走にして野だが

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:大会編 [2011年10月11日 23時30分]
2週間前の「信越五岳トレイルランニングレース」では第1関門の地だった黒姫高原、その
コスモスとダリアの中を友人Mとユルリ散策、黒姫山と妙高山そして野尻湖を挟み翌日に
再び挑む斑尾山をパノラマで望む。5年余ぶりの黒姫童話館、香山ひろみの「おひとりさま
サーカス」も観るラッキー。ひなたぼっこノンビリの牛たち…オレたちの方がノンビリ過ぎか?
madarao (3) madarao (9) madarao (8) madarao (6)
 
「まつき」ブルーベリーソフトクリームを食し、さぁ斑尾高原へ。共に完走(おんたけウルトラ)
共にDNF(信越五岳)の走友かおちん再会、名付けて若き「山神」関颯人クン(と父の貴氏)
にも約束通り会って気分高揚の前夜祭、4年連続参加の斑尾大会に…私は帰ってきた!
madarao (10) madarao (12) madarao (14) madarao (15)
 
2011年10月10日
『Madarao Forest Trails 50km 斑尾高原トレイルランニングレース2011』
 
madarao (18) madarao (19) madarao (20) madarao (21)
気道炎も痔も患ったまま、コリャ完走できれば幸い?体調不良は気分好調で補いスタート!
友人Mとかおちんを背後にして最初の急登、が抑えて進んだ2週間前と同速しか出ないゾ。
 
madarao (22) madarao (23) madarao (24) madarao (25)
気合の入った初参加者も多いのか、序盤から前後に列が伸びるが私は焦らない焦れない、
マイペース走だ。しっかし何回走っても(前半は大会走で6回目)気持ち良いコースだなぁ。
5Kを過ぎ、今回は蜂の襲撃も無く、1Aで水だけ飲んでまだまだ「いってきま~す」気分だ。
 
madarao (26) madarao (27) madarao (28) madarao (29)
長く緩い上り林道を毎度のジョグで進む、歩き始めた方から「元気だねぇ」、「ココは野尻湖
絶景まで歩かずガマンです」私の返答で皆走り始める…あ、これじゃオレが歩けない(笑)。
 
madarao (30) madarao (31) madarao (32) madarao (33)
遠望は僅かに霞むが今年も絶景に「わぁ~」周りの歓声、すかさず「上の大明神岳はもっと
ゴキゲンな景色だぞぉ」と叫んで煽って大きなお世話ガイド走は恒例。2Aを通過、さあ登山。
 
madarao (34) madarao (35) madarao (36) madarao (37)
覚悟はしていたが2週前以上に足が上がらない早くもゼイゼイヘロヘロ。クランプの前兆で
脇に停まれば後続初参加者の「大丈夫?」に、「もうスグ20Kでその先の左に絶景で~す。
コースは全部わかっているのに体がわかってくれない」のお笑い返答。大明神岳の大絶景
に「わぁ~」周りの歓声、すかさず「斑尾山頂は景色見えないからココで観て撮ってね~」と
叫んで大きなお世話ガイド走を続ける、でもゲレンデ下りの前に足は半攣り、コリャだめだ。
 
madarao (38) madarao (39) madarao (40) madarao (41)
昨年大会では風吹き通り今年は無風のゲレンデ下りダラダラ。「しっかり確実な補給を!」
の看板指示通りに、3Aに駆け込んでタバコをしっかり補給。お、友人Mが追いついてきた。
 
madarao (42) madarao (43) madarao (44) madarao (45)
コーラをおかわりしながら、かおちんの3A到着を見届け、友人Mに「先にユックリ行くから
追いついて」と言い残し再始動。素晴らしいシングルトラックをシングルトラック(TNF靴)で
駆けるのは気持ちイイ~、で25K。今年の沼の原湿原とりわけ美しい、足の具合は醜い。
袴湿原を通って袴岳登山口でヘロヘロ小休止していると、友人Mより先にかおちんが来た、
でナゼだろうかココは毎度かおちんと一緒だ。で「(山頂まで峠は)あといくつ?」に「3つ!」。
 
madarao (46) madarao (47) madarao (48) madarao (49)
一昨年大会と同じ静かな森、でも「パシュ」ってドングリが落ちる音が今年は聴こえないなぁ。
2週間前のようにブラックアウト寸前になるのは嫌なのでガタ落ちペースで進むが苦しいゾ。
背後のかおちんに「あと1つ!(急勾配を)小さく数えて3つ!」と叫んで、ようやく30K通過。
袴岳山頂で友人Mが追いつき到着、続いてかおちんも。友人Mを先行で送り出し、休憩後
再始動…スピードを抑えればまだ走り下り続けられるギリギリ、ユックリとトレイルを楽しむ。
 
madarao (50) madarao (51) madarao (52) madarao (53)
緩い上り勾配の林道をゼイゼイと進み、「今年もブドウあるぅ?」と叫び訊きながら赤池4A、
「おう、冷えてるぞ」の言葉通りの巨峰待ってました(味は昨年の方が良かったけれどネ)!
首に水をかけてもらい、到着したかおちんを見届け、友人Mと一緒に後半戦に出発する。
35Kを過ぎ進み、照りつける陽に炙られながら植樹「生命の森」の小峠を越える、暑いナ。
 
madarao (54) madarao (55) madarao (56) madarao (57)
友人Mを相手に喋りながら進む、が疲労も進んできた。第2関門を通過し、3つ目の毛無山
登山に突入、1歩ごとに荒い息が弾む、呻き声が出る、弱音も吐く。クランプ発作寸止めで
山頂を極めて眺望。ダラダラ下山走で40Kを通過、ここで初めて完走できる見込みを思う。
 
madarao (58) madarao (59) madarao (60) madarao (61)
それでも大クランプが出ればレースは終わるだろう、看板の「ココは走れるシングルトラック
楽しんで」には従うが「ペースアップ」指示には体が従ってくれない、スイマセン石川P(笑)。
大好きなススキ野に静かな覇気を貰った気のまま、恒例「コーラくれ~っ!」絶叫5A到着。
再始動するが、足が思った通りに動かず自分の足では無いレベルまで疲労と痛みがある。
 
madarao (62) madarao (63) madarao (64) madarao (65)
喘鳴続きの間に「ウ~ン」と呻き「クソッ」と嘆きながら45Kを通過。「レースを忘れて向き
合ってみて」の看板に従いたいが「レース最後のこの登り」は嘘(フィニッシュ直前が最後)
だと思うよ石川P(笑)。何とか8時間は切れそうだな、とゲレンデ上に進むと丁度ビギナー
クラス(ショート16K)男子の表彰コールで「山神」関颯人クンの名が聞こえるゾ、シマッタ
間に合わなかったかぁ、だが見事だナ。ゲレンデを駆け下りて決めポーズでフィニッシュ!
 
タイム 7h56分08秒
 
MFT2011.jpg madarao (66) madarao (67) madarao (69)
4A以降は私の背をず~っと追ってきた友人Mも続いてフィニッシュ。共にスグ「きのこ汁」、
コレがまたタマランなぁウマイ!次にタバコを喫して…イテテ、今頃に左脹脛にクランプが!
しばらく呻きながら友人Mと走後の反省(?)談、互いに完走目標を果したかおちんと記念
撮影、さらにフィニッシュ脇で最終組のランナーたちが完走するのを見届け、大会を終えた。
 
若き「山神」関颯人クンが4位(2009年)、3位(2010年)、2位(2011年)と躍進している
のに比して、誇れないワースト記録を更新した今大会の私。それでも、友人Mやかおちん、
そして新たに出会えた走友たちと(足は)痛く(体は)苦しく(景色は)美しく(コースは)楽しい
共走を存分に長く味わえたことでヨシとしようか。斑尾の「山神」とは比べものにはならない
鈍足記録に終わったが、斑尾高原の野はまた走りたくなる、「走にして野だが比ではない」。
 
 
 (※関連記事は「蕎麦に居るね9」参照)
 
コメント (10) /  トラックバック (0)

コメント

お疲れ様でした!
山神親父 URL [2011年10月12日 07時12分]

やっぱり表彰式真っ只中のゴールだったんですね。写真・ビデオ撮りながらもゴールの方も気にして見てたつもりだったのですが、見逃してしまいました・・・orz
でも今年はやっと帰山人さんとお会いできましたし、颯人は順調にステップアップして2位になれました。それと石川さんに前日ステージ上で紹介していただきましたが、2日前の記録会で長野県の中学2年の3,000mランキング1位のタイムをマークしました。
非常に実りの大きな週末となりました。
来年は表彰台の一番高いところを目指すようにと、石川さんにも励ましていただきました。来年は帰山人さんも一緒に祝っていただけると嬉しいです。私も今年はふがいない結果でしたので、お互い頑張りましょう!!
ありがとうございました。

to:山神親父さん
帰山人 URL [2011年10月12日 14時42分]

>私も今年はふがいない結果でしたので…
親父どの、「も」とか「お互い」とか言われても、ご子息はモチロンご自身と私でも到底レベルが違い過ぎます。お会いできたのは本当に光栄でありますが、そちらからは応援の甲斐が無いヘッポコ口だけランナーで恥ずかしいです。でも6年前までは運動無縁の半生をおくってきた私には、関父子は眩しいスターです。颯人クンには是非とも頂点を目指していただきたいっ!いや、私にはその光景がもう見えています。問題は、「山神」名付け親の方が表彰式に間に合うように戻ってこれるかどうか、なワケで…(笑)颯人クンにもヨロシクお伝えください。

No title
ちんきー URL [2011年10月12日 22時05分]

MFT50kお疲れ様でした。
それにしても信越五岳から2週間しか経って無いのにTR50km・・・
完全に「トレイルジャンキー」になってますね(笑)
(今週末は「かもしかハーフ」っていったい・・・)
それにしてもレポートを拝見していると出場出来なかった事が残念でなりません。
来年は何とかクリック戦争に参戦したいと思います。

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2011年10月12日 23時18分]

まぁ昨年の連戦は信越五岳と斑尾の間に三河高原が入っていたワケで…今年は抑え気味ですヨ^^; クリック戦争も22分間の勝負だった今大会、さすがに異常と思ったのか前夜祭で石川Pより「来年以降、先着ママか?抽選導入か?」の問いかけがありました(会場が応える前に友人Mが言い当てましたが、クリック戦争に勝った者に聞けば当然に答は先着ママが多数に…)。最近の人気走大会で参加と完走の連続記録を伸ばすには、アシよりヒマとカネを必要とするようです。

No title
しらちゃん URL [2011年10月12日 23時58分] [編集]

楽しめたようでなによりです。私は信越五岳で故障した右足がおもわしくなく、当分レースはいいやモードです。。。

クリック戦争は悩ましいですね。私は毎年4月最初の日曜日の青梅高水山トレイルランに出ているのですが、募集開始から1カ月近くたってもまだ申し込みできました。ま、ハセツネ30Kと日程がぶつかっているという問題のせいなのでしょうが。先着はよくないですね。社会生活が乱れます。

to:しらちゃん
帰山人 URL [2011年10月13日 01時13分]

ウン、やはり「斑尾50K」は存分に楽しいです。しらちゃん、足をお大事に…って大会に行っていないだけで高尾を走っているじゃあないですかっ^^;
今年の「斑尾」は初参加者も多かったようで、リピート参戦希望者がクリック戦争で淘汰されてしまった影響も大きいのでしょう。しかし人気大会を全て抽選にしてしまうと、落選後に同日近辺の別大会に移ることも困難だろうし…本当に難しい問題ですが、何か対応策は必要でしょうねぇ。

No title
しんろく URL [2011年10月13日 20時52分] [編集]

お疲れ様でした。
そして、完走おめでとうございます。体調が厳しい状況での完走さすがですね。
写真もセルフ撮りショット数が増えてきましたね
キロポストや看板をセルフ撮りでコンプリート次なる目標にいかがでしょうか?

to:しんろくさん
帰山人 URL [2011年10月13日 23時35分]

幸い(レース中には)酷いクランプに罹らないで何とか完走できました、冷や汗モノです。この大会で全看板セルフ撮りはケッコウ難しいのですよ…ナゼって「あ、撮りましょうか」って声をかけていただける優しいランナーだらけ…これでも相当数の申し出を断って撮ってきたのですヨ^^;

No title
t.matsuura URL [2011年10月14日 13時24分]

斑尾高原トレイルランニングレース 50km
おつかれさまでした&ありがとうございました。
『食・走・話』たっぷり堪能しました。
(糸井重里みたいですけど)
ラスト近くでも「帰山人さん、軽やかだなぁ」
と思いながら後ろを走って(歩いて)ました。
すっかり山に馴染んでいましたし。
それから、ゴールしたばかりなのに
写真も撮って頂き、ありがとうございます。

to:t.matsuuraさん
帰山人 URL [2011年10月14日 18時57分]

「軽やか」ってそのヘロヘロ鈍足ペースのどこがぁ?いや、袴岳登山で(貴君が後ろから追ってきた間に)かおちんからも「今日も元気だねぇ」って言われたんだけど…間近で共走した方々にまで誤解されるオレのキャラは何なんだっ!ホントにいつもヘロヘロなんだよぉ~(笑)ま、今回は後半に貴君と共走共歩までできて充実の大会でした、ありがとう!でも次の機会ではオレを追い抜いて行けよ~^^/

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/388-77fa18de
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin