ」と叫ぶ口だけ元気なゾンビ。展望台にいたタッキーへ「何度やってもやっぱり上りが9割に感じる」(笑)。尾根から下る直前でナイスファイトのちんきーさんに合流、「よし共に完走はもらった!」。山道から最後の舗装路に出た途端に独り毎度のファイナルダッシュ、フィニッシュゲート直前で1時間以上先着でも出迎えてくれた石上さんにハンドタッチして…フィニッシュ!
 
タイム 9h12分18秒
 
2012新城32K (4) 2012新城32K (5) 2012新城32K (21)
同分スグにちんきーさんもフィニッシュ!走力不足マダムリ族の帰山人とちんきーにより名付けられた「地獄の新城」、石上さんTさんはじめ周囲の走者との共走に助けられて、毎度のゾンビで毎度の際どい完走である。石上さんと別れ、ちんきーさんと持参コーヒーを祝杯にしてから会場を後にした。帰途車中、初完走に興奮冷めやらぬちんきーさんとベラベラ喋りながら、必死(?)で進むゾンビ「必至」のトレイルレースを想い返して笑った。
 
コメント (8) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2012年03月20日 23時07分]

新城トレイル32Kお疲れ様でした。
聞きしに勝るコースでしたが完走出来たのはやはり帰山人さんをはじめ仲間(周りのランナー)の力お陰だと思います。
来年はもう少し練習をして望みたいと思います。
又よろしくお願いしますm(_ _)m

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2012年03月21日 13時43分]

ちんきーさんが終盤に見せた意地の進撃、その逞しさに魅かれて背を追っていました。
そして、もう来年の話ィ?…ついていけない^^;
今回は景色を眺める余裕も少なかったので、練習じゃなくて遊びに行き直したい、とは思っています。私ゃ、どこまでいってもお遊びなんで…

お疲れ様でした!
yumichan☆ URL [2012年03月24日 13時14分]

お会い出来ず残念。。。というか目撃はされてしまったようですが(泣;)
相変わらずたくさんのレース参戦されていて
そのどれもが独自のスタイルでの完走記!
しかもしかもとっても楽しんで堪能されているのが伝わってきます!
「マダムリ族」・・・気に入ってしまいました(笑)
私こそその一族の所属と思われます。
がしかし、楽しみ方はまだまだ修行が足りないようです。
でも今度、それちょこっと使わせて頂きたいです~。
もちろん「帰山人登録商標」としてですが。。。
著作権料金、発生しちゃいますか?

伊吹山、今年は回数増やして練習行くつもりです!
お会いしたら、また是非よろしくお願いします♪

to:yumichan☆さん
帰山人 URL [2012年03月24日 21時32分]

あ~「マダムリ族」に商標や料金なんてありませんよ、要は「ララムリ(タラウマラ)族」に張り合いたいけど張り合える走力のない方は全員「マダムリ族」なワケでして…yumichan☆がマダムリを名乗るのはもったいないと思うけれど…走力あると思うもん!でも、お気に入りならば、どうぞご自由に!(笑)
次にどこかでお会いできた時は声かけますネ、こちらこそヨロシクです^^/

No title
しんろく URL [2012年03月29日 22時03分] [編集]

遅くなりましたが
完走おめでとうございます
伊吹山の雪どけはもう少しかかりそうです
私もぼちぼちと山遊びを始めねば…そんな気持ちになります

to:しんろくさん
帰山人 URL [2012年03月29日 22時36分]

今冬の伊吹山は例年以上に雪が多かったようですね、その為に山頂駐車場の「西の道茶屋」改装も遅れて新レストハウス完成は来年までオアズケとか…登山道も今日(3月29日)現在では六合目からはしっかり残雪みたいだし…まぁ去年は震災で中止されたヒルクライムの2年ぶり開催4月15日、ドライブウェイ開業4月26日(予定)を経て…やっぱりGW辺りからですかね、自主山開きボチボチ登山は…あぁ、考えていたら登りたくなってきました^^/

No title
石上 URL [2012年04月03日 22時18分]

コメントがとっても遅くなりましたが、新城では大変お世話になりました!!帰山人さんとちんきーさんのアドバイスのおかげで走れたようなもんです。ありがとうございました&お疲れ様でした。(ちなみに書いたアドレスは携帯の物)
ところで今日何気なくBorn to Runについての他の人のブログ読んでたら、「カバーヨブランコ死亡」とあるじゃないですか…。間違いであれば、と思ってマクドゥーガルのサイト見たら、4/2付けの追悼らしきコメントを発見してしまいました。英語に弱いのでそれで正確な確認はできないですが…。
本望では?というツイートが多いですが、自分は今のトコ信じられないとしか言えないッス。

to:石上さん
帰山人 URL [2012年04月03日 22時53分]

新城オツカレサンでした^^ …アドバイスのおかげ?んなこたぁないっしょ、石上さんには無用な‘脅し’でしかなかったかも^^;…何にしても、遇えてビックリヨカッタです。
「“Caballo Blanco”(カバーヨ・ブランコ)ことMicah True氏が亡くなりました。ララムリ族に魅せられて友となり、“Born to Run”の後にもキッチリ走って死んだ偉大なるトレイルランナー&ディレクターに、マダムリ族を代表して弔意を表します。」
↑3月31日に死体で発見の報を翌日知りましたが、エイプリルフールと思われるのを躊躇って、4月2日にTwitterでつぶやきました。傍から「らしい」とは言えても、真に「本望」かどうかは本人しかわからないよなぁ…

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/436-ef2079bc
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin