国家の器量

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2012 [2012年03月06日 23時00分]
コーヒーに相応しい国家の形態はいかなるものか? その器量をも考えさせる記事を発見。
  
 「韓国はコーヒー共和国? 世界のQグレーダーの4分の1が韓国人」
 《世界に1500人余り。そのうち4分の1の370人が韓国人。コーヒー豆鑑別士
  の「Qグレーダー」の現況だ。わずか2年前の2009年には韓国で4人だけだっ
  たQグレーダーはコーヒー専門店ブームとともに急増した。米スペシャルティ
  コーヒー協会傘下のコーヒー品質研究所(CQI・Coffee Quality Institute)
  が出す厳しい試験を経なければ資格を取れないが、韓国人は勉強に勉強を
  重ね相次いで合格している。昨年の全国のコーヒー専門店数は1万2380店、
  コーヒー豆輸入額は4億2000万ドルを記録する“コーヒー共和国”が有望職
  を新たに生み出したのだ。》 (2012年3月6日:中央日報)
 
 珈琲国家 珈琲国家 (1)
大韓民国(R.O.K.)のコーヒー生豆輸入量は、USDA(アメリカ合衆国農務省)統計によれば、2010/2011年度が193万袋(60kg袋換算:以下同)、2011/2012年度予想が200万袋である。対して日本のコーヒー生豆輸入量は、2010/2011年度が690万袋、2011/2012年度予想が580万袋。徐徐に伸張しているとはいえ、輸入量で世界全量の約2%、日本の約3分の1量を消費するに過ぎない大韓民国、果たして「コーヒー共和国」を名乗るに適格か、前述の記事表題通り疑問符を付したい。しかし、アメリカ合衆国に対して反発と同様に憧憬も半端ではない大韓民国の風潮、コーヒー界におけるQグレーダーの数も日本のそれを遥かに超えていることは確かなようである。記事では、ダンキンドーナツのQグレーダーを後述で盛んに取りあげているが、これとてCoffee Quality Institute(CQI)のBig Supporterがダンキンドーナツであることと無縁ではなかろう、SCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)とCQIの薄汚い支配力が示されている。
 
 珈琲国家 (2)
大韓民国が「コーヒー共和国」であるか否かを問うよりも、さらに寒心に堪えないコーヒー消費国がある。《もっとたくさんの人にコーヒーのすばらしさを知ってもらいたい!》などと全日本コーヒー協会(AJCA)が開設した国の名は「コーヒー合衆国」、反発もなく憧憬と追従ばかりが半端に臭う。意気どころか稚拙な愛嬌すら感じさせない「コーヒー合衆国」、現実の腑抜けた外交実態まで投影するかのように、アメリカ属州と自ら名乗るに等しい日本のコーヒー業界の唾棄すべき姿、大韓民国「コーヒー共和国」にも届かない軟弱さ。「コーヒー親善大使」を擁する「コーヒー合衆国」に対抗して、日本珈琲狂会(CLCJ)は昨2011年4月1日に「コーヒー偽善大使」を擁する「コーヒー民主主義人民共和国」の設立を提唱していたが、「コーヒー共和国」と笑止の至りである「コーヒー合衆国」に対し「コーヒー民主主義人民共和国」が宣戦布告をする日も近いと感じられる。コーヒーを愛するに相応しくもない形態と器量のコーヒー国家を、正しきコーヒー国家が掃討する。
 
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ナカガワ URL [2012年03月07日 20時07分]

たしかお一人35~40万円かかるはずです。1コース1週間で、45~50点近いサンプルを焙煎して持ち込まなければできません。SCAA本部が1コース16人、日本が24人定員です。2年間で370人が受講するのは、ずいぶんと回数をこなしたことになります。インストラクター役もご苦労なことです。公式なインストラクターは人数が少ないはずですし、どうすればインストラクターになれるのか、全く公表されていないのではなかったでしょうか。ともあれ、さぞかし彼の国のコーヒーは美味しくなったのでしょうね。今度彼の国を訪問するのが楽しみです。

to:ナカガワさん
帰山人 URL [2012年03月07日 23時06分]

http://cafe.naver.com/justcupcoffeeacademy.cafe?iframe_url=/ArticleRead.nhn%3Farticleid=24&
なめちゃいけませんぜダンナ、ご覧の通りSCAIAのQ-Graderコース定員は36人、常時200人~300人の予備的コースを抱え、毎月のように開講しているんですから…もはや苦労というより量産工場になっていますゼ。で、彼の国が輩出するQ-Graderの歩留まりは存じませんが、CQIよりも量産活動にQCが必要と思われますが…

No title
じょにぃ URL [2012年03月13日 00時25分] [編集]

帰山人さん。

ランブルに行った時
韓国人の男女が
『ココは韓国でも有名』
と言って写真を撮りまくっていました。

韓国人は誇大表現しますから
もっとシェアを持ったとき
『珈琲(焙煎・抽出技術)の起源は韓国ニダ!!』
なんて言い出すかも知れませんね。

なんせキリスト教も韓国起源だと言っている位ですから。

でも冷静に見ていきたいですね。

to:じょにぃさん
帰山人 URL [2012年03月13日 02時25分]

まぁね、「ランブル」は日本旅行向けの海外ガイドにもバンバン載っているようですから…
この記事に関しては、韓国勢をどうこう言うよりも、USAの権威を利用する実効性において日本が負けているという全産業の構図が見事に浮き彫りになっていると思います。低俗で不遜な隣国を責めたり疎んじたりする前に、追従ばかりで主体性に欠けている自らを恥じ入るべきであります、日本のコーヒー界は…そうじゃないと同じ尻穴から出た臭いコーヒー同士ってことになりそう(笑)^^;

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/431-c3b450dc
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin