アウォード2011発表!

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:日本珈琲狂会 [2011年12月25日 05時00分]
「CLCJ Award 2011」 並びに 「CCAJ Award 2011」 を発表する。
 
 
“CLCJ Award 2011”(日本珈琲狂会アウォード2011)発表!
 
 「ヴェルジ賞」(Verde Award)
  『SCAJ ワールドスペシャルティコーヒーカンファレンス アンド エキシビション 2011』
   (SCAJ World Specialty Coffee Conference and Exhibition 2011)
  (一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会)
 
 【授賞理由】 日本スペシャルティコーヒー協会は“Quality Quality-er Quality-est”
  という野暮な表現で意図も不得要領なテーマを掲げ、2011年9月28日より3日間の
  会期で年次総会の催事を開いた。本催事における展示やセミナーなど、前年までと
  ほとんど代わり映えしない設定及び運営であって、進取の気概が全く感じられない。
  特にイベントステージにおいて開催される「バリスタ・チャンピオンシップ」、「サイフォ
  ニスト・チャンピオンシップ」、「カップテイスターズ・チャンピオンシップ」などの決勝戦を
  含む競技会に関しては、競技者が属する会員企業の顔ぶれが露骨に固着し新味が
  無くなり、「マンネリ」・「お手盛り」・「楽屋落ち」など芳しくない評判も聞かれ始めた。
  「驚きと感動」、「更なる高品質」、「正しい透明性」などの掲げたキーフレーズに自ら
  ことごとく反し、斬新さも面白味にも欠けた催事運営は、「スペシャルティ」を名乗って
  いながらも全く「スペシャルティ」では無い。その企画力・実効性・将来性のいずれも
  低く評価されて、ヴェルジに値する。
 
 【選評】 「ネスカフェ 香味焙煎」(2010年ヴェルジ賞)に続いて連続受賞する勢いで
  「ネスカフェ 生豆ブレンド」を発売したネスレ日本株式会社であったが、その拙劣な
  商材が海外では2009年秋より先行発売されていたこと、その拙劣な広告表現には
  取り沙汰する価値すら無いこと、などを持って惜しくも最終選考から漏れ、落選した。
  対して、「ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ(WBC)」を日本国内において併催
  した2007年以降は漫然と余韻のみで運営し続けている日本スペシャルティコーヒー
  協会(SCAJ)が、その拙策の積み重ねも手伝って最終選考まで残り、今般見事に
  「ヴェルジ賞」を獲得するに至った。そもそも自ら‘From Seed to Cup’を掲げて
  おきながら実状では生豆の差別化ばかりをスペシャルティコーヒーとして定義付け
  ていること、また本来はそうしたスペシャルティコーヒーの定義に縛られることですら
  不要な各種競技会を抱え込んでいること、これら打開すべき曖昧な実態を放置して
  いるSCAJに対しては、「ヴェルジ賞」授賞を機にその存在の意義自体を問いたい。
  日本珈琲狂会は、SCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)基準に阿諛追従し
  日本独自に整合性のある規準を見出せないSCAJに対して、解散を含めた出直しを
  提言する、「諸君らは本来の『社団法人』を名乗るだけの社会的価値を失っている」。
 
 
“CCAJ Award 2011”(日本コモディティコーヒー協会アウォード2011)発表!
 
 「CCAJ賞」(CCAJ Award)
  『田口護のスペシャルティコーヒー大全』(NHK出版:刊)及びその「関連事象」
  (田口護/中川文彦/旦部幸博/岡崎俊彦)
 
 【授賞理由】 今やいわゆる「御三家」の一角として著名な田口護氏が著した新刊書は、
  2011年5月より発売された。スペシャルティコーヒーの焙煎論と抽出論を解説した
  図表豊富な書籍は、日本初の試みであり、「わかりやすい味に仕立てること、それ
  が大事なのだ」という意図を具現化する試みは、結果としてその範疇を「スペシャル
  ティ」に限らない汎レギュラーコーヒーの「大全」最新版としても結実させている。
  また本書の刊行に連動した形で、中川文彦氏が“HOT by Bach Kaffee”内で
  「Tips ティップス」を、また旦部幸博氏が“百珈苑BLOG”内で「ふるへっへんど」を、
  加え岡崎俊彦氏が“設計屋のBLOG”内で「コーヒー大全の補遺」を、各人ブログに
  おいて発表したことも、Webを利用した本書読者に対する極めて有益な補足や
  解題となった。この「関連事象」は、コーヒー界における紙媒体とWebとの連繋に
  よる即時性かつ利便性をともなった情報発信として斬新であり、「スペシャルティ」を
  名乗るに相応しい「スペシャルティ」な成果である。その企画力・実効性・開明性の
  いずれも高く評価されて、称讃に値する。
 
 【選評】 『田口護のスペシャルティコーヒー大全』という著作物のみでも、川島良彰氏
  『コーヒー栽培の基本 アラビカ編』DVD(2010年CCAJ賞)に匹敵する価値を
  予感させていたが、その陣容となった関係者各自の「関連事象」が加わったことで
  迷い無く最終選考を突破して、今般見事に「CCAJ賞」を獲得した。日本コモディティ
  コーヒー協会は、シリーズ前著の『田口護の珈琲大全』、限定復刻された『コーヒー
  自家焙煎技術講座』(柄沢和雄・田口護:著)に重ねた『田口護のスペシャルティコー
  ヒー大全』と連繋ブログ記事に対して、コーヒー業界に対する実用情報の集積を
  意義深く認めるとともに、内容の深化と発信の工夫において今後より一層の開展を
  期待するものである。尚、授賞者には田口護氏をはじめ複数の受賞者と交誼を
  結んでいる事実があるが、選考ならびに授賞にあたっては下世話な情実など一切
  働いていないことを断言しておく。むしろ、日本スペシャルティコーヒー協会の理事
  にして副会長を現任する田口護氏に関しては、今般にCLCJ「ヴェルジ賞」と同時
  受賞となった皮肉な状況を軽んずることなく受けとめるべきである、と諫言しておく。
 
 
上記のアウォードは、日本珈琲狂会(Coffee Lunatic Club of Japan:CLCJ)と
日本コモディティコーヒー協会(Commodity Coffee Association of Japan:CCAJ)
とにより、2011年(選考対象期間:2010年12月1日~2011年11月30日)のコーヒー
に関連する全ての事象を対象とし、その可能性や成果を認めたものを選り分けて、
授賞とした。この2つのアウォードに関しては、昨2010年時の授賞と同様にして、
CLCJ主宰並びにCCAJ創設者である鳥目散帰山人の独断にて発表したものである。
したがい、選考から授賞まで授賞理由及び選評を含めて鳥目散帰山人の責である。
現時点では何らの賞品も用意は無いが、「ヴェルジ賞」の受賞者には哀哭の罵声を、
「CCAJ賞」の受賞者には賞賛の拍手を贈らせていただく。
 
コメント (18) /  トラックバック (0)

コメント

No title
y_tambe URL [2011年12月28日 12時58分]

まずは、栄誉あるCCAJ Award 2011に『田口護のスペシャルティコーヒー大全』を選出していただいたこと、関係者の一人としてお礼申し上げます。

田口護氏におかれましては、ヴェルジ賞の『SCAJ ワールドスペシャルティコーヒーカンファレンス アンド エキシビション 2011』にも関与されておられることでもあり、実質、ダブル受賞とも呼ぶべき怪挙を遂げられたとのこと。是非、サンドラ・ブロックばりのヴェルジ賞受賞スピーチを期待したいところであります。

to:y_tambeさん
帰山人 URL [2011年12月28日 19時55分]

CCAJ賞の受賞おめでとうございます^^/
>サンドラ・ブロックばりのヴェルジ賞受賞スピーチを期待…
シマッタ!『田口護のスペシャルティコーヒー大全』をヴェルジ賞にするんだった…そうすればブロックがDVDを箱一杯に用意したように、田口さんが本を配ってくれたかも…要は皆読めってことですよ(笑)。

今年はありがとうございました
じょにぃ URL [2011年12月29日 10時36分] [編集]

帰山人さん。
29日。仕事納めでしょうか。
以前から陰ながらブログを拝見させていただいておりましたが
今年から帰山人さんからは色々と
ご指導ご助言頂きましてありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。

突然ですが
帰山人さん解説の
『コーヒーの鬼がゆく 吉祥寺「もか」遺聞』
“CLCJ Award 2011”(日本珈琲狂会アウォード2011)
特別賞というのは如何でしょう。

どうしても帰山人さん自らとなると
自画自賛になってしまいお恥ずかし所もあるでしょうから
じょにぃからの推薦です。
このブログをご覧になっている皆さんも
そう思っているのではないでしょうか。

余計なお世話かもしれませんが(^^;)

それではよいお年を!

to:じょにぃさん
帰山人 URL [2011年12月29日 17時52分]

ども、じょにぃさん。
日本珈琲狂会アウォード2011「特別賞」の推挙、心より御礼申し上げます。でもそりゃダメです、対象期間から外れていますから…2012「特別賞」の特別候補にでもしておきます。できればコレを超える「特別賞」作品、じょにぃさんこそ狙ってくださいヨ^^/
それでは来年も当ブログへお越しくださいませ~^^

No title
ナカガワ URL [2011年12月31日 06時33分]

SCAJ展示会ですが、企画展示スペースを作って、写真展とかどうですか。まずは昔の「衛生博覧会」みたいな。
一粒2メートルくらいに拡大した生豆写真とか。焙煎度別の豆粒でもいいし。2メートルの欠点豆とか。メーカーさんの自慢のスペシャルティ豆一粒の焙煎前焙煎後の拡大肖像展とか。有名バリスタの粉、タンピング後と抽出後の粉の表面とか。拡大した農園の衛星写真とか。
カメラメーカーとコラボして、技術機材を提供してもらう。撮影に関するセミナーも行う。キャノンとかリコーあたりなら、プリントまでやってくれないかしら。
拡大するというのは、視点が変わって良いのではないかしら。意外なポロがでてしまうこともあるけれど。

No title
ナカガワ URL [2011年12月31日 06時41分]

あと、SCAJジャーゴンファイル・ラリーというのはどうでしょう。A4紙1枚に1、2コのジャーゴンと解説を書いた紙を、30なのか50なのか用意して、関連ブースに置き、スタンプラリーのように巡回収集します。各委員会ごとに5から10項目原稿提供いただけば、お持ち帰り資料としてはよいのじゃないかしら。その中に、怪文書としてキサンジンの悪魔の辞典を紛れ込ませるのです。

to:ナカガワさん
帰山人 URL [2011年12月31日 17時10分]

♪大きいことはいいことだ~それ!…ってことですね。いろんな豆の拡大写真を並べて当てっこもしましょう…「クイズこの割れ目はどの娘(こ)!」とか。粉の表面拡大はOKですが、間違ってどこかの御仁が電子顕微鏡写真を持ち込んで興醒めする企画にならないようにしないとね…

to2:ナカガワさん
帰山人 URL [2011年12月31日 17時22分]

日本らしいスペシャルティコンテストならば競技系も続けていいですよ。ゲイシャ種大会でも開いて芸者総踊りとかね。あるいは、サイフォニストとサクソフォニストのコラボ大会とか。カップテイスターズ競技も今のレギュレーションを続行するならば、香料やタバコのブレンダーも参加させて欲しいなぁ(たぶん圧勝すると思う)。そういや、どっかのブログで「タバコのオーガニックとかサスティナブルとかスペシャルティ」を問うていましたが、私の愛用アメスピはソレが揃っていますよ。SCAJも世間を拡大しないとなぁ…

No title
ytambe URL [2012年01月06日 09時50分] [編集]

豆の拡大写真とか農園の衛星写真とか、面白いかもしれないですね。とりあえず、見た目のインパクト(ハッタリとも)で、なんかすごそうなことをやってることが何にも判ってない人にも伝わる、というのが良さそう。日本で行うイベントなんだから、何より生産国に「こりゃナメた真似できないぞ」と一目置かれるようなハッタリをかまさなきゃ。

で個人的には、豆の拡大写真見て「あー、このメーカー、普段もっともなこと言ってるくせに、こんな豆を撮ってやがるよ、ワカッテナイネー」的に内心ニヤニヤするのも興がありそうです。

電顕写真? だったら、UCC博物館に飾ってあるのをひっぺがして貼っとくといいんじゃない? それと比較しながら「あーコイツ、こんなサンプルで(以下略)」と、いくら周りが興ざめしていようが、それなりの趣きがでてくることでしょう。

No title
ytambe URL [2012年01月06日 10時20分] [編集]

農園の衛星写真も、どうせならバブリーに(?)直径2mくらいのでっかい地球儀を、GoogleやNASAの衛星画像で作って、そいつをくるくる回してるとなりに、産地周辺を拡大したパネルを並べたら面白いんじゃないかな。

地球儀とパネルには、各産地と東京会場の位置を派手な押しピンで表示しましょう。ついでに、陸海空路で生豆が辿る経路図も貼付けましょう。生産地の人に「ウチの豆は、ここで作ったものをここで精製して、ここから、こう送って、○日かかって日本に届くんですよ」と説明してもらおう。

そしたら、国内のロースターが「その豆が税関で引っかかって足止めくらうので、そっからプラス○日で…」とか、どっかの喫茶チェーン店が「当社工場で煎った後、ウチの店舗に届くまで、さらにプラス○日、一回に煎った分を店で出したり売りさばくのに、大体○日」とか続けるんですよ。もしくは、海外のロースターが「ウチの国だと入った後、焙煎して消費するまでにプラス○日で…日本に炒り豆を空輸する場合はそこからさらに…」とかでもいいや。

これでもまだ「from fruit to cup」で「from seed to cup」には届かないけど、「空間と時間」が目で見てわかるスペシャルティへの第一歩ということで是非ご検討を<投げっぱなしジャーマン

to:ytambeさん
帰山人 URL [2012年01月06日 19時08分]

むむ、衛星写真とかよりも農園の栽培や精製の状況とか作っている人の写真展を希望したいなぁ。それも、資料写真じゃなくて(写真家が審査する)フォトグランプリコンテストにして…「このオヤジの汗は嘘臭くないなぁ、それより隣に写っている娘がエエじゃん、ココの豆ならチョット飲んでみてぇナ」なんて反応になる写真展も好いかと…

to2:ytambeさん
帰山人 URL [2012年01月06日 19時21分]

「地球儀とパネル」、経路の「○日表示」イイねぇ^^/
コマーシャルクラスやRTD用・インスタント用の経路や時間も出して、スペシャルティらしさを際立たせるとか…まぁここまでやると日本国内の流通時間は出したがらない業者もあるかもしれないなぁ…それはそれで出さない業者もネガティブリストにして配って欲しいんだけれど…でも、やれなきゃスペシャルティを名乗る資格はないわナ(笑)

No title
cocu-coffee URL [2012年01月06日 22時43分]

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
ついに、SCAJが選ばれてしまいましたね。ますます帰山人さんを敵視する人が増えるんじゃないですか?(笑)個人的には一度も行っていないので、今年ぐらいは行けたらいいなと思ってはいますが。

to:cocu-coffeeさん
帰山人 URL [2012年01月06日 23時35分]

『Cafe&Restaurant』1月号の掲載、拝見しましたよ~^^/
まぁ、2011カンファレンスに関しては芳しくない評をたくさん見聞きしましたからね(Web上でも散見されます)。で、敵視?声をあげてまともに反証していただけるならば大いに歓迎します^^鬱陶しがるだけの連中には滅び去っていただきたいですナ^^;特に「いろいろ課題はあるのだろうけれど、現時点ではSCAA基準COE基準を追わないとネ」っていう「バスに乗り遅れるな」派には今後も厳しく当たっていくつもりです。そういう発想に甘んじている日本には、巨大な債務と脱却できないデフレと原発大爆発に類する近未来がコーヒー業界にも待っているのですから…それじゃウマイ珈琲が飲みにくくなっちゃうでしょ^^/

No title
ナカガワ URL [2012年01月07日 20時28分]

1ブース買って、コミケみたいに同人誌を作って販売するのは、どうでしょう。もちろん、コミケ同人誌ですから、倫理規定みたいなものはなくて、純粋に個人の楽しみを個人の責任で売り買いします。「袋とじキサンジン檄文集」とか、「袋とじスペシャルティコーヒー・トリメチラン(3つ「月」で最高!)」を各1部1万円で売ります。トータル35部以上売れればブース代がでます。一応袋とじなので、家に帰ってから開けるよう推奨しますが、もし、袋とじを破って怒鳴り込んでくる人がいたら、ブースの奥に鎮座するキサンジン様の像が動き出し、怒り顔に変身、悪代官を串刺しの刑にする、という趣向です。しかし、言いたいことがある人々が多い業界ですから、同人誌販売ブースを作るので、あなたも手作り冊子を持って(ついでにコスプレで顔を隠して)参加しませんか?なんて公募したら、集まるかもしれません。労師も「労子」なんてゆう同人誌を作って参戦してもらいます。こういう席は玉石混交でないとつまらないので、石の側の方たちにも参加呼びかけします。怪しげなイグ・ビッグイシューみたいなパンフのキオスク化していいかも。

No title
teaR URL [2012年01月08日 01時18分] [編集]

こんばんは。相変わらず辛いですねー。昨年は僕もSCAJに行きませんでしたが、行ったら行ったでいつも楽しんでいますよ。ただ代わり映えしないので、もう少し変化がほしいですね。

上記コメントのcocu-coffeeさんってカフェ&レストランに紹介されていたお店なんですね。紹介されたお店には僕も大好きなコーヒー屋がいくつかあったのですが、ただお店紹介をしているだけで、ドリップコーヒー大特集にはまったくなっていないんじゃないかと感じました。それらを踏まえてドリップコーヒーはどういうものなんだという話がほしかったです(共感できる出来ないは別にしても)。結局あの本はなにか伝えたいことがあったのでしょうか?

to3:ナカガワさん
帰山人 URL [2012年01月08日 20時03分]

うーむ、だんだん岡田斗司夫のゼネラルプロダクツみたいになってきたゾ(笑)。日本珈琲狂会でブース買って冊子販売しますかぁ…日本コモディティコーヒー協会も参戦しようかなぁ、冊子『いつまでもスペシャルティと思うなよ』で^^/

to:teaRさん
帰山人 URL [2012年01月08日 20時21分]

最近ではMOOKですら店を並べるだけなのに、月刊誌の特集に「伝えたいこと」なんて載るワケありませんよ。ぐるなびより劣る羅列ならば食べログやホットペッパーの珈琲屋版にでもした方がマシかもしれません。もちろん「オヌシもワルよのぉ」はアリってことですが…じゃあタウンページで充分ですナ(笑)。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/411-b0739198
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin