フフンは2度去る

カテゴリ:ウスモードさんアーカイブ [2008年09月02日 15時13分]
コンニチ ハ ウスモードです。

ビジネスで政治と宗教の話は御法度って、
日本では言われますが、私はあえて・・・

フフン氏辞任しました。官邸を去るわけです。

憲政史上親子2代で総理大臣をやったのは彼だけですが、
親父さんは総理大臣をもじり「掃除大臣」と自称してました。
フフン氏が官房長官の時、「私は弁明長官」と言ってました。
どちらもその当時に聞いた時は、私には、
結構「ウマイ!」と言える機知に富んだ感じに聞こえたなぁ。

官房長官ってのは政府のスポークスマンでもあるわけですが、
フフン氏はよりコメンテーターとして輝いていたような気がします、
官房長官の時には・・・

活躍中には「しょせん影ですから」と(自信満々にイヤミで)卑下してみせ、
「風のごとく来りて、風のごとく去るということだ」との言葉を残して
官邸を去る・・・私は嫌いじゃあありません(でした)。
きっとシニカルを自認自慢している同類だから?

そういう意味では、「私は自分自身を客観的に見ることができる」と逆ギレ?したのも、
あながち間違っていない自己認識だと思います。
た~だ、今回官邸を去る時は総理大臣だったわけで、
総理大臣にはウィットより大事なものがあるわけで・・・

人間の社会的な役割の適切さ=「適材適所」ってのは、
難しいものだなあ、とつくづく感じます。

え?論点がよくわからない?
あなたと違うんです!!!


コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/40-c380a463
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin