ソバイル加乗

ジャンル:グルメ / テーマ:食べ歩き! / カテゴリ:食の記 [2012年01月19日 23時00分]
「鵲始巣」の過日、愚娘の棲家を探す由に車で東京へ、その間親子3人で食べ飲み遊ぶ。
 
ソバイル ソバイル (1) ソバイル (2)
「手打ち蕎麦・うどん塾 和(kazu)」
紹介者のを無視して予約も予告も無く飛び込む非礼な初訪、そもそも「塾」の名通りで
「…当店は蕎麦屋ではありません…教室です」という処、にもかかわらず歓待を受け快い。
通しの揚げ蕎麦は臭みや濁りを全く感じさせない…これは「蕎麦に居るね」佳良番外編?
「もり蕎麦」(700円)
やや細めに切り揃えられた麺は、滑らかそうな肌理(キメ)を見せて美しい。喉から鼻に
抜け感じる蕎麦の香りは見姿以上に意外とシッカリあるが、濁りの無いキレイな香りだ。
麺の表面から芯部まで均一な(アルデンテのように芯を残した硬さとは異なる)歯応えは、
加水と練りと茹で加減の妙か、スバラシイ。甘味を抑えた濃い目の辛汁も臭み無く好い。
麺も汁も共にどこかが突出して強く主張するわけでもないが、江戸蕎麦の仕立てとして
正道にしてスキの無い仕上がり、その素直な美味さに「ウマイ」と唸りながら笑みが出る。
それは、今は無き「なか野庵」の「もり蕎麦」に(今までのところ)最も近い味わいだった。
 
ソバイル (3) ソバイル (4) ソバイル (5)
「カフェ・ポンテ」
夫は蕎麦職人で妻は珈琲職人、蕎麦食直後に1店2業同居というべき自家焙煎珈琲店。
勧められた「コスタリカ・エルバスケニア」、ウエストバレーのナランホ地区エルバス農園で
ケニア種をパルプドナチュラルに仕上げた稀少品、マイスター(大和鉄工所)2.5kg釜で
ダブル焙煎してあった。なるほど、酸味はキッチリ出ているがトゲトゲしく刺す感じは無い。
出したい香味をしっかり捉える感性が鋭いのだろう、それを実体にする手腕は侮れない。
焙煎したコーヒー豆そのもので作った飾り小物も拝見、面白がっていたら土産になったゾ。
蕎麦と珈琲という私好みで最強のコラボレーション、紹介され訪ねた甲斐も充分の堪能。
 
ソバイル (6) ソバイル (7)
所用を果し北多摩地区を離れて山谷地区へ移動。夕食に「丸千葉」を狙うも満席で断念。
「扇や」でパリパリジューシーな手羽先と別盛りが旨くも謎のカツ丼。「バッハ」に近づけば
店から出てきた中川さんにバッタリ遭遇、そのまま店に引き込まれ田口夫妻の歓待受く。
翌日から中米へコーヒー視察に行くのに「まだパッキングしていない」マスター(田口護氏)
と延々喋り…とさすがに今晩は閉店で切り上げ、隣宿「ほていや」に家族計8000円で泊。
 
ソバイル (8) ソバイル (9) ソバイル (10)
翌朝再び「バッハ」、コーヒーを飲みながら親子3人でトーストとケーキ3種をつつき合う、
やはり最近の「バッハ」のケーキはどれも恐るべき美味さ、当にもカフェ・コンディトライだ。
再度の田口夫妻と中川さん登場を待つ間に出された日本茶と京茶菓がこれまた美味い。
「昼過ぎには成田(NRT)にいなくては」というマスターと懇談、「他所のコーヒーを褒めない
この連中(私のカミさんと娘)が昨夜と今朝のコーヒーはどれもウマイとさ、よかったねえ、
合格だよ」とポンポン肩を叩いて褒める(バッハグループの連中が見たら卒倒するな:笑)。
ママ(田口文子氏)に見送られ店を出て、歩いて腹ごなしつつ浅草へ。小正月の日曜日
だからか参拝者でごったがえす浅草寺界隈、浅草神社・本堂・伝法院・仲見世・雷門と
数十年振りに観光客気分で店店を冷やかし、気温上がらず体は冷やかされ、腹も減る。
 
ソバイル (11) ソバイル (12) ソバイル (13)
混雑ご免お気軽好しとチェーン店「築地すし鮮」へ、熱燗で体を温め、やや美味くて少し
不味い(?)おまかせ握りで腹を満たす。「めぐりん」で山谷の駐車場へ、車を出して帰路。
昼に行列待ちを眺めただけの「土手の伊勢屋」や「大黒屋」が今頃恋しくなったか、高速
道路のサービスエリアでフードコートの「彩り穴子天丼」を食べる、しかしもう江戸は遠い。
 
ソバイル (14) ソバイル (15) ソバイル (16) ソバイル (17)
帰宅翌日から、「バッハ」から頂戴したフルーツケーキに購入したフールとドゥミのセック、
義弟から宅配便で届いた「SWISS」の「リキュールマロン」とバウムクーヘン、カミさん職場
同僚から頂戴した「播磨屋」のチョコ揚げ煎餅「ユーロの星」、怒濤の菓子三昧に溺れる。
蕎麦に珈琲を加法して相立つ結果は「和」、後も悪ノリで食べ飲み遊ぶ乗法で菓子の「積」、
「蕎麦に居るね」も今般は番外精良のソバイルにやや過剰な(?)加え乗り、情味も満喫。
 
コメント (2) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ナカガワ URL [2012年01月21日 19時46分]

和&ポンテ、そして扇や、ほていやに代わりまして、厚く御礼申し上げます。この訪問先のラインナップによい意味の地域活性化のヒントがあると信じております。一生懸命な人びとの努力が報われるように、どうか今後もご支援をお願い申し上げます。decentなお客様の訪問はいつでも大歓迎です。

to:ナカガワさん
帰山人 URL [2012年01月22日 01時24分]

お世話になりました。そう、今般は都会のモノを見るのが目的ではなかった、結果としてヒトに会えました。今後も訪ね方とお喋りはearthyでありますが、indecentにならぬ様に心がけまする。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/417-bdd13b2d
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin