山走路と花灯路

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:大会編 [2011年12月12日 23時00分]
《いい路ですね、と言葉をかわしあえる。それだけで、うれしい。》by鳥目散帰山人。
車を九条に置いて地下鉄で会場へ、途中ポルタの「イノダコーヒ」でタマゴサンドの朝食。
一昨年昨年に続いて3度目の宝ヶ池公園へ…私は帰ってきた!「走だ 京都、憩う。」
山走花灯 山走花灯 (1)
 
山走花灯 (2)
【走だ! 京都 東山 山走路】
 
2011年12月11日
『第18回 東山三十六峰マウンテンマラソン』 30K
 
山走花灯 (3) 山走花灯 (4) 山走花灯 (5) 山走花灯 (6)
晴天下、持参の珈琲と煙草を喫してから身支度してスタート。鏑木さんは来ていないが
参加者増員の今大会、先の混雑渋滞を避けるために…池の周回が1周増えたぞ(笑)。
 
山走花灯 (7) 山走花灯 (8) 山走花灯 (9) 山走花灯 (10)
歩道橋に踏切を渡って緩坂が始まれば早くも息切れ、5Kを過ぎて山道は早くも渋滞、
アリガタイ?直前の先輩走者を見れば、「おんたけウルトラ」で同宿馴染みのK川さん、
奇遇を喜び走談議。ハアハア登った私を置いて、ガンガン登ったK川さんが林道加速、
うむ昨年大会のK谷さん共走と同じ初盤の展開、楽しいけれども進歩が無いなぁ(笑)。
 
山走花灯 (11) 山走花灯 (12) 山走花灯 (13) 山走花灯 (14)
巻道や林間で約4K続く小径をマイペースで走り下る、カメランしている場合じゃない程
気持ち好いぞぉ、あ、10K表示を見逃した。「民家がありますので徐行してください」の
看板にしますします(笑)。京都朝鮮学園エイドでクランプ防止に早めの塩補給、効く?
大文字山への急登が始まると、まず右脹脛が半攣り、次に左脹脛も半攣り、あちゃ~。
登り途中の林間から、大文字送り火床から、市街を眺める毎度の痛くて楽しい時間だ。
 
山走花灯 (15) 山走花灯 (16) 山走花灯 (17) 山走花灯 (18)
何とかコース最高所の山頂を越え、15Kの中間点を通過、ここの下りも気持ち好いが、
大クランプを避けてスピード調整。木々の紅葉黄葉も美しい日向大神宮エイドで小用。
 
山走花灯 (19) 山走花灯 (20) 山走花灯 (21) 山走花灯 (22)
三条通りを越える頃は緩い上りでも走りが断続して歩きが混じる、周囲の走者も同じ。
将軍塚の公園に向かうヘアピン舗装路はクランプ発作で毎度苦しむ上り、ノロノロ走り
歩いて大発作休止は避け、そのご褒美休憩(?)に喫煙しながらストレッチの大休憩。
阿弥陀が峰をかすめた辺りでついに両内膝で激痛クランプ発生。道脇に座り込めば、
通る走者から心配や激励の声、アリガタイ。ゼイゼイと進めば待ってました「あと5K」。
 
山走花灯 (23) 山走花灯 (24) 山走花灯 (25) 山走花灯 (26)
泉涌寺エイドを経て大門の前を通ればコースも終盤、まぁコレなら昨年大会よりマシ?
あと4K過ぎ、最後の小径上りはノロノロ足を進めるので精一杯。あと3K、加速用意。
 
山走花灯 (27) 山走花灯 (28)
2011山走路 2011山走路 (1) 2011山走路 (2)
あと2Kからは抜かれた走者を抜き返しながら気持ち好く走り下る。人間看板(?)の
「あと1K」さんと暫し談笑して、沿道声援に「アリガトォ~」の絶叫返しでフィニッシュ!
 
タイム 4h43分54秒
 
山走花灯 (29) 山走花灯 (30) 山走花灯 (31)
一昨年大会の初挑戦時よりも12分強遅く、昨年大会のクランプ撃沈時よりも26分弱
早い、走力低下は課題であるが、今年も「東山・山走路」の「やまはしろう」を満喫した。
伏見稲荷大社で汗まみれウェアを脱ぎ着替え持参の珈琲と煙草を喫してから、今年も
にしん蕎麦といなり寿司を「祢ざめ家」で食べる。次にJRを乗り継いで念願のアレへ…
 
 
山走花灯 (32)
【憩う。 京都 嵐山 花灯路】
 
「東山・山走路」に続く目的は、春の「東山・花灯路」(2003年~)を追って始まった冬の
「嵐山・花灯路」(2005年~)を初訪見物すること。駅から歩いて長辻通に出た途端に
人人人の波波波、なんじゃコリャ~。渡月橋へ向かううちに日暮れて、まぁ恰度の頃合。
 
山走花灯 (33) 山走花灯 (34) 山走花灯 (35)
ライトアップされた渡月橋を眺め、中の島公園で京都嵯峨芸術大学サークル「竹造」の
巨大行灯群を観る。いずれも造作のモノ臭さは残るが、幻滅よりも幻想でマズマズ美。
 
山走花灯 (36) 山走花灯 (37) 山走花灯 (38) 山走花灯 (39)
山裾のライトアップは文句無く見惚れる非日常のユニークな美しさ、歩き回り観眺する。
人混みごと橋を渡り戻って、「嵯峨野コロッケ」の金賞コロッケを買い食い…夜寒に熱々
なので善しとするが、コレが金賞ならばコンクール抜きで全国に数千の候補があるナァ。
 
山走花灯 (40) 山走花灯 (41) 山走花灯 (42) 山走花灯 (47)
野宮神社からの散策路「竹林の小径」は、さらに人口密度を増して「恥苦林の虚道」?
あちらこちらで絶えず光るケータイストロボの不粋には辟易するが、青く白く照らされた
竹林は、その周囲に映し出される陰も含めて喋らない幻影劇で、人間要らずに美しい。
 
山走花灯 (44) 山走花灯 (45) 山走花灯 (43) 山走花灯 (46)
京都いけばな協会の「いけばなプロムナード」作品、何とも言えない色で輝く竹林を背に
置いていること面白い趣向ではあるが、借景というよりも分が悪い力比べにも見えるナ。
大河内山荘近辺で折り返して、人混み虚道を痛む足で戻りつつ、前日には皆既月食で
赤き盆となっていた月が今日は凛と輝く明鏡の姿を眺めて、「嵐山・花灯路」を満喫した。
 
山走花灯 (48) 山走花灯 (49)
京都駅で乗り換えついで無性に味噌ラーメンが食べたくなって、京都で「すみれ」(三男
系統純連)もないものだなどと独り笑いながら、「京都拉麺小路」に寄る。温まった体で
巨大電飾ツリーを見下ろし、今年の「走だ 京都、憩う。」を味わい終えて帰途についた。
 
コメント (8) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ナカガワ URL [2011年12月13日 12時41分]

いいなあ。わたしは、駅から六角堂までは歩いて、もう少し、高山彦九郎を目指すも時間がきてリタイヤしました。一度ちゃんと六曜社?とか行ってみようかと。

to:ナカガワさん
帰山人 URL [2011年12月13日 18時02分]

どこが「いいなあ」ですかっ!?六曜社どころかヴェルディにも寄れてないんですよ。もっとも以前に、杉々堂の山椒餅を頬張りながら鞍馬山から御所を見下ろして、「オレは尊天の鞍馬天狗じゃねぇし、今の都は護法の価値があるのかね」とつぶやいた私…ドゲザ(違う!)の高山彦九郎に立ち上がられて斬り殺される前に、京都は退散した方がよかったかも^^;;

No title
ちんきー URL [2011年12月13日 23時21分]

東山三十六峰マウンテンマラソンお疲れ様でしたm(_ _)m
(タイムは池1周増えたのでもしかしたらベストとあまり変わらないのでは??)
レポート読んで「やっぱり出たかったな~」と・・・
今年こそは出る気満々でしたのに・・・残念_| ̄|○
(出てれば小学校の修学旅行以来30数年ぶりの京都遠征になったんですが)
ただ思い返してみれば今年に関しては「トレラン」に全く縁がなかった年でした。
来年はトレランメインで・・・・う~ん迷うなぁ~
もちろん来年東山には出ます!(キッパリ・・・本当か???)

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2011年12月13日 23時56分]

うん、ちんきーさんにも東山36MM(やダイトレ)などユル~イ関西トレラン大会は是非とも味わってほしいですね。きっちりシンドイところもあるけれど、サラッっと走り終わって、後味が爽快なんですよ。食べる方や観る方の後味も遠征目的にしている私には、二度美味しい大会なワケでして…オススメですよ~^^/

No title
浅野嘉之 URL [2011年12月14日 12時33分]

やっぱ京都はなんとも艶やかで色っぽいですねぇ
「嵐山・花灯路」いい写真だなぁ
帰山人お上手ですね
黒髪のきれいなご婦人と歩いてみたいものです

to:浅野嘉之さん
帰山人 URL [2011年12月14日 13時09分]

手持ちのデジカメで撮る「花灯路」写真、実はケッコウ苦労しました^^; まぁ直に観るべきと思えば、光景そっちのけでケータイ自撮りしていたバカップルの方が正解? 私ゃ京美人とご一緒するならば、もっと人気の薄いところで…

No title
しんろく URL [2011年12月15日 23時21分] [編集]

京都36峰お疲れ様でした。
京のみやこを満喫ですね

to:しんろくさん
帰山人 URL [2011年12月15日 23時51分]

ハイ、もはや東山36MM参加の方が「ついで」になりつつある歎異な参加で、京都「観光」を満喫してきました。
トレランに正信する者であれば、大会ゴール地点の伏見稲荷から「京都一周トレイル」を走り、嵐山の花灯路を自走で観にいくべきなのでしょうがねぇ…^^;

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/407-16379612
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin