珈族ゲーム

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2012 [2012年01月13日 01時00分]
「問題児だって?」、「…コーヒー業界はみんな問題児ですよ」、「面白いこと言うじゃない」。
「ただあのコーヒー、はじめっから出来ないコーヒーじゃないと思うんですけど…」、「売る側
はみんなそう言うんですよ」。…缶コーヒーとコーヒー牛乳と、クロスとノスタルジーと、それ
からフィルターもまじって、ちょっと奇妙なゲームをやってみた。「珈族ゲーム」ご期待下さい。
 
 
【珈族ゲーム1/ジョージアクロス 和-STYLE】
  珈族ゲーム (1)  
日本コカ・コーラから昨2011年11月14日より発売されている“ちょっと違うとかなりイイ”
(?)缶コーヒー「ジョージアクロス 和-STYLE」は、“コーヒーにちょっと抹茶”飲料。その
着想は鴛鴦茶(珈琲×紅茶×牛乳)の変形といったところであろうか?遅ればせながら
飲んでみた。缶コーヒー独特の香料臭とはまた別の抹茶の臭いがする。味もロブスタ種の
コーヒー由来とは異なる渋味を感じるが、言われなければハッキリと抹茶由来とわかる味
ではない。隠し「味」というよりも、「香料で抹茶の『臭い』をつけました」といえるような胡散
臭い仕立て。缶コーヒーの類として特に不味いとも思わないが、「厳選ブラジル豆100%
使用(2種類)/北海道産生クリーム使用/和の隠し味“宇治抹茶”使用」と謳うほどには、
「複雑で繊細な価値観の融合」などというコンセプトが具現化しているとはとても言えない。
  珈族ゲーム (2)  珈族ゲーム (3)  
鴛鴦茶は何度も自作した経験があるが、コーヒー液に抹茶を併せたことは無いので挑戦。
とは言え、滅多に加糖しないドリップコーヒー仕立てでは面白くもなさそう、ならば挽いた
コーヒー15gに抹茶1gを混ぜ合わせて一緒にタンピングし、エスプレッソ抽出を試みる。
抽出直後にグラニュー糖を投入して軽く混ぜると、抹茶を加えたことによる変化であろうか、
クレマがあっという間に薄く失われてしまった。液体は通常のエスプレッソと異質な苦味を
感じるだけで、抹茶の味も香りもほとんどしない。コーヒーと抹茶との香味の「つなぎ」となる
牛乳などの乳分が無いだけに、好い感じもしない。エスプレッソ“コーヒーにちょっと抹茶”、
“ちょっと違うとかなりダメ”な結果に終わった。相思相愛とはいかぬ「鴛鴦」の実態通り?
コーヒー微粉と抹茶の混合物を茶筅で点てる「鴛鴦茶の湯」(?)は、後日の課題に残す。
 
 
【珈族ゲーム2/雪印コーヒー懐かし仕立て 復刻版】
  珈族ゲーム (4)  珈族ゲーム (5)  
雪印メグミルクから今2012年1月10日より期間限定で発売された「雪印コーヒー復刻版」
は、“1970年当時のノスタルジックな味わい!”の乳飲料(500ml)。今は亡き雪印乳業が
正四面体型テトラパック(TC)で「雪印コーヒー牛乳」を発売した1963年から数えて「50年
目を迎えます」記念であるハズが、何故か再現したのは1970年にゲーブルトップ型パック
で発売した「雪印ラクトコーヒー」(500ml)?現行商品と共に飲み比べてみよう、とコンビニ
エンスストアで入手したのは、デザイン違いの「懐かし仕立て」復刻版だった(まぁ、復刻版
同士ならば中身は同じだろう:笑)。液体の色は、現行版よりも白っぽくコーヒー色が薄い。
現行版の方がコーヒー臭が強いが、別種のツンとくる揮発臭も強い。乳臭さに甘ったるい
臭いが一体化している復刻版の方がまだマシな香りである。まずは冷蔵温度のままで飲む
と、復刻版は乳成分の粘性が液体全体をまとめ、対して現行版は水っぽい液体を無理に
粘つかせた感じでエグイ味が喉に残る。甘味が砂糖だけの復刻版、旨くもないが懐かしい?
  珈族ゲーム (6)  珈族ゲーム (7)  
次に(電子レンジで)温めてホットで飲み比べるついでに、自家焙煎のコーヒーをペーパー
ドリップして加糖し加温牛乳と混ぜた自家製のホット「コーヒー牛乳」も対照に加えてみる。
液体の放つ臭気の強さは現行版>復刻版>自家製の順で、その臭いの好ましさは逆だ。
液体の味わいは、復刻版も現行版も冷たい時と変わらない印象であるが、ロブスタ種に
よると思われる異様な苦味は現行版の方がより強く感じる。これをサッパリ味と捉えれば
現代的な感覚とも言えるが、やはり自家製の素直なサッパリ感はどれだけ甘くしても勝る。
「…発売当時のしっかりとした甘さの懐かしい風味をお楽しみいただけます」という復刻版、
その惹句に首肯するよりも現行版のイヤラシサを改めて感じ取る、「雪印は滅んでいた」。
 
 
【珈族ゲーム3/Mille Café(ミルカフェ)】
  珈族ゲーム (8)  
「今すぐはじめられる特別付録/北欧・デンマーク発! 1000回使えるコーヒーフィルター
付き!」の『みんなのコーヒーブック』(エンターブレイン/2011年12月15日発売)、その
付録にだけ惹かれて購入。「Mille Café」(ミルカフェ)フィルターは、デンマークの発明家
Erling Vangedal Nielsenが1992年に設立したUnigreen International A/Sの商品。
《すぐれたひらめきは、「フィルターを買い忘れて、コーヒーが飲めない」というコーヒー好き
の開発者自身の経験から生まれました》(『みんなのコーヒーブック』)という解説、意味が
不明である。フィルターを買い忘れる程度の関心では真のコーヒー好きではないし(現に
他の発明品は何らコーヒーとは関係ないものばかりである)、その粗忽な者に「すぐれた
ひらめき」があるとも考え難い、それを喧伝するとは解説すること自体がすぐれていない。
ミルカフェの使用方法に関しても、使用後は湯で洗い、油分は台所用洗剤を使って落とし
流水ですすぐ、としている。どこが「エコ」で「環境にとてもやさしい」のか?暗愚であろう。
  珈族ゲーム (9)  
ミルカフェ(Kalitaドリッパーに装着)・カリタ式ペーパー(Kalitaドリッパーに装着)・コーノ式
円錐ペーパー(名門ドリッパーに装着)の各々に約90℃の湯200mlを一気に注ぎ入れて、
透過する(連続して滴下しきるまでの)時間を計る。ミルカフェは約40秒、カリタは約22秒、
コーノは約16秒であった(各3回の平均値)。その次に〔ミルカフェ+Kalitaドリッパー〕v.s.
〔コーノ式円錐ペーパー+名門ドリッパー〕、各々にコーヒー24gを挽き入れハンドドリップ、
280ccの抽出液を得た。抽出時間は、ミルカフェが4分5秒、コーノ式が3分35秒(共に、
蒸らし時間約40秒程度を含む)。ミルカフェフィルターによるコーヒー抽出液は、香りに際
立った遜色はないが、味ではやや濁り感を感じる。これは透過時間が長いことに加えて、
ポリプロピレン不織布のメッシュのバラツキが大きく作用していると想像できる。仮に逆に、
油脂分などの成分をあえて取り出したいのであれば、粗くもメッシュが安定している金属性
フィルターなどを使用した方がより明確に味わいが出るだろうから、ミルカフェによる抽出
は中途半端に過ぎてわざわざ選択する価値は無いと思えた。機能でも暗愚な器具である。
 
  珈族ゲーム  
《…インスタント・コーヒーについては、世の中にそういうものがある、ということを知っている
だけにとどめたい。世の中には、そういうものを飲まなければならぬかわいそうな人たちが
いるということを知っているだけにとどめたい》(『女たちよ!』/文藝春秋/1968年)などと
言いながらも自らインスタントコーヒーを飲んでいたらしい伊丹十三は1997年12月20日に
落命した。その14年後2011年12月20日、森田芳光は「僕達急行」で不帰の旅に発った。
森田芳光が監督して伊丹十三も快演した映画『家族ゲーム』(1983年)では、松田優作が
コーヒーを一気に飲み干す。お葬式してそれからア・ホーマンスにも時代を飲み干した伊丹
と森田と松田の3故人へ、コーヒー関連の試飲や悪戯でもある「珈族ゲーム」を捧げてみた。
今般のゲームでは一気に飲み干したくなるような珈琲に出会えなかった、次回作に期待す。
 
コメント (6) /  トラックバック (1)

コメント

No title
ナカガワ URL [2012年01月13日 20時38分]

スペシャルティというのは、スプーン一杯のコーヒーのことだと思ってしまうときがあります。昔、スプーンの上に料理を作って競わせる鉄人番組がありましたが。わたしは「いやしんぼ」なので、おいしいものはたくさん飲み食いしたいです。途中で止められずたくさん飲み食いするものが「おいしい」ものと認識するひとです。ポテトチップとか麦チョコとか、オリーブとかあるだけ食べてしまいます。体に悪いというほど、食べ過ぎるほどの財布は持っていませんから問題ありません。本当においしいものは、「飲んで」決めようと思います。捨てるのは「いやしんぼ」にはもったいなくてできません。

No title
ちんきー URL [2012年01月15日 16時34分]

実は気になっていた「ジョージアクロス 和-STYLE」
レポート楽しく拝見させていただきました。
(昭和村で聞くの忘れてました)
お陰で「無駄金」使わずにすみました( ̄ー ̄)
ありがとうございましたm(_ _)m

to:ナカガワさん
帰山人 URL [2012年01月16日 00時04分]

ウン、「『もうチョット欲しい』くらいがちょうどいいんだ、また来てね」とか言うセリフも、時によっては「オレも口卑しいけれど、このシェフの方がもっと卑しい奴だな」と思ってしまう。「カノッサの屈辱」と「料理の鉄人」まではヨカッタのだけれど「魂のワンスプーン」はダメだったナ、田中経一も卑しくなったのかなぁ…「雪印」は復刻版の方が飲み減らされていたので、「現行版」の残りは私の胃に処分されました。文句はありったけ吐いても大抵のモノは全部飲んじゃいます。

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2012年01月16日 00時13分]

まぁね、面白い発想だとは思いますよ「クロス」は…ただ実物に仕立てた時点でタダの「缶コーヒー」になっちゃったんでしょう^^;飲食料の能書で「厳選」とか「○○使用」とか言う時は、原材料を限定している理由が品質とは別のところにある、そういう傾向にあるワケですな(笑)

No title
じょにぃ URL [2012年01月18日 09時51分] [編集]

帰山人さん。

ムック本
フィルター欲しさに買いました(^^;)

ジョージアクロスは
缶珈琲の渋い苦味と抹茶の苦味の
ダブルパンチでした。
周りには美味いと言う人もいましたけど
じょにぃ含めて大体は不評でした。
宇治抹茶も良い迷惑!?

先日ラジオで
何の缶コーヒーか忘れましたが
ブラジルNo.2を使っています!!と
ウンチク含めてかなりの時間を掛けて宣伝をしていました。
F珈機のミニセミナーでNo.2の正体を知っていましたので
何を今更と思いながら聞いていました。
知ってる人はヘソで茶を沸かし。
知らない人は鵜呑みにする。
ってな感じですかね。

ハンドピックの意味
直球ですね。これが芸能人だったら炎上してますよね
珈琲界は一応秩序が保たれてますね
単に人口が少ないだけ(^^;)
でも当然間違ったことは言ってませんしね。
旦部先生とのやり取り
ツイッターお気に入り登録して見失わないよう
ついていくのがやっとです(^^;)
あの写真もわかる人にはわかりますけど
一般の方は気にならない
『なんか色が違うのがあるな』程度なんでしょうね。
いずれこの情報が向こうに伝わった時に
どういうアクション(反応・無反応)があるのか
気になります。

数百キロの豆をハンドピックするに
何人バイトのねいちゃんが必要なんだって話ですよねぇ

企業(巨大)化しちゃうとそんなもんなんでしょうね。
設計屋のブログを読んだ後
あのブログを改めてみると
店員さんの笑顔が何とも言えませんでした。

長文失礼いたしました。

to:じょにぃさん
帰山人 URL [2012年01月18日 11時42分]

ミルカフェ分735円を引くと本誌代は945円…フツーじゃん!今年は在庫処分の福袋商売には近寄らずに済んだのに…じょにぃさん、私と同じようにひっかかりましたね。

ブラジルの格付等級に関しては、業界でも正しい認識をしている方が少ないですなぁ。集まった色んな豆を上手に混ぜ合わせて高い等級にもっていき一粒でも多く輸出して外貨を稼ぐ、そのためにクラシフィカドールという存在がある、要はC/P、コレだけの話なんですがねぇ。この正道な格付、私は大好きなんですけど、どうも余分な説明をする方が多くてず~っと失笑続きです^^;

ハンドピックにしても(要不要論のどちらの側も)、すぐ取り組む姿勢とか理念とかで戦っちゃう。「アヒルの水かき」必要論を鵜呑みにしている方で、無選別の状態でコーヒー淹れたことが無い方多いです。「やりすぎ」不要論を鵜呑みにしている方で、商売スピードで完璧なピッキング技量を身に付けている方ほとんどいません。ヤレヤレ…

この記事にコメントする

トラックバック

[real_sowacafe]例によって、
sowacafe 真岡の自家焙煎珈琲専門店 Diary [2012年01月21日 08時54分]

■例によって、twitterよりつぶやき転載です。y_tambe氏です。 無水カフェイン=カフェイン。最近、普通の論文では「無水カフェイン caffeine anhydrous」の表記はしません。単にカフェインと書く。割と古い表記なんですが、日本薬局方とかでは「無水カフェイン」で記載され

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/416-33bbb124
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin